Wake Up,Girls! 新章 第10話「WUG!と言えば……?」【感想コラム】

全国ツアーに向けて新曲が欲しいWUG。しかし、頼みの綱の早坂相から送られてきたのは曲のみで作詞をWUGにやらせるという展開に!!

思わぬ展開に歌詞がなかなか書けないWUGたちですが、Twinkleのアドバイスや、後輩である歩たちの姿をみて、なんとなく歌詞を浮かびそうになった矢先、早坂相の渡米のニュースが舞い込むのでした。

というのが、前回までのストーリー。それでは第10話の感想、考察、etcをやっていきたいと思います。

Wake Up,Girls! 新章 第10話「WUG!と言えば……?」

メンバー個人の仕事が増えてきて、ツアーリハーサルの時間に全員集まることも難しくなってきたWUG! 歌詞作りも難航し、佳乃はリーダーとしての責任感から頭を悩ませる。仕事先で会った志保からI-1の現状と相談を持ちかけられた真夢は親身になるが、そのせいで約束したリハの時間に遅れてしまい…

みんな忙しい!

Wake Up,Girls! 新章 第10話「WUG!と言えば……?」【感想コラム】

画像引用元:©Green Leaves / Wake Up,Girls!3製作委員会

個々の仕事もますます忙しくなり、全体の練習もなかなか集まるのすら難しくなってきたWUGちゃんたち。忙しいのはいいけれど練習にも実が入らない日々にみんな悶々…。

早坂に出されていた課題をこなそうと”伝えたいこと”をテーマに歌詞づくりにも精を出します。私らしさ…「じゃあWUGっていえば……」。

みんなが懸命に歌詞を考えているときに一人先に寝てしまう真夢、憧れの歌のお姉さんの仕事に就くも理想とは違いうまくいかない菜々美、そんな菜々美と喧嘩をしていまう実波。

「なんか最近チグハグだよね…」

忙しさのあまりバラバラになっていくみんなをまとめようと奮闘するリーダーの佳乃は、なるべく対面で話し合いをしようと提案するもさっそく仕事が入ってるんだよね…と去っていくメンバーたち。はてさてWUGちゃんはどうなることやら。

さてさて、そんな忙しいWUGを見かねて後輩の3人が力を貸すことになるのですが、これが後々にさらなる悲劇につながることに…。

すれ違い

画像引用元:©Green Leaves / Wake Up,Girls!3製作委員会

憧れのアイドルが住む寮へ向かう歩たちは、さぞかし可愛い空間が広がっているんだろうなと期待に胸を膨らませているころ、真夢がみんなで情報共有をするためにホワイトボードになにやら書きこみを行っていました。

これは後々にトラブルの引き金とはなるとは露知らず…。

寮の掃除の手伝いをする3人は「ふき取れるものはなんでもふき取って」とお願いするみゅーちゃんですが、なぜかホワイトボードまでふき取ってしまういつかちゃん。

いやそこまでふき取らないだろ普通!!というツッコミは置いておくとして、

一方で真夢はドラマ「同じ夢を見てる」がクランクアップし、その放送後のインタビュー取材を受けてに東京へ行っていました。

共演した志保も同じインタビューを受けていましたが、どこか上の空で集中ができていない様子。原因は白木のI-1の大改革でした。

「究極のI-1」といったように萌歌をあえて外した新ユニットを展開し、前回言われたネクストストームを切れという非常な通知に志保は頭を悩ませていました。

かつての志保は誰よりもストイックで、誰よりも負けず嫌いで、誰よりも努力家でそれ故に孤独な存在でした。それを変えてくれたのが今のネクストストーム。

それを捨ててしまうなんてとんでもない。

「はじめて真夢がI-1をやめた気持ちがわかる気がする。」

昔はI-1をやめてローカルアイドルなんて始めた真夢を見下していた気持ちすらあった志保ですが、ここまでの心境変化をもたらした博多の仲間たちが本当に大事なんだと思える一番場面ですね。

そんな、志保の相談に乗っているうちに真夢は同じ仲間であるWUGのメンバーとの約束の時間に遅れてしまうことに。

本当に時間があってたいかのと論点になるも証拠となるホワイトボードは消されてしまい、いつの間にか空気はピリピリとしていきます。

志保と会っていたから遅れたとはさすがに言えず、遅れた理由を話せずにどんどんと悪くなっていく空気に追い打ちをかけるように、藍里の作ってくれたみんなでしていたシュシュをなくすという大失態を犯してしまうのでした…。

「WUGといえば」ってこんな感じ!?

画像引用元:©Green Leaves / Wake Up,Girls!3製作委員会

シュシュをなくし、志保の相談に乗っていたことで練習に遅れたことを知った佳乃はついに真夢に対して怒りをぶつけ練習場を飛び出してしまいます。

追いかけた夏夜は

「まゆしぃはしっかりしているようで、実は甘えているんだよね」

いつもしっかりしている真夢に頼ってきたメンバーたち、しかし真夢も完璧超人なわけではないで、どこかで真夢もメンバーを頼っていたわけです。それはお互い様であり、真夢だけを非難することはできません。

そんなピンチに颯爽と現れたのは後輩ちゃんたちでした。

みんなの大事なシュシュを発見!!!

全員の誤解もとけ、これからはホワイトボードではなく交換ノートをつかって意見を「与えあおう」と提案。

まだまだ一人ひとりは弱くてお互い足りない部分があって、それを補うためにお互いで与え合う。

『「WUGといえば」ってこんな感じ!?』

なんとなく自分たちが見え始めたWUGたち。改めてツアーに向けての一致団結をするのでした。

新キャラの存在

はぁーー。

いろいろと人間関係がギスギスしてきてからの~~~仲直りイベント!

ようやくというかなんというか、このタイミングで!?という感じでもありますが、これまでのWUGは、それぞれがバラバラで、違う目標で、お互いをまだ知らない状態で、それでも同じチームとして活動する。その歪な関係が故に、多くの衝突を繰り返しては成長をしてきました。

新章では、アイドルの祭典という大規模な大会での優勝という、この上ない経験をしたあとが描かれており、お互いにかなり絆が深まっている状態からスタートしました。以前にも言及しましたが、めっちゃみんな仲いいな、前みたいな展開はないのかな~と思っていました、が!!

それでも、ほんな些細なすれ違いで関係というのに亀裂が入るもの。

ツアーのチケットが売れていない、新曲の歌詞を作るという焦り、これからはよりいっそうチームとして協力し合わなければと誓いあった矢先の出来事と、いくつもの要因が重なった結果ともいえますが……やっぱこういうイベントは必要っすよね!!

今回は、前回までのWUGと違ったのが架け橋となった歩たち後輩の存在。

今まではWUGたちがぶつかり合って話し合って…といった工程に加わったの歩たち後輩たちがいい感じに風を吹かせていますね。今やグリーンリーブズの仲間ですらかね、こうした形でストーリーに一味足してくれる存在は貴重ですね。

さてさて、あと2話くらいでどうまとめるのかがこれからの見どころでしょうか!? もしかしてTV版で終わらせようとする気はなくて劇場版とかつくろうとしているとか……?それとも2クールなのか!?

「私たちのアイドル道はこれからだ!」みたいな尻すぼみエンドにならないことを祈る……。

Wake Up,Girls! 新章 感想コラムのまとめ

2017.10.30
⇧最新の2017年放送アニメ感想一覧をチェック