クジラの子らは砂上に歌う 第十一節 「夢の話だ」【感想コラム】

クジラの子らは砂上に歌う 第十一節 「夢の話だ」

いよいよ最終節が次に迫った『クジラの子らは砂上に歌う』。物語は舵を得て自由の身になった泥クジラの明るい未来へ向かう姿。とは行きそうにない、波乱の幕開けを予感する内容でした…

クジラの子らは砂上に歌う 第十一節 「夢の話だ」あらすじ

帝国では元アパトイア軍団長官オルカへの審問会が始まる。ファレナ殲滅作戦の失敗により極刑が免れないオルカだが、今回の失敗を司令官アラフニの独断専行と、第三の人類”デモナス(オウニ)”のものとし、今度はデモナス掌握の任に就く。

その頃、新たに舵を得た泥クジラ。印たちは舵を使いこなし、スオウは来訪者ロハリトの持つ海図により新たな希望を得る。だが、泥クジラでは無印が実権を握る現状に、シコンとシコクは反旗を翻そうと、印たちに訴え掛ける。

印の短命

クジラの子らは砂上に歌う 第十一節 「夢の話だ」【感想コラム】

画像引用元:© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

「ファレナが食べ、印のサイミアの元になり、この島を浮かせているのは、泥クジラで生きる、印たちの命」

泥クジラの大きな謎の一つ”印の短命”。その理由は泥クジラを動かすためのファレナへの生贄だったことが判明しました。

この事実を黙秘していたリコス、相変わらず隠していた長老会。それを偶然知ってしまった印のチャクロは彼らに不信感を抱きます。

私欲の舵

画像引用元:© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

先の戦いにより多くを失い、完全にはその傷は癒えない印たち。そこに泥クジラの不良グループ体内モグラの”シコン”と”シコク”の二人は、印たちが舵を得たことにより無印たちに反旗を翻そうと訴えかけます。

今までならただの不良たちの戯言で済んだかもしれませんが、先の戦いにより無印の無力さ、そして数々の隠蔽が明らかになり、最早ただの戯言ではないのかもしれません。

クジラの子らは砂上に歌う 第十一節 「夢の話だ」感想

画像引用元:© 梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

帝国側との新たな戦いの兆し。脱無印主導を謳う印の”シコン”と”シコク”。最終節を控えたところで、何重にも複雑な問題が泥クジラに迫っています。続編があると期待していいんですかね?

そんな、自由を手に入れた反面、多くの危機も迎え入れてしまった泥クジラですが、最後に舵を担うのは誰になるのか、次回の最終節が楽しみです。(MoA)

クジラの子らは砂上に歌う 感想コラムのまとめ

2017.10.28