たくのみ。 第6話「獺祭」【感想コラム】

TVアニメ『 たくのみ。 』第6話「獺祭」【感想コラム】

毎週飯テロと酒テロをお届けしてくれることで話題ですね。みなさん『たくのみ。』見ていますか?今回はこれまでの話のなかでも屈指の飯テロ回でしたね。美味しそうな魚を深夜に見た筆者はついつい夜食を食べてしまいました。

さて、そんな今回ですが、ついに日本酒が登場しましたよ。日本酒好きの方とっては最高の会になっていたのではないかと思います。

そんな第6話を見てゆきましょうか!

魚が恋しくなるみちる

TVアニメ『 たくのみ。 』第6話「獺祭」【感想コラム】

画像引用元:©2018 火野遥人・小学館/「たくのみ。」製作委員会

アニメ冒頭から口を半開きにしているみちる(CV:今村彩夏)が映りましたね。みちるの目に映っていたのは隣の人が食べる焼き魚です。他人が食べる焼き魚を見て食べたくなったのか、みちるは焼き魚定食を注文します。

ですが、焼き魚定食は売り切れてしまったようで、みちるは焼き魚にありつくことができませんでした。「お魚食べたい欲」だけが高まったみちるは隣の人が食べる焼き魚定食を羨ましそうに見つめていました。よだれを垂らしながらジト目で焼き魚を見つめるみちるはかわいかったですが、生殺し感がすごかったですね。

お昼に食べられなかったのが悔しかったのか、帰宅途中にスーパーで魚を買おうとします。しかし、焼き魚やフライなどの惣菜はことごとく売り切れていました。さらに、魚が入っているお弁当も家族連れにもっていかれてしまいました。残酷ですね…

帰宅すると、そこには魚が…ッ!

スーパーで魚を買うことができず、落胆して帰宅したみちる。そんなみちるの目に飛び込んできたのは、ホッケの開きを食す同居人たちでした。ホクホクの白身を食べる直さん(CV:安済知佳)と真(CV:内田真礼)を見て、「ずるい!」と言うみちるが素直でかわいかったです。

また、ホッケの開きだけではなく、キッチンには大量の魚がありましたね。どうやら、直さんと真の実家から送られてきたらしいです。そんな2人の出身地は北海道!美味しいお魚がいっぱい獲れる地ですね。

念願の魚を前にしてみちるの表情は緩み切っていました。骨をきれいに取り除き、大きな身を取ってパクリ。口の中に魚のうまみが広がり、一日の「お魚食べたい欲」が報われていましたね。見ているこっちも魚が食べたくなってきます。

直さんが真と上京した話をしていましたが、一心不乱に魚を食べるみちるにその話は届いていませんでしたね。それほどにみちるは魚を食べたいと切に願っていたのでしょう。本当にこれっぽっちも話を聞いていなかったですね。

魚に合うお酒、それが「獺祭」だー!

TVアニメ『 たくのみ。 』第6話「獺祭」【感想コラム】

画像引用元:©2018 火野遥人・小学館/「たくのみ。」製作委員会

魚をもぐもぐ食べるみちるを見た直さんが急に「魚と日本酒を組み合わせ隊」なる謎の舞台について話しはじめました。直さん曰く、自身が隊長で真と香枝さん(CV:小松未可子)が隊員らしいですが、隊員の2人は初耳だったらしいです。

2人が隊員ではなかったですが、直さんは日本酒について熱弁しはじめました。「日本酒の海を魚のうまみが泳ぐんだぞぉ~」とふにゃふにゃになって語る直さん。そんな直さんを見たみちるも日本酒を一口飲みました。

その瞬間、みちるに電撃が!口に含んだ日本酒の美味しさに驚くみちる。以前、会社の飲み会で飲んだ日本酒はアルコール感が強くて美味しくなかったみたいですが、今回飲んだものはそれとはまったく違った味だったようです。

それもそのはず、今回みちるが飲んだ日本酒はただの日本酒ではありません。その日本酒は「獺祭(だっさい)」といい、直さん曰く「飲む人を選ばないストライクゾーンの広い日本酒」だそうです。そんなこと言われたら、普段日本酒を飲まなくても飲んでみたくなりますよね。

ちなみに、「獺祭」の”獺”はカワウソ、”祭”は祭りを意味しているらしいです。また、転じて詩文を作るときに参考資料を散らかすことを指す言葉でもあるそうです。

さらに、「獺祭」は使用する米の精米具合によって香りが変化するらしいです。作中に登場した「獺祭」には50と書かれていましたが、これは50%の精米歩合を意味しています。精米歩合が小さくなればなるほど香りがよくなりますが、同時にお値段も上がってゆくみたいです。

新キャラ登場!隣のチームの花森さん

第6話の最後には新キャラクターが登場しましたね。みちるが務めている会社で働いている花森さん(CV:安野希世乃)です。みちるが所属しているチームの隣のチームに所属しているらしいですが、なかなかイイお姉さん感が出ていますね。筆者的に超絶好みです。特に髪型がイイですね。ウェーブのかかった髪が肩からふわっと流れているとか、たまらないです。

そんな花森さんと一緒に昼食を食べることになったみちるは、冒頭にも登場した定食屋で焼き魚定食を注文します。花森さんから「渋いセレクトだね」と言われた途端、熱いお魚推しをはじめるみちる。よっぽど魚が美味しかったのでしょうね。花森さんもみちるにならって焼き魚定食を注文しましたが、美味しそうに食べていました。

アニメ『 たくのみ。 』第6話「獺祭」の感想

TVアニメ『 たくのみ。 』第6話「獺祭」【感想コラム】

画像引用元:©2018 火野遥人・小学館/「たくのみ。」製作委員会

今回は待望の日本酒登場回でしたね。筆者は日本酒の経験が浅いので詳しくは知らないのですが、酒飲みや日本酒好きの方は日本酒の登場を待っていたのではないですか?

また、新キャラクターの花森さんが初登場した回でもありましたね。これからどのような形でアニメに登場してくるのかが楽しみですね。個人的にドストライクなキャラクターなので、ぜひ登場してほしいところです。

そして、「獺祭」を飲んだみちるが日本酒に目覚めてしましましたね。花森さんと焼き魚定食を食べたときに「日本酒が飲みたい…」と感じてしまっているあたり、かなりヤバいと思います。これから先、みちるがどんどん日本酒にハマってゆくのでしょうかね。少しだけ中の人の面影を感じました。

来週はどんなお酒が紹介されるのでしょうか?次回も楽しみですね!

たくのみ。 週刊感想コラムのまとめ

⇧最新の2018年放送アニメ感想一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

タングステン

大学生をしながらライターをさせていただいている「タングステン」と申します。アニメ・ゲームなどに関するいろいろな記事を書かせてもらっていますが、特にアニメ楽曲の記事が多いように思います。あとは、音ゲー大好きマンなので、音ゲーのプレイレポートも書きます。拙い文章かもしれませんが、精一杯書いております。