TVアニメ『 立花館To Lieあんぐる 』第2話 実況風レビュー!!〜このみとはなびとトドメのアヒル〜【感想コラム】

TVアニメ『 立花館To Lieあんぐる 』第2話 実況風レビュー!!〜このみとはなびとトドメのアヒル〜【感想】

ハローハッピーワールド!春本番な気候に頭こころちゃんなMr.BOSSで御座います。新しいパスパレイベントも頑張りましょうね〜。というわけで待ってました!『 立花館To Lieあんぐる 』第2話!!

前回は謎のノーパン金髪にエンカウントしたところで終わっていましたね。

さて今回はどんなお話になるのでしょうか?ワクワクですねぇ。

早速視聴していきましょう!! let’s go!

・・・の前に、前回の立花館!

TVアニメ『 立花館To Lieあんぐる 』第2話 実況風レビュー!!〜このみとはなびとトドメのアヒル〜【感想】

画像引用元:©merryhachi・一迅社/立花館製作委員会

高校に入学するタイミングで第二の故郷である東秩父にやって来た主人公『夏乃はなび』。

立派な『橘館』での暮らしが始まる〜!と思ったらまさかの『立花館』!?

そこではなびを待っていたのは予想以上にハラハラな日常!

「もしかして・・・。覚えてないの?」

偶然再会した幼馴染の『藤原このみ』

ふたりはの関係は一体どうなる!?

そしてノーパンのお姉さん!貴女のお名前は!?

『立花館To Lieあんぐる』第2話『秘密の場所』 実況!!

TVアニメ『 立花館To Lieあんぐる 』第2話 実況風レビュー!!〜このみとはなびとトドメのアヒル〜【感想】

画像引用元:©merryhachi・一迅社/立花館製作委員会

冒頭はやはり前回ラストで全部掻っ攫っていった『ノーパン金髪』改め『月城優(つきしろ ゆう)』さん。どうやら前回はガチでノーパンだったらしいです。

お近付きの印に一先ず握手!と思いきや優さんの狙いは握パイ。まったく、話題に事欠かないですねこの寮は。んでどこで手続きしたら入れるんですか?

パステルチックな甘い雰囲気にどかーん!と怒りカンカンなこのみちゃんがカットイン!前回主人公と幼馴染みだったことが判明しているこの子。

TVアニメ『 立花館To Lieあんぐる 』第2話 実況風レビュー!!〜このみとはなびとトドメのアヒル〜【感想】

画像引用元:©merryhachi・一迅社/立花館製作委員会

素直になれず必死な建前でどうにかはなびと優さんを離したいこのみ。しかしそんな事御構い無しな優さんの怒涛の煽りが炸裂!

図星とも言える煽りに思わず涙ぐむこのみ。そして「寝ゲロ喉に詰まらせて死んじゃえ〜!」というなんとも絶妙にヘタクソな捨てゼリフ。この即興感が等身大って感じでかなりポイント高いですね。

見事にこのみの意地っ張りを粉砕し満足気な優さんと走り去ったこのみを気に掛けソワソワするはなび。

そんな彼女に声をかけたのは”作品の母”たる依子お姉さん。

はなびと再会出来て嬉しいけれど、突然の再会と、はなびが忘れているのでは?という不安で困惑しているという妹の精神状態をバッチリお見通しでした。

離れ離れだった二人をそっと繋ぎ合わせる優しさ。はなびの背中を押す暖かい言葉。依子お姉さんは聖母の様な人でした。前回は脳パイマッキンリーとか言ってごめんなさい。

思い出のオルゴールの様な優しい言葉に心打たれこのみの元に駆け出したはなび。長過ぎた空白を経て再び動き出した二人の時間にそっと微笑む依子さん。・・・と優さん!?まさか計画通りってヤツですか?だとしたらかなり有能ですよ優さん先輩!!

このみを探してやって来たのは、幼い日に二人が過ごした思い出の詰まった橋の下。ここは二人だけの秘密の場所だったみたいです。

覗き込むとそこには俯いて膝を抱えるこのみちゃんが。

TVアニメ『 立花館To Lieあんぐる 』第2話 実況風レビュー!!〜このみとはなびとトドメのアヒル〜【感想】

画像引用元:©merryhachi・一迅社/立花館製作委員会

「忘れてたんでしょ?私の事なんて・・・」とヘソを曲げたままのこのみ。そんな彼女にはなびが一言「大人っぽく可愛くなってたから。見違えちゃった」もちろん彼女は嬉しいわけで。一発KOでしたねぇ。

すっかり乙女の表情になりようやく顔を綻ばせるこのみ。昔と変わらぬ呼び方で呼び合いめでたく一件落着。こうして無事このみ直通の路線工事が完了した模様です。

その後このみがお風呂から上がるのを待っていると、依子さんからそろそろ上がったと思うとの声。これに速攻で反応したのは他でもないイベントメーカーの優さん。一緒に入ろう!とはなびをお風呂場へ追い立てる。鍵を掛けて侵入を拒むはなびに規制必至の言葉を浴びせ遂に風呂場へ突入!

慌てて浴場に駆け込んだはなびだったが、ツルツルの床に転んで顔を上げるとそこにあったは、ご開帳したこのみのアヒルさんが・・・。

TVアニメ『 立花館To Lieあんぐる 』第2話 実況風レビュー!!〜このみとはなびとトドメのアヒル〜【感想】

画像引用元:©merryhachi・一迅社/立花館製作委員会

いやぁ。あからさまにギア上げて来ましたね監督さん。参考画像?載せれないですよ〜。

だがしかし止まるんじゃねぇぞ!翌朝目覚めたはなびを待っていたのはノーパンどころか装備不足も甚だしい1話冒頭の全裸銀髪。はなびの眼球に物理的に飛び込んで来た桜の花びらに視界を奪われ転んだ先には御察し通り全裸の彼女が。

真っ赤になって慌てるはなび。一方で慌てる様子も恥じらう様子も皆無で淡々と自己紹介するのは『篁いおり(たかむら いおり)』。素晴らしい無感情具合。何とは言いませんが1回零号機に乗って貰いたいですね。

と、ここでEDへ。今回からはEDにもアニメーションが付きましたね!是非チェックしてみて下さいね!!

視聴後の『 立花館To Lieあんぐる 』感想とまとめ

TVアニメ『 立花館To Lieあんぐる 』第2話 実況風レビュー!!〜このみとはなびとトドメのアヒル〜【感想】

画像引用元:©merryhachi・一迅社/立花館製作委員会

さて、第2話の視聴が終わってしまいました。相変わらずあっという間でしたね〜。

簡単に第2話の感想をキャラ毎にまとめてみました!

・夏乃はなび:冒頭から大満足。笑顔が可愛い。照れ顔が可愛い。やっぱり声が可愛い。立花館のヒロイン。

・藤原このみ:2話の主役と言っても過言では無い活躍。塞ぎ込んだ表情が似合ってしまう。そしてやっぱりチョロかった。

・藤原依子:2話のMVP。好感度爆上がり。はなびを送り出すシーンの言葉と声が本当に綺麗で美しい。

・月城優:登場時点からトップギア。作品世界のエンジンたるキーマン。

・篁いおり:まだ寒いので次回は服を来て下さい。

いうても今回はこのみちゃん回でしたね。何はともあれ彼女に笑顔が戻って一安心です。影の立役者だった依子お姉さんと優さんもGJでした。

印象としては、やはりボリュームがありますね!というより一個一個の出来事が非常に濃厚で印象深いと言うべきでしょうか。

そして本格的にいおりちゃん登場の気配ですね。あのキャラクター性と目撃した状況を鑑みると、かなりのナックルボーラーなのは間違いなさそうですね。

今後この立花館にどんな動きを付けてくれるのか非常に楽しみです!作品のエンジンは優さんといおりさんかな?そんなとこも含めて注目していきましょう!

ではでは来週を待ちましょう!see ya!

立花館To Lieあんぐる 感想 のまとめ

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

「僕はね、アニメライターになりたかったんだ・・・」 てなわけで、どうも初めまして。好きな桜は丹下桜でお馴染みの『Mr.BOSS』で御座います。 声優関連、アニメ関連の記事をメインに執筆して参ります。 主に声優さんの知識がキモいぐらい詰まっている人間ですので、せめて世の中の役に立つ様に記事を書いて参りたいと思います。 冗談はさておき、アニメなどのサブカルチャーは、今後日本だけで無く世界に誇れる文化になると確信しております。その役に立てる様に微力ながら活動して参りたいと思います。