こんなに凄い5歳児たち!「かすかべ防衛隊」徹底紹介【 風間トオル 編 】

こんなに凄い5歳児たち!「かすかべ防衛隊」徹底紹介【 風間トオル 編 】

前回こんなに凄い5歳児たち!「かすかべ防衛隊」徹底紹介【野原しんのすけ編】をお読みいただいた方には同じ冒頭文になりますが、ご容赦ください。

2018年の劇場版「 クレヨンしんちゃん 」の公開が近付いてきました。皆さん、クレヨンしんちゃんの劇場版はご覧になったことがありますか?

「嵐を呼ぶアッパレ! 戦国大合戦」では歴史好きが舌を巻くほど本格的な時代劇を魅せ、「オトナ帝国の逆襲」ではノスタルジックな雰囲気に、まさに大人たちが涙しました。

今や「泣ける映画」として子どもたちに付き添う大人たちが楽しみにしている作品。それが劇場版「 クレヨンしんちゃん 」です!

そんな今回の映画タイトルは「爆盛! カンフーボーイズ」。ボーイズという時点でクレヨンしんちゃんファンの中にはお気付きの方も多いでしょう。そうです、今回のメインはしんちゃん率いる「かすかべ防衛隊」が主役です!!

上記した過去2作品のファンには「ちょっと印象的な子どもたち」くらいのイメージかもしれませんが、かつて「嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ」でも主役を張ったこの5人。

この5人についてまだよく知らない!という人に向けて、映画作品を中心に、数回に渡ってかすかべ防衛隊の徹底紹介をしています!

風間トオル はどんなキャラなのか

テレビシリーズをご覧の方ならもはや知っていて当然!とも言えそうな露出度を誇るキャラクター、風間くん。

しんちゃんの友だちで、ちょっとお金持ちらしくて、ちょっといばりん坊で、いつもしんちゃんに振り回されている男の子。あまり風間くんを知らない人なら、こんな印象ではないでしょうか?

幼稚園児でありながら塾に通い、小学校受験も視野に入れていることから、周囲からはよく「さすが風間くん」と賞賛されることも多い、大人から見て「優等生」な子です。

しかし、風間くんは必ずしも「優等生」でいたいわけではないんです

テレビシリーズでも女児アニメを愛好していることをしんちゃんたちに秘密にしていることから分かるように、「人から見た自分」を非常に気にしてしまう子です。

人から褒めてもらうことでモチベーションを保つタイプなため「いい子」でいようと努めていますが、「嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ」では映画世界に取り込まれたのをきっかけに、粗野で暴力的な性格になっていました。

当初は映画に取り込まれた他のキャラクターたちのように記憶をなくしてしまったせいかと考えられましたが、のちに記憶をなくしていないことが判明し、そのとき風間くんはこうこぼします。

「オレはもう春日部には戻りたくない。無理やりエリート教育を押しつけられて、自分を殺して常にいい子を演じなければならないからな」

非常に大人びた言葉です。大人たちの期待に応えようと、プレッシャー受け続けていることがはっきりと分かるセリフだと思います。

しかしもちろん、「じゃあ風間くんの本当の姿って悪い子なの?」と言われれば、それもまた違います。

この作品の中でしんちゃんは風間くんに「ワルは似合わない」と言いますが、それは決していい子でいようとする風間くんでいてほしいと望んでいいるわけではなく、ごく当たり前の、「5歳児として自分たちとおバカなこともしてくれちゃう風間くん」を認めているんです。

かすかべ防衛隊メンバーの中で、一番リアルな5歳児を感じさせてくれる子。それが風間くんです。

風間トオル の「愛情」について

こんなに凄い5歳児たち!「かすかべ防衛隊」徹底紹介【 風間トオル 編 】

画像引用元:© 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

次に、風間くんが映画で見せてくれる「愛情」について見てみましょう。

女の子との絡みがあまりなく、むしろ女性にデレデレするしんちゃんを諫める役回りの多い風間くんですが、家族愛、友愛については非常にたくさん描写されています。

家族、とりわけお母さんへの依存的な愛情を描写されるため、マザコンの印象が強い風間くん。

身近な人間とそっくりな人物が現れ、本物と入れ替わってしまうカスカベ都市伝説から始まる「伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!」では、特にそれが強かったと思います。

もう、明らかに「普段のママ」ではない不気味なお母さんに対し内心もの凄く怯えて疑いながらも、必死に「ママは違うよね!?」と縋りつきます。非常に幼稚園児らしい愛情の発露。

環境の変化に対応できない、庇護される立場を自覚している子どもならではの強い愛を感じます。

ではしんちゃんたち、友だちに対してはどうでしょう。

ここに関しても、風間くんはやはり環境の変化に対して非常に弱い面を見せます。現時点で歴代最高興行収入を叩き出している「オラの引越し物語」では、しんちゃんが突然メキシコに引っ越すことになり、現実を受け入れられず苦悩する様子が描かれています。

けれど友人に対しては、親に対する「庇護される子ども」の姿とはまったく違う姿を見せてくれます!

「嵐を呼ぶ! 栄光のヤキニクロード」では指名手配犯にされてしまったしんちゃんの通報に一度は加担してしまうも、反省して危機に陥ったしんちゃんに助けの手を差し伸べ、大事な自転車を渡して送り出します。

「襲来! 宇宙人シリリ」においては宇宙で戦うしんちゃんの元にUFOで駆けつける男気を見せてくれ、「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」では、名誉欲と将来の安定、そして友情の板挟みになって戸惑う姿も見られます。

……あの話、もしも風間くんが、社長がしんちゃんにしたことを知ったらああはならなかったと思ってるんですが、どうでしょう。

一度懐に入れた相手には、どこまでも手を差し伸べる。そんな深い愛情の持ち主です。

風間トオル の「正義」と「行動力」について

さて次に、口ばかり達者と思われがちな風間くんの正義感と行動力について見ていきます。

行動力については前述した「シリリ」での件でも少し振れましたが、やると決めたら意外と大胆な行動を起こせる風間くん。

かすかべ防衛隊の中では空回りすることも多いため、時には「一人じゃなにもできない」と言われてしまうこともありますがそんなことはありません。

「嵐を呼ぶ! オラと宇宙のプリンセス」では、ひまわりちゃんが宇宙人に連れて行かれたと知って宇宙人の支局を発見してしんちゃんに伝えたり、「爆睡! ユメミーワールド大突撃」では、サキちゃんだけがユメミーワールドで見当たらないことに気付いて一人夢の中を探索。「集団悪夢事件」の一端ではないかと突き止めます。

このあたりから、周囲の人間を悲しませたりする相手を探して摘発するという、分かりやすい正義感が窺えると思います。またそのためなら、例え賛同者がいなくても一人で行動することができる実行力も持ち合わせています。

「オタケベ! カスカベ野生王国」では半ペンギン化してしまったため地上では役に立てず涙しましたが、突如押し寄せた大量の水で溺れかけたかすかべ防衛隊メンバーを素早く救出する判断力の早さも見せてくれました。

風間くんは「かすかべ防衛隊の隊長」を自称し続けていますが、空回りしてしまうことも多いですが、少なくとも先遣隊長の素質は充分あると思われる風間くん!「カンフーボーイズ」ではどんな役回りをになってくれるのか、とても楽しみです!

2018年の映画「爆盛! カンフーボーイズ」のキャッチコピーは「アクション大盛り、友情濃いめ」。

この時点でかすかべ防衛隊推しとしては期待値が振り切れそうですので、是非残りのメンバーの紹介をお待ちいただければと思います!

こんなに凄い5歳児たち!「かすかべ防衛隊」徹底紹介【 野原しんのすけ 編】

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。