『 ボブネミミッミ 』でお馴染みAC部の狂気のアニメーションが楽しめるMV5選!

『 ボブネミミッミ 』でお馴染みAC部の狂気のアニメーションが楽しめるMV5選!

いやぁ、TVアニメ「ポプテピピック」面白いです。普段TVアニメを観ていない私も、2018年の冬クールアニメでは唯一毎週欠かさずチェックするほど夢中になっている作品です。

さて、そんな「ポプテピピック」内で毎週新コーナーとして登場している“ ボブネミミッミ ”を制作している『AC部』というグループを皆さんはご存知でしょうか。いろんなアニメーションスタジオが入り乱れる本作の中でも、極めて異色のアニメーションを作り出している『AC部』に今回は注目しようと思います。

AC部とは一体どんなグループ?

「ポプテピピック」内の“ボブネミミッミ”パートを担当しているデザイングループ・・・それがAC部です。安達亨さん、板倉俊介さん、安藤真さんの3名で結成された同グループは「ポプテピピック」以前もコマーシャルや短編アニメーション映像などを制作して、様々なメディアで活躍しておりました。

AC部の作品の特徴と言えば、キッチュで奇怪な映像。

とことん激しく歪んだ線と、チープな画風で描かれる映像世界は、事前にAC部と聞かされずに見ても、「これって・・・」と思わせるほど特徴的でした。

今回はそんなAC部のアニメーションが楽しめる選りすぐりのMV(ミュージックビデオ)をいくつか紹介します。

『マジカルDEATH』ザマギ

AC部にとっては初期の頃にあたる2000年代初期のMV作品が、HIPHOPグループ・ザマギの『マジカルDEATH』です。

映像の印象が今とは若干異なるようにも思えるのですが、チープなイメージの片鱗はこの頃からあったのだな、と言うことも感じる映像となっています。ザマギはその他にも『ショッキングブラック』や『It’s So Good Now (い・そ・ぐ・な)』など、多くの楽曲をAC部に任せていました。

『HEART (single mix)』group_inou

エレクトロHIPHOPユニット・group_inouもAC部にMV制作を何度か任せているグループです。『HEART (single mix)』のMVの他、『THERAPY』や『ORIENTATION』などどれも画風こそ違えど、いずれもチープな感じと、異様な動きが特徴的なMVとなっております。

『そりゃそうよ』 DJやついいちろう feat.tofubeats

エレキコミックの一人やついいちろうさんの音楽活動、DJやついいちろうのパーティーソングのMVをAC部が担当しています。“そりゃそうよおじさん”が、いろんなシチュエーションに現れては「そりゃそうよ」を繰り出すコミック風MVです。楽曲の異様さとAC部の映像が絶妙にマッチングした映像となっております。

『SUSHI食べたい feat. ソイソース』ORANGE RANGE

言わずとしれたORANGE RANGEの異色のスシソングのMVもAC部です。

ノリの良い楽曲に合わせて、古めの映像のように思わせた寿司や海鮮系のアニメーションがこれでもかと流れまくるAC部ファンにはたまらない映像群となっております。MVの異様さに当時はSNSなどでも多く拡散され、その時に本作を「見たことがある!」という人も多いのではないでしょうか。

『最新世界心心相印』the chef cooks me

MV作品では割と最近の作品となるのが2016年のthe chef cooks meの『最新世界心心相印』です。一見“いつものAC部”っぽい映像ではないながら、やはり独特の異様なセンスはAC部の作品です。AC部のセンスの広がりを感じるMVでもあります。


以上、AC部のオススメMVをいくつか紹介させていただきました。

“ボブネミミッミ”でAC部のことが気になった皆様。これまでも多くの映像作品をAC部は残してきているので、ぜひこの機会に上で紹介したMVなどをチェックしてみてください。きっともっとAC部のことが好きになること間違いなしです。

AC部コミュニサイト:http://www.ac-bu.info/

ポプテピピック 第3話「ザ・ドキュメント」【感想コラム】

⇧最新のアニメコラム一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ89

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。