覇穹 封神演義 第12話 「ニューロマンティック」ついに普賢の実力が見れる回【感想コラム】

覇穹 封神演義 第12話 「ニューロマンティック」ついに普賢の実力が見れる回【感想コラム】

時期的には今回から2クール目――という感じですが、まだ12話です。新OPは14話かららしいので、こちらも楽しみですね。

それはまぁいいとして……12話のレビューをはじめます。

普賢真人

董天君(とうてんくん)まで倒され、さすがに焦り始める十天君。

その頃、太公望と普賢真人(ふげんしんじん)は二日間も飛び続けていました。

さらっと言っていましたが、二日もじっとしているのって、きつそうですね。トイレはどうやって……。

そんな普賢が抱きかかえている球体状の宝貝・太極符印(たいきょくふいん)は、空間の歪みを感知することができます。

ほかのみんなが突然あらわれる十天君の陣に苦戦している中、陣の場所を見破れるというのはかなり有利ですね。

袁天君の寒氷陣

そして、フルーツの実っている木から、陣の反応が……。
明らかに罠です。しかし、二日も食べずにいたので空腹……。
敵の罠だとわかっていても、太公望はフルーツを食べに寄ってしまい、そのまま敵の空間へ飛ばされます。

そこは、青空の下に広がるお花畑でした。
が、一瞬で花が凍りつき、なにやら奇妙な毛玉が登場。

「花の命は短い……。暖かい季節に栄華を極めては、寒さと共に散華する」

などと、ポエムを語りだす毛玉。彼こそ、この空間の主・袁天君(えんてんくん)です。
宝貝の名は、寒氷陣(かんぴょうじん)。文字通り、氷使いです。

普賢は闘いたくない

覇穹 封神演義 第12話 「ニューロマンティック」ついに普賢の実力が見れる回【感想コラム】

画像引用元:©安能務・藤崎竜/集英社・「覇穹 封神演義」製作委員会

一瞬でお花畑が氷の世界に変わってしまいました。
けれども、普賢は敵の氷攻撃を溶かしてしのぎます。

それを見た袁天君は、炎系の宝貝だと解釈しますが……。

「僕は闘いというものが嫌いなんだ」

と、普賢は話し合いを希望します。
ただし、3回言っても聞き入れてくれない場合は、わかりあえないと判断する――とも言って……。

わかりあえないって悲しい

太極符印の力は炎ではありません。

氷を水蒸気に変え、吹雪を電気分解でかき消し晴れに変えてしまう普賢。
そう、太極符印は元素を操る宝貝なのです。

しかし、袁天君は攻撃をやめませんでした。
普賢は優しいけれど、やる時はやる男。3回目の忠告を聞き入れられなかったことで、核融合を実行
袁天君を一撃で撃破しました。

「わかりあえないって悲しいことだね」

そう口にする彼は、涙を流していました。

というわけで、今回は普賢VS袁天君というエピソードでした。

今回の重要な要素は、

・普賢は太公望の友人で、お互いに信頼しあっている
・普賢は元素を操れる

という点です。

また、袁天君は「王天君は言いにけり」と、王天君曰く十天君が負けるのは“自分が負けるはずはないという驕りのせい”だと言っていました。

単純なスペックなら、十天君のほうが上なので、油断しなければ負けるはずはない、と。

しかし、今回の闘いは普賢の火力が圧倒的に勝っていました。

そんな普賢なら、聞仲に勝つことが出来るのか?
今後の普賢にも注目です。

覇穹 封神演義 週刊感想コラムのまとめ

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。