今年も世界のレアアニメーション映画が集結!TAAF2018コンペティション部門のノミネート作品が発表!

今年も世界のレアアニメーション映画が集結!TAAF2018コンペティション部門のノミネート作品が発表!

毎年日本上映を果たしていないような貴重な世界のアニメーション映画が集結する、『東京アニメアワードフェスティバル』の2018のコンペティション部門におけるノミネート作品が発表された。今年も日本で全国上映が発表されていない“レア”なアニメーションたちが選出されている。

長編部門にノミネートされた作品は以下の4作品。いずれも2018年3月9日~12日に開催されるイベントにて上映が実施される。

●オッドソックイーター チェコ/監督:Galina Miklinova
●オン ハピネス ロード 台湾/監督:SUNG Hsin-Yin
●キコリキ:デジャヴュ ロシア/監督:Denis Chernov
●ハブ ア ナイス デイ 中国/監督:LIU Jian

その他、短編部門のノミネート作品も発表された。こちらは全3スロットに分けて、日本作品を含む多数の作品が選出されている。こちらも長編作品同様、イベントにて上映が実施される。

東京アニメアワード2018:https://animefestival.jp/

僕らだってワンダフル・ライフ!愛犬アニメーション映画7選

アニメニュース一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ89

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。