DeNA、創通、文化放送の三社共同によるオリジナルアニメ制作プロジェクト「Project ANIMA」が始動

DeNA、創通、文化放送の三社共同によるオリジナルアニメを制作する企画「Project ANIMA」が12月20日に始動したことを発表!2020年の放送を照準に、ジャンルの異なるTVアニメシリーズ三作品の製作を目指したプロジェクトとなる。

本プロジェクトでは、DeNAグループが運営する無料漫画アプリ「マンガボックス」や無料小説アプリ「エブリスタ」などの投稿プラットフォームを軸に、一般からアニメの原作を広く募集。

原作募集は第一弾、第二弾、第三弾の三部門に分かれており、第一弾は「SF・ロボットアニメ部門」に決定済み。それぞれの選出作はサテライト、J.C. STAFF、動画工房によってアニメ化されることが決定している。

さらに選出された作品のTVアニメ化だけでなく、入賞作品の書籍化・コミック化・ゲーム化も検討する。

第一弾「SF・ロボットアニメ部門」の作品募集は、2018年2月1日から4月15日まで。SF・ロボットをテーマにした作品であれば、世界観や時代設定、コンセプトは問わない。応募方法の詳細やプロジェクトの展開については、「Project ANIMA」公式サイトにて発表される。

1月4日からは文化放送にて関連番組「エブリスタ・マンガボックスpresents豊永・小松・三上の真夜中のラジオ文芸部」がスタート。こちらでも情報を発信していく。

キュレーションアプリ『ハッカドール』などアニメや漫画などエンタメにも力を入れているDeNAグループと、機動戦士ガンダムなど、数多くのアニメーション作品に携わってきた創通、そして声優やアニメのラジオ番組を制作する文化放送という3社共同による本プロジェクト。いったいどんな作品が生まれるでしょうか。

公式サイト:「Project ANIMA」公式サイト
© Project ANIMA

ガイナックスが「 蒼きウル 」の制作を開始したことを発表!あのプロジェクトはまだ死んでいなかった!

2017.06.29
⇧最新の新作ニュース一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

Uemt

アニメと声優さんと野球が大好きです。 土日はどっかの声優イベントに絶賛出没中。 愛するキャラはメガネキャラ。 駆け出しライターですどうか暖かい目でお守りください。