『 リメンバー・ミー 』2冠!米・アカデミー賞2018のアニメーション部門はディズニー勢が優勢なだけか?

『リメンバー・ミー』2冠!米・アカデミー賞2018のアニメーション部門はディズニー勢が優勢なだけか?

2018年3月4日(現地時間)、第90回アカデミー賞授賞式がハリウッドにて行われました。

世界的にも注目を浴びる、ある意味最大の映画賞なわけですが、本賞にはアニメーション関連部門もあるので、その結果の紹介と、それに関するちょっとした豆知識をいくつか紹介します。

見事2冠!長編アニメ部門受賞の『 リメンバー・ミー 』強し!

長編アニメーション賞にノミネートされていたのは以下の5作品です。

・ボス・ベイビー
・The Bread winner
・Frerdinand
・ゴッホ~最期の手紙~
・リメンバー・ミー

この中で見事、長編アニメーション賞を受賞したのはウォルト・ディズニーピクサー最新作『リメンバー・ミー』でした。

アニメのアカデミー賞とされるアニー賞の他、事前のアニメーション関連の賞でもかなりの圧勝ぶりをみせていた作品なだけに、ある意味順当とも言える受賞結果となりました。ですが、『リメンバー・ミー』は長編アニメーション賞だけでなく主題歌の「Remember Me」でも主題歌賞を獲得しているのもポイント。見事2冠を達成しているところが流石です。

ディズニー勢が強い!?短編アニメ部門は『Dear Basketball』

続いて短編アニメーション賞にノミネートされていたのは以下の5作品。

・Negative Space
・Dear Basket Ball
・Lou
・Garden Party
・Revolting Rhymes

『Negative Space』は日本人の桑畑かほるさんが、パートナーのマックス・ポーターさんと共同監督で名を連ねる作品ということで注目を集めていました。

ですが、短編アニメーション賞に選ばれたのは、伝説のアニメーターといっても過言ではないグレン・キーンさん制作の『Dear Basket Ball』が選出されました。残念ではあるもののしょうがない、という気もします。

グレン・キーンさんがなぜ伝説のアニメーターとされるかといえば、グレン・キーンさんもまたディズニーで活躍したアニメーターであり、『リトル・マーメイド』のアリエルや、『美女と野獣』の野獣などを手がけて来て、最近では『塔の上のラプンツェル』の製作総指揮を務めました。

その後、グレン・キーンさんは、ディズニーが手描きアニメーションの長編作品制作を断念した時期と同じくして退社してしまうわけですが、まさにその手描きアニメーションでの活躍を発揮した本作にてアカデミー賞を物にしているところが見事です。

実は時流にも乗っている選出だった?

さて、結果的にどちらもディズニーに縁のある作品、そして人物の作品がアカデミー賞を受賞したわけですが、予てより、アカデミー賞はディズニーに有利な賞であるという批判があるのも事実です。というのも、アカデミー賞の審査を行う映画芸術アカデミーの会員には多くのディズニー関係者が所属しているということもあり、その点からディズニー作品に有利に働くではないか、という意見があります。

それもまた一理あるわけですが、一方で今年のアニメーション賞『リメンバー・ミー』が受賞したのも不自然かといえば、非常に時流に乗った受賞とも言えるのが面白いところです。

作品賞を受賞した『シェイプ・オブ・ウォーター』にしても、アカデミー賞自体で登壇した人たちのパフォーマンスにしても、社会的に差別を受けていたりマイノリティとされる立場の人たちの主張が注目を浴びる年となりました。この『リメンバー・ミー』も実はそんな流れに乗った作品のひとつで、本作はメキシコを舞台にした、メキシコの男の子が主人公の物語です。2018年の今、アメリカとメキシコの関係は決して良好とはいえない状況です。そんなメキシコ系の人物の主人公の作品が、アメリカで作られる意義というのは決して小さくはないでしょう。

そういった意味でも、今年の『リメンバー・ミー』の長編アニメ部門受賞は出来レース的な意味合いだけで片づけられない、価値ある受賞だったのではないかと思うわけです。


その年、その年で印象的な出来事のある米アカデミー賞ですが、今年もドラマを感じられる年となりました。それはアニメーション賞も然りで、今年も興味深い結果となりました。

果たして来年はどんな作品が並び、どんな作品が受賞するのか。今から楽しみにしながら、2018年のアニメーション映画界を眺めていくのも面白いと思います。

The Oscars 2018 | 90th Academy Awards : http://oscar.go.com/

アニメ好きならかじっておきたいアニメのアカデミー賞ことアニー賞!2017結果発表! 

アニメコラム一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

ネジムラ89

普段は缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナーやってます。その傍ら個人ブログとしてアニメ映画情報ブログ「ねじまき恋文のヤブレター」を公開中。国内外問わずアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるよう努めて参ります。