『シン・ゴジラ』の樋口真嗣総監督によるオリジナルアニメ『ひそねとまそたん』を発表

『シン・ゴジラ』の樋口真嗣総監督、『あの花』『ここさけ』などの岡田麿里さんが脚本のオリジナルアニメ『ひそねとまそたん』が発表されました。

『ひそねとまそたん』は、12月3日の「東京コミコン2017」内で実施された「樋口真嗣総監督 最新作発表会」にて発表されたもので、航空自衛隊の岐阜基地に勤務を始めた新人自衛官・甘粕ひそねが、基地に秘匿された戦闘機に擬態するドラゴンの飛行要員を担うことになる……というストーリー。

公開されたまるで絵本のようなほんわかとした絵柄からは想像がつきにくい、なかなかにシリアスなストーリーが展開されそうです。

さらに、監督は『キズナイーバー』の小林寛さんが務め、キャラクター原案は『きみの声をとどけたい』の青木俊直さん。

そして、メインメカニックデザイン・河森正治さん、モンスターコンセプトデザイン・コヤマシゲトさん、アニメーション制作はボンズが手掛けるというかなり豪華メンツが揃っている。

いったいどんなアニメに仕上がるのか楽しみな作品です。放送は2018年を予定。

公式サイト:「ひそねとまそたん」公式サイト
(C)BONES・樋口真嗣・岡田麿里/「ひそねとまそたん」飛実団

幼少期からゴジラに慣れ親しんでいる人間が「 GODZILLA 怪獣惑星 」を見に行ってみた

2017.11.23