こんなに凄い5歳児たち!「 かすかべ防衛隊 」徹底紹介【 桜田ネネ 編】

こんなに凄い5歳児たち!「 かすかべ防衛隊 」徹底紹介【 桜田ネネ 編】

前回までのキャラクターコラムをお読みいただいた方には同じ冒頭文になりますが、ご容赦ください。

2018年の劇場版「 クレヨンしんちゃん 」の公開が近付いてきました。皆さん、クレヨンしんちゃんの劇場版はご覧になったことがありますか?

「嵐を呼ぶアッパレ! 戦国大合戦」では歴史好きが舌を巻くほど本格的な時代劇を魅せ、「オトナ帝国の逆襲」ではノスタルジックな雰囲気に、まさに大人たちが涙しました。

今や「泣ける映画」として子どもたちに付き添う大人たちが楽しみにしている作品。それが劇場版「 クレヨンしんちゃん 」です!

そんな今回の映画タイトルは「爆盛! カンフーボーイズ」。ボーイズという時点でクレヨンしんちゃんファンの中にはお気付きの方も多いでしょう。そうです、今回のメインはしんちゃん率いる「かすかべ防衛隊」が主役です!!

上記した過去2作品のファンには「ちょっと印象的な子どもたち」くらいのイメージかもしれませんが、かつて「嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ」でも主役を張ったこの5人。

この5人についてまだよく知らない!という人に向けて、映画作品を中心に、数回に渡ってかすかべ防衛隊の徹底紹介をしています!

桜田ネネ はどんなキャラなのか

こんなに凄い5歳児たち!「 かすかべ防衛隊 」徹底紹介【 桜田ネネ 編】

テレビシリーズをご覧の方ならもはや知っていて当然!とも言えそうなキャラクター、ネネちゃん。

しんちゃんの友だちで、おませで、なかなか苛烈な性格で、成人女性のような物の見方をする女の子。あまりネネちゃんを知らない人なら、こんな印象ではないでしょうか?

幼稚園児でありながらおままごとは昼ドラ顔負けのドロドロ愛憎劇であることを望み、そのくせ自分の夢は芸能界デビューで、高収入の夫や優しい子どもに囲まれている、他の女の子がちやほやされるのは気にくわないなどかなり勝手。ゴシップ好きも相俟って、非常に厄介だけどありえなくはない女児という感じ。

けれどそんなネネちゃん、自分の勝手さを後悔したり、他人から責められると涙してしまうような繊細な部分も持ち合わせています。

「バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」では、ネネちゃんが乗るバスを間違ったせいで遭難したことをメンバーに責められ、思わず涙がこぼれていました。

そんなネネちゃんですが、メンバー内で遠巻きにされているかと言えば決してそうではなく、むしろ姉御として引っ張っていっている印象が強くあります。

たとえば「嵐を呼ぶ! 夕陽のカスカベボーイズ」冒頭ではリアル鬼ごっこ(風間くんが鬼の場合)になった際、強盗集団のボス役をしんちゃんに任され「姉御って呼びな! 囮になんなさい!捕まるんじゃないわよ!」とさらっと指示を飛ばしています。「捕まるんじゃないわよ」というのがいいですよね。優しさが垣間見えるセリフです。

そのほか「襲来!宇宙人シリリ」では幼児化したみさえの格好があまりにも女の子らしくないと、率先して自分の服を貸し出す女性らしい気遣いもできる面も見せています。

普段はちょっとした恐怖政治を敷いているように見えるネネちゃんですが、それだけではないことが見られます。

かすかべ防衛隊メンバーの中で、実は実質的リーダーをになっている紅一点。それがネネちゃんです。

桜田ネネ の「対人能力」について

ネネちゃんはテレビシリーズでも充分に裏表も描写されているため書くことが少ないのですが、映画ではその対人能力の高さが見られる気がします。

対人能力というか、接客技術の高さといった方が正しいでしょうか。

主に「嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」でのクラブと、バスで移動しているときなんですが、これも昼ドラ視聴やリアルおままごとで培われた技術なのか、もう見事としかいいようのないチーママ、そしてバスガイドっぷりです。

台本もなくさらさらと出てくる、場と役に合ったセリフ。さらにその場その場の出来事を接客用の言い回しに変換して、さらに対応もこなしてしまいます。末恐ろしいですよ、この5歳女児。

またこれはテレビシリーズなんですが、松坂先生の合コン相手への対応などもかなり的を射た助言を繰り出して、実際に松坂先生が参考にするといったシーンも散見されます。

「嵐を呼ぶジャングル」では風間くんに「風間くんってツメが甘いのよね!」と一蹴していることからも分かるとおり、人となりや行動を見抜くのが非常にうまい女の子です。

桜田ネネ の「包容力」について

こんなに凄い5歳児たち!「 かすかべ防衛隊 」徹底紹介【 桜田ネネ 編】

さて最後にこちら。ネネちゃんが密かに持っている包容力です。

それが遺憾なく発揮されているのは、「爆睡!ユメミーワールド大突撃」。最初は誰に対しても素っ気なく壁を作っているサキちゃんと対立するネネちゃんですが、しんちゃんに助けられたことを屈辱的だと絞り出したサキちゃんに対し「アンタって筋金入りね!そこまでいくと、嫌いじゃないわよ。私はね」と笑って受け入れます。

またとある裏切りにあってサキちゃんに怒り心頭だったネネちゃんですが、それがサキちゃんではどうしようもなかったこと、さらにサキちゃんが心底苦しんでいることを知ると、ちょっと仕方なさそうに、やはり笑って許しています。

この映画のネネちゃん、最ッ高にいい女です。包容力が爆発しています。

他の映画作品だと「超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁」で登場した大人ネネちゃんが、騒動を見て即座に「またしんちゃんがなにかやらかしたのね!?」と発言しています。

この一言から、あの世界においてもかすかべ防衛隊メンバーが長年交流を続けており、しんちゃんの巻き起こす騒動に巻き込まれ続けていることが分かると思います。

それを理解した上で騒動の中に飛び込んできて、子どもの頃の自分に向き合い「いいこと? 大人の生活ってのは、リアルおままごとより悲惨よ。それだけは覚えといて!」と言い放ちつつ手助けに奔走します。

思い描いていた未来とかけ離れた気怠いばかりの生活を送る中、かすかべ防衛隊メンバーに何かあったのを知るや駆けつけてくるのも、まさに姉御肌!しかも戦闘力も一番高い頼れる姉御です。

かすかべ防衛隊の実質的リーダー、ネネちゃんが今回はどんな大暴れ、もしくはどんな包容力を見せてくれるのか非常に楽しみです。

2018年の映画「爆盛! カンフーボーイズ」のキャッチコピーは「アクション大盛り、友情濃いめ」。

この時点でかすかべ防衛隊推しとしては期待値が振り切れそうですので、是非残りのメンバーの紹介をお待ちいただければと思います!

こんなに凄い5歳児たち!「 かすかべ防衛隊 」徹底紹介【 佐藤マサオ 編 】

⇧最新のアニメコラム一覧をチェック