銀魂 銀ノ魂篇 週刊感想コラムのまとめ

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第345話「しぶといとしつこいは紙一重」【感想コラム】

まるで植民地みたい・・・


銀時たち万事屋が、烙陽での戦いに臨んでいる頃、アルタナを奪還するため宇宙の星々で活動してきたアルタナ解放軍がついに地球へ侵攻。ターミナルが破壊され、解放軍が暴虐の限りを尽くし、江戸は混乱を極めていた。

しかしそこでも諦めずに戦い、希望をつなぎ続ける人たちがいる。自動販売機の下をあさって依頼料の小銭を貯めるマダオこと長谷川泰三、侍の国を取り戻すため皆から依頼書を集めるお妙、万事屋の帰りを待ち望むたくさんの人たち・・・。

銀魂 銀ノ魂篇 は長年に渡って多くのアニメファンを魅了してきた銀魂シリーズ。物語の最終章となるストーリーで、おそらくこのシリーズで銀魂も一応の完結になるのでは?と言われている話題のアニメです。このアニメを、毎週放送後に公開している感想コラムのまとめページを制作しました。この週刊コラム制作を担当するのは、あにぶライターの如月さんです。

このページの目次

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第342話「天然パーマはグニャグニャ曲がっても戻ってくる」【感想コラム】

「烙陽決戦篇」の最後は新八のナレーションで締められましたが、銀ノ魂篇の開幕も新八のナレーションから始まりました。元々は銀さんの侍魂を学ぶために万事屋で働き始めた新八でしたが、今となっては彼も立派な一人の侍だといえるんじゃないでしょうか。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第342話「天然パーマはグニャグニャ曲がっても戻ってくる」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第343話「調味料は控え目に」 【感想コラム】

虚の引き起こした戦争を止めるため、アルタナ解放軍との交渉に自分の名前を利用せよという将軍・徳川喜々。桂と坂本はその提案に乗り、喜々を連れて解放軍の戦艦に赴く。

一方、その頃地球では江戸の人々が蜂起。かぶき町四天王を中心とした民衆、柳生一門、御庭番衆や吉原の百華たちが解放軍に対抗していた。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第343話「調味料は控え目に」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第344話「ヤンキーの子供は襟足が長い」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂.銀ノ魂篇 』第344話「ヤンキーの子供は襟足が長い」【感想コラム】

喜々と紫雀の身体を張った交渉により、アルタナ解放軍は一時的に態度を軟化させたが、それは地球に駐屯する軍を引かせるまでには至らなかった。

迫る決戦の時。天導衆の行方を探っていた銀時たちを、突如町民の集団が襲う。彼らを民衆ではない別物だと見抜き、窮地を救ったのは今井信女だった。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第344話「ヤンキーの子供は襟足が長い」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第345話「しぶといとしつこいは紙一重」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第345話「しぶといとしつこいは紙一重」【感想コラム】

ついに姿を現した虚に剣を向ける銀時、しかしその前に奈落三羽の一人、柩が立ちはだかる。柩と戦う銀時たちの上空に現れたアルタナ解放軍の艦隊は、一斉掃射をしかけ周囲は火の海と化した。

江戸城では、亡き先代将軍徳川茂茂の妹・そよ姫が逃げろという服部全蔵の忠告を聞かず、一人で城を預かる覚悟を決める。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第345話「しぶといとしつこいは紙一重」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第346話「爺さんは忘れてはいけないものを皺に刻む 」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第346話「爺さんは忘れてはいけないものを皺に刻む 」【感想コラム】

万事屋の危機を救ったのは、江戸に戻ってきた真選組だった。今度こそ江戸を護り抜いてみせると、新生・真選組の力を見せつける。

日本各地で味方を集め戻ってきた旧幕府軍は勢力を増し、空では松平片栗虎率いる艦隊がアルタナ解放軍に対峙していた。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第346話「爺さんは忘れてはいけないものを皺に刻む 」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第347話「無駄を覚えた機械を人間という」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第347話「無駄を覚えた機械を人間という」【感想コラム】

かぶき町に突如現れた巨大な大砲は、源外が密かに造り上げたカラクリ「ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング源外砲」だった。ウイルスを搭載したナノマシンを放出し、敵味方問わずあらゆる機械を停止させてしまう対天人用の切り札だ。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第347話「無駄を覚えた機械を人間という」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第348話「男は長くも太くもなく硬く生きろ」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第348話「男は長くも太くもなく硬く生きろ」【感想コラム】

アルタナ解放軍の陸戦部隊がかぶき町を目指し、万事屋もかぶき町へ急行している頃、宇宙では、解放軍に捕らえられた坂本と喜々たちが、紫雀提督と接触していた。解放軍を止められなかったと謝罪する紫雀に、倒すべき真の敵がまだ生きていると坂本が告げる。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第348話「男は長くも太くもなく硬く生きろ」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第349話「鬼は一寸法師のような小粒に弱い」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第349話「鬼は一寸法師のような小粒に弱い」【感想コラム】

九龍公子ドラゴニアが地球との同盟を央国星の面々に説く一方、地球では、かぶき町へ押し寄せてくるアルタナ解放軍と三大傭兵部族の大軍勢を、御庭番衆と真選組が前後から攻めていた。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第349話「鬼は一寸法師のような小粒に弱い」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第350話「昔の武勇伝は自分で話すと嫌われるので他人に話させろ 」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第350話「昔の武勇伝は自分で話すと嫌われるので他人に話させろ 」【感想コラム】

王蓋率いる荼吉尼族の傭兵部隊に襲われたお妙の危機を救ったのは九兵衛だった。荼吉尼の軍勢に対抗するかぶき町の民衆に、柳生一門や九兵衛が集めた義勇兵も加勢。九兵衛の一撃で王蓋は急所をやられ、百華が投げるクナイの集中砲火でついに倒れた。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第350話「昔の武勇伝は自分で話すと嫌われるので他人に話させろ 」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第351話「ジャンプはインフレしてなんぼ」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第351話「ジャンプはインフレしてなんぼ」【感想コラム】

危機一髪、蒼達たち辰羅兵の攻撃から皆を救ったのは旅から帰った泥水平子、次郎長親子だった。得意の集団戦術で襲い掛かる辰羅に対し、若頭・黒駒勝男を先頭とした溝鼠組も参戦し混戦状態となる。かつての死闘の経験から辰羅との戦い方を知っている次郎長と銀時は連携攻撃で応戦。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第351話「ジャンプはインフレしてなんぼ」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第352話「平和と破滅は表裏一体」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第352話「平和と破滅は表裏一体」【感想コラム】

銀時の策によって崩れかかる傭兵部隊を再び立て直した王蓋を、荼吉尼最強にして「神の角」と呼ばれた男―屁怒絽が一蹴。一瞬にして解放軍を恐怖の底に陥れた。さらに陰陽師たちが加勢、結野晴明と巳厘野道満の繰り出す幻惑の術によりかぶき町を襲う解放軍の撃退に成功した。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第352話「平和と破滅は表裏一体」を読む

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第353話「武士道とは一秒後に死ぬ事と見つけたり」【感想コラム】

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第353話「武士道とは一秒後に死ぬ事と見つけたり」【感想コラム】

三大傭兵部族最後の一つ、夜兎に拉致された源外を万事屋たちが捜していた頃。宇宙では解放軍内の紫雀提督一派と央国星を味方につけた喜々と坂本、桂がアルタナ解放軍本部・天鳥船の制圧という強硬策を計画していた。

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』第353話「武士道とは一秒後に死ぬ事と見つけたり」を読む


毎週放送のアニメを見て続き物の感想コラムを作ってみたい!そんなコラムニストなあなたは、是非あにぶでコラムを入稿してみませんか?ライター募集のページからいつでもライターとして活躍する事ができますよ!

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』 感想コラム番外 この人誰だっけ?その2【感想コラム】

2018.04.01

TVアニメ『 銀魂 銀ノ魂篇 』番外 この人誰だっけ?その1【感想コラム】

2018.02.13

銀魂 銀ノ魂篇 の放送開始前にちょっとおさらい!

アニメまとめ一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。