僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 第10話「もう、我慢 でき、ませんっ!」最終話!フィニッシュですよ!【感想コラム】

『僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件』 第10話「もう、我慢 でき、ませんっ!」

早くも最終話を迎えた”しょびっち”。そんなしょびっちですが、最後はどうオチをつけるのか⁉

遥と秋穂の仲はどこまで進展したのか。振り返っていきましょう!

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 第10話「もう、我慢 でき、ませんっ!」あらすじ

いつも通りデートをする遥と秋穂だが、いつもと明らかに様子のおかしい秋穂。いつも以上に積極的に遥に迫るも、夢オチ。現実では秋穂を始め、夢以上に変わった仲間たちが遥に群がる。

そんないつも通りの学園生活では、”全校写生大会”(ぜんこう,しゃせい,たいかい)が始まる。おかしな面々に振り回され、辿り着いたのは秋穂の元。まじまじと秋穂を眺める遥はうっかり本音を漏らしてしまう…

最終回だけど、”さきっちょ”回!?

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 第10話「もう、我慢 でき、ませんっ!」最終話!フィニッシュですよ!【感想コラム】

画像引用元:©2017 松本ナミル/KADOKAWA/マジメ過ぎる製作委員会

奏多の悪意無きボケに振り回され、最終的に恥をかかされる汚れ役、”愛川 美咲”通称さきっちょ。そんなさきっちょに最終回ながらスポットが当たりました!

アイスクリーム店で働く彼女が描かれましたが、そこに現れたのは歴戦のぶっ飛んだ奴ら。そんなお客さんに慌てふためく姿は、常人のソレ!ちょっと(?)想像力が豊かなだけで、このアニメでは圧倒的な常人なんです。

このアニメ特有の、常人故にぶっ飛んだ奴らが群がる姿からは、正に裏の主人公…?? あ、このアニメにしては常人ってことですよ♪

“全校写生大会”(ぜんこう,しゃせい,たいかい)

画像引用元:©2017 松本ナミル/KADOKAWA/マジメ過ぎる製作委員会

最終話にしてこのアニメらしいイベントが開催。その名も全校写生大会(ぜんこう,しゃせい,たいかい)。ですが、案の定ボケ倒し大会になってしまいました…

聖夜が5秒くらいまともに話していたのにはビックリしましたが、相変わらずでした 笑

「好きです」

遥は変わり者たちに振り回されながらも最後に辿り着いたのは秋穂の元。彼女をモデルに絵を描こうとしますが、彼女をまじまじと眺めて改めて出てきた本音。お互い照れながらも気持ちを確認。二人の微笑ましいシーンで〆てくれました。

今回の迷言

今回も名言ならぬ迷言を勝手に選出。今回はこちら。

奏多「いつも、あり得ないほどティッシュ使うよねー!!」

兄弟愛溢れるシーンをぶち壊しにしてしまった、奏多の悪意はないであろう一言です。

遥はそのままダストシュート派なんですね…(トイレに流せよ)

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 第10話「もう、我慢 でき、ませんっ!」感想

画像引用元:©2017 松本ナミル/KADOKAWA/マジメ過ぎる製作委員会

最終回でしたが、最終回⁉な第10話でした。ですが、いつも通りの展開ながら、兄弟愛を感じさせた遥と奏多のちょっとしたシーンや、最後の遥と秋穂のシーンには最終回らしさがあり、改めてこのアニメの終わりを感じ、素直に寂しい!

もう少しだけでも遥と秋穂の恋を見守っていたかった気持ちもありますが、この〆方もある意味しょびっちらしい。そんな、納得いくラストでした。

今回で感想コラムは終了ですが、最後に総括コラムも書かせて頂きます。全体の感想を存分に綴らせて頂きますよ!(MoA)

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 感想コラムのまとめ

2017.10.29
⇧最新の2017年放送アニメ感想一覧をチェック