『BEATLESS』内閣サイバーセキュリティセンターとのタイアップが決定!タイアップポスター公開

現在放送中のTVアニメ『BEATLESS』より、内閣サイバーセキュリティーセンターとのタイアップが決定しました。

『BEATLESS』内閣サイバーセキュリティーセンターとのタイアップ決定!

サイバーセキュリティー月間ポスターイラストを公開!

このたび、内閣サイバーセキュリティセンターとのタイアップが決定いたしました。

企画の一環として、『BEATLESS』のキャラクターを用いたサイバーセキュリティ月間(2/1~3/18)のタイアップポスター等を作成、全国の関係機関等に配布します。
サイバーセキュリティ月間中、関連した各種取組が行われます!

内閣サイバーセキュリティセンターからのコメント

政府は、「新・情報セキュリティ普及啓発プログラム」(平成26年7月10日情報セキュリティ政策会議)を策定し、その中で「情報セキュリティ対策の重要性を広く国民一人一人に訴求していく手法として、国民に親しみやすいメディアの影響力に着目し、これらを扱う事業者やクリエイター等と連携した取組も効果的である」としています。

これまでも、ポスターやイベント、駅構内の動画広告等において、国民に親しみやすいアニメ・コミック等のメディアを活用した様々な普及啓発活動が実施されてきていますが、サイバーセキュリティ月間中はこうした取組を官民一体となって更に推進し、国民全体の意識を高め、具体的な情報セキュリティ対策の実践を促していくことを進めていきます。

そこで、本年度内閣サイバーセキュリティセンター(以下、「NISC」という。)は、サイバーセキュリティでしばしば取り上げられるソーシャルエンジニアリングに近い、「アナログハック」を一つのテーマとした作品、『BEATLESS』とタイアップを行うことでBEATLESS製作委員会と共に、国民に対して広くサイバーセキュリティに関する普及啓発強化を図るため、様々な企画を行うこととしました。

今回のタイアップ企画を通じ国民一人一人に、「サイバーセキュリティ月間」の趣旨が広く浸透していくとともに、サイバーセキュリティへの意識が高まることを期待しています。

「BEATLESS」 制作プロデューサー・田村淳一郎氏コメント

ネットワークやAIの発展目覚ましく世間の耳目を集める中、サイバーセキュリティの普及啓発キャンペーンに本作「BEATLESS」を選んでいただいたことは、非常に親和性の高いテーマを扱っているこの作品にとって、大変名誉なことであると思います。

本作品の時代設定は約100年後の日本ではありますが、現在のテクノロジーの延長上の世界を描いています。日進月歩を続けるネットワークとAIはますます人間社会に深く浸透していき、それらのテクノロジーは生活を豊かにしていきますがその反面、使い方によっては新たな攻撃を作り出す可能性があります。本作中に描かれるように、将来AIによる自立したロボットが社会にとって不可欠な存在となった時に、どんな攻撃や事故が起きるのかを現在ではまだ誰も目にしていません。ですが、そのようなものから我々を守るのが「サイバーセキュリティ」の知識であると考えます。

知識やテクノロジー自体は悪でも善でもありませんが、どんな知識やテクノロジーも悪用する人間がいて、そういった人間に対してどういう行動を取れば良いのか、判断し行動するのはこの先何年たっても「人間」であるということを判断し行動するのは、最後の最後には「人間」であるということをアニメ「BEATLESS」でも描いておりますので、本作を通じて本キャンペーンとサイバーセキュリティの啓発に寄与できればこれに勝る喜びはありません。

TVアニメ「BEATLESS」
プロデューサー
株式会社KADOKAWA 映像事業局 シニアマネージャー 田村淳一郎

TVアニメ『BEATLESS』作品概要

放送情報

2018112日(金)より、MBS/TBS/BS-TBS”アニメイズム枠で放送開始!
MBS112日より毎週金曜深夜25:55
TBS112日より毎週金曜深夜25:55
BS-TBS113日より毎週土曜深夜24:00
AT-X117日より毎週水曜深夜24:00 (リピート放送 毎週金曜16:00~、毎週火曜8:00)

放送日時変更の可能性があります。

Amazonプライム·ビデオにて日本·海外独占配信決定!

イントロダクション

My Humanity」(ハヤカワ文庫JA)で第35回日本SF大賞受賞、「メタルギア」シリーズのノベライズなど、綿密で壮大な世界観を生み出し続けるSF作家·長谷敏司による原作「BEATLESS」。

監督には「機動戦士ガンダム00」や『楽園追放-Expelled From Paradise- 』など圧倒的支持を得る水島精二。

原作のキャラクター原案は架空のアーティスト「EGOIST」のイラストや、伊藤計劃原作のアニメ映画『屍者の帝国』『ハーモニー』『虐殺器官』など、唯一無二の表現が国内外問わず高い評価を得ているイラストレーター·redjuice.

豪華クリエイター陣が送る、「ヒト」と「モノ」のボーイ·ミーツ·ガール。

ストーリー

それは、人間と人智を越えた存在との決別と共存の物語。
社会のほとんどをhIEと呼ばれる人型ロボットに任せた世界。
17歳の少年·遠藤アラトはある日一体のアンドロイド·レイシアに出会い、オーナー契約を交わす。
一見人間とそっくりなそれは、世界を驚かすほどの性能を備えた超高性能AIが生み出した、人智を越えるアンドロイド<人類未到産物>5体のひとつだったーー。
5つの機体はそれぞれ意味を持ち、互いの性能を求め戦いはじめる。
その戦いを傍観することしかできない大人たちと、その存在に近づき新しい関係を試みる少年たち。

未来への選択と、人間とモノとの関係の答えを求められる――
進化しすぎた機械と、人間世界を繋ぐのは何か?
便利になりすぎた時代で何が大事で何が必要なのか、アラトは人間よりはるかに優れたアンドロイド·レイシアと出会ったことで、未来への選択と、人間とモノとの関係の答えを求められる――

キャスト

遠藤アラト:吉永拓斗
レイシア:東山奈央
紅霞:冨岡美沙子
スノウドロップ:五十嵐裕美
サトゥルヌス:下地紫野
メトーデ:雨宮天
海内遼:石川界人
村主ケンゴ:山下大輝
遠藤ユカ:小野早稀
海内紫織:佐武宇綺
村主オーリガ:若井友希
エリカ·バロウズ:陶山恵実里

スタッフ

原作:長谷敏司「BEATLESS」(KADOKAWA
原作イラスト:redjuice
監督:水島精二
シリーズ構成:橋龍也/雑破業
キャラクターデザイン:やぐちひろこ
美術監督:峯田佳実
色彩設計:林由稀
撮影監督:伊藤康行
編集:小島俊彦
音響監督:菊田浩巳
音響制作:楽音舎
音楽:Narasaki(sadesper record) / kz(livetune)
音楽制作:株式会社インクストゥエンター
アニメーション制作:ディオメディア
製作:BEATLESS製作委員会

オープニングテーマ:GARNiDELiAError」(SACRA MUSIC
エンディングテーマ:ClariSPRIMALove」(SACRA MUSIC

公式HP■beatless-anime.jp
公式Twitter■@BEATLESS_info

『BEATLESS』22日にGARNiDELiAによるOPテーマ音源解禁!コラボカフェ開催も決定

アニメニュース一覧をチェック