PERSONA5 the Animation 第2話「Let’s take back what’s dear to you」【感想コラム】

ペルソナ5 第2話 感想|「Let's take back what's dear to you」

今週の ペルソナ5 も説明と導入がメインのため、抑圧された苦しい展開ですがもうちょっと我慢すればカタルシスを得られる展開が待っているので辛抱して見ていきましょう。

ペルソナ5 第2話「Let’s take back what’s dear to you」のあらすじ

東京での新しい学生生活を開始した蓮。しかし前歴を持つ転入生への風当たりは厳しいものだった。

バレーボール部の顧問・鴨志田と確執があり蓮と同様学内で孤立する存在の同級生・坂本竜司と出会った蓮は、謎の男イゴールに与えられたアプリ「イセカイナビ」を起動させ、再び異世界への侵入を試みる。

体育会系暴力教師の横暴

ペルソナ5 第2話 感想|「Let's take back what's dear to you」

画像引用元:©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

謎の城から脱出し、なんとか学校に戻って来た蓮と竜司。大遅刻してしまいましたが、蓮の秀尽学園での生活が始まります。

元金メダリストでバレーボール部を全国大会に行かせるという実績を持つ鴨志田には、校長も強く出ることは出来ず、パワハラで苦しい思いをしている生徒が多いことが徐々に分かってきました。

蓮のスマホにインストールされた「イセカイナビ」を起動させると、再び学校が不気味な城へと変化を遂げ、蓮の服装もマスクに黒いコートへと変わります。城の中で2人が出会ったのは、立って歩くネコのような謎の生き物・モルガナでした。…筆者もモフモフしたいなぁ。

奪われた大事なものを取り戻すために

陸上部が廃部になった真相を鴨志田のシャドウが話したことで、竜司の中の「反逆の魂」が形を伴って溢れ出します。雷撃を操るペルソナ、キャプテン・キッドの覚醒!

蓮のアルセーヌに続き、モルガナも自分のペルソナであるゾロを出して攻撃すると、そのまま続けて一斉攻撃を繰り出します。ここのカットがほとんどゲームそのまま!キャラによって決めポーズが違うのですが、これもいずれ見せてくれるんでしょうか。

再度撤退した蓮と竜司はモルガナと別れ、認知世界である「パレス」を出ると牛丼屋で腰を落ち着けて蓮が保護観察を受けることになった経緯を話すことになります。

ある夜に酔った男から絡まれていた女性を正義感から助けたものの、男が転んで軽いケガをしたことを大事にされて傷害罪として立件され、有罪判決を受けてしまったのでした。話を聞いた竜司は、蓮のしたことは何も間違っていないと断言します。

蓮にとって、前科が付いてから初めての理解者が現れたのでした。

ペルソナについて

ペルソナ5 第2話 感想|「Let's take back what's dear to you」

画像引用元:©ATLUS ©SEGA/PERSONA5 the Animation Project

竜司のペルソナは「キャプテン・キッド」

本名をウィリアム・キッドという私掠船、海賊船の船長であった実在の人物を由来にしています。船に乗った姿が特徴的ですね。

モルガナのペルソナは「ゾロ」

ジョンストン・マッカレーの小説、「怪傑ゾロ」の主人公がモチーフ。「大盗賊にして真の紳士」と称されるヒーローで、「かいけつゾロリ」のゾロリ先生の元ネタでもあったりします。

認知世界の案内役であるモルガナの登場で、ちょっとずつこの作品の専門用語が出てき始めます。次回にはまた新しい情報が開示されると思いますので、お楽しみに。

タイトル PERSONA5 the Animation
監督 石浜真史
放送期間 2018年4月
主な声優 雨宮 蓮:福山 潤
坂本 竜司:宮野真守
高巻 杏:水樹奈々
製作会社 アニプレックス
その他の情報 http://p5a.jp/

 

ペルソナ5 感想 のまとめ

ペルソナ5各話も是非チェックして下さい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。