かわいい声とキャラで人気青天井! 水瀬いのり さん特集!!

かわいい声とキャラで人気青天井! 水瀬いのり 特集!!

春日和が続いておりますねぇ。こんな日には無駄に外出などと張り切ってみたくなります。どうも、冬眠明けのMr.BOSSで御座います。

さて、春といえばあったかい。あったかいといえばカプチーノカプチーノといえば・・・。

という事で今回の特集するのは、『ごちうさ』のチノちゃんなど可愛いお声を担当なさっている『水瀬いのり(みなせ いのり)』さんに大注目です!

意外と知らなかった水瀬さんの事。知ってる人もそうでない人も、少しだけ詳しくなりませんか?

それではいってみましょう!! let’s go!

水瀬いのりさんの基本情報&出演情報

まずは水瀬さんご本人の紹介から参りましょう。

お名前は『水瀬いのり』さん。東京都出身で現在22歳です。

あだ名は『いのりん』『いのすけ』。所属事務所は声優の森川智之さんが社長の『アクセルワン』ですね。

普段の水瀬さんといえば、本人曰く、あまり感情の起伏が目立たない印象がありますね。その分感情が激しく動いたり、テンションが上がったりしている瞬間は迫力満点です!

以前、鷲崎健さんとMay’nさんがMCを務める『電波ラボラトリー』にご出演なさった回も、May’nさんと見つめ合う事になり、恥じらいながらもいろんな表情を見せていたのが破壊力抜群でしたねぇ・・・。

照れ姿に抜群の定評がある水瀬さん。期待を裏切りません。

彼女が声優を志したのは、幼少時代に視聴していた『セーラームーン』や『名探偵コナン』などに登場するキャラクターに憧れた事がきっかけだったようです。

その憧れはいつしか「自分もお芝居や歌に挑戦してみたい!」という気持ちに変化していったようですね。

そして挑戦したのが、新人オーディションの名門『アニストテレス』。なんとその第一回で優勝を勝ち取り、声優としての道を歩み始めたようです。

因みに幼少期に影響を受けた作品にも上がっていた『名探偵コナン』の毛利蘭に憧れ、『極真空手』を習っていた経験があるようで、腕前は茶帯だとか。某伊波さん然り、アニストテレス 出身者は空手経験者が多いのでしょうか・・・。

話を戻してご趣味ですが、アニメやゲームはもちろん、ボカロ、ニコ動鑑賞などがお好きなようです。その他にもディズニーの大ファンらしく、TDLには延べ100回以上訪問した事がある程のディズニーフリーク。世の皆様、理想の男性はミッキーらしいですよ!ハハッ!・・・おっといけない。

出演情報

今や代表作を挙げればキリがないほどのコンテンツヒットメーカーな水瀬さん。前述した『ごちうさ』のチノちゃんに始まり、『リゼロ』のレムさん『ダンまち』のヘスティア様などが印象的ですし、いずれも大ヒットを納めております。

パキパキとしたお転婆キャラや、思わず母性が芽生える様な幼げなキャラ、時には『心が叫びたがってるんだ』の成瀬順などのやや影のある大人しいキャラにもピッタリハマる声をお持ちです。

その事は世間でも広く評価されており、2016年の第10回声優アワード主演女優賞をはじめとする様々な賞を受賞しました。

そんな水瀬さん、アニメのデビュー作は2010年放送の『世紀末オカルト学院』の岡本あかり役です。実はこのアニメ、予告編の挿入歌で劇中キャラクターが名曲をカバーしていた事でも話題になりました。例えば、日笠陽子さん演じる神代マヤが歌う『LOVEマシーン』、小林ゆうさん演じる川島千尋の『蝋人形の館’99』などですね。

水瀬さんが声をあてる岡本あかりが担当したのはSPEEDの名曲『White Love』。とても透き通る歌声で非常に魅力的な印象を受けました。

そして、初のレギュラーを獲得したアニメは『恋愛ラボ』の棚橋鈴音です。このキャラクターは自身の転機になったとも語るキャラで、実際にこの出演を皮切りに爆発的に知名度を伸ばしていきましたね。

またプリキュアのリアタイ視聴者だった様で、ご自身がキュアパルフェことキラ星シエル役に抜擢された際にはガッツポーズを決めて喜んだみたいですよ!その光景の微笑ましさたるや・・・。

実は水樹奈々さまガチ勢!!

知っている方もいらっしゃるかも知れませんが、彼女はかなりガチ目の水樹奈々さん(以下奈々さま)のファンであらせられます。もちろんファンクラブの会員にも入会しているみたいです。開催されるライブにも参加している様で、『MTV Unplugged: Nana Mizuki』には自身の母親と一緒に参戦!物販のTシャツに身を包み大興奮で飛び跳ねていたとか。

そんな憧れとも目標の人とも語る奈々さまから、21歳の誕生日にサプライズで贈られたのは、本人からの音声メッセージ!これには本人も感慨無量!挙句の果てに収録をやめて家に帰りたいと言い出す始末。仕切りに声を詰まらせながらもその嬉しさが溢れ出ていて可愛かったです。

奈々さまと初共演したのは『戦姫絶唱シンフォギア第1期』です。当時はまだキャリアも浅くモブとしての出演だった事もあり、水瀬さんは相当緊張なさっていた様です。挨拶を噛まない様に練習していたり、自らを鼓舞する為に奈々さまのライブパンフレットを鞄に忍ばせ、こっそりトイレで眺めて気合いを入れていたりというエピソードもあって非常に微笑ましいですね。

歌手活動&告知情報

さて、そんな水瀬さんですが、歌手としても非常に魅力的です。

印象に残っている方も多いと思いますが、朝の連続テレビ小説『あまちゃん』にて実写出演し、その作品内のユニットとして紅白出演も果たしているんですよね。

ご本人名義では、自身の誕生日でもある2015年12月2日に歌手デビューしてから計5枚のシングルをリリースして来ました。

筆者のオススメは2ndシングル『harmony ribbon』でしょうか。

水瀬さんの魅力であるパワフルな声量が最大限に堪能できる一曲です。楽曲ラストの「la〜la〜lala」の部分はめっちゃ癖になりますよ!!

そんな水瀬さんですが、遂に2ndアルバムが5月23日に発売となりますのでその詳細についてご紹介させてください!

【Amazon.co.jp限定】BLUE COMPASS【初回限定盤】(オリジナルポストカード付) CD+Blu-ray, Limited Edition

2nd ALBUM BLUE COMPASS 【通常盤】
・発売日:2018年5月23日
・価格:3,000円+税
・初回封入特典:特製トレカ
・収録内容
「アイマイモコ」「Ready Steady Go!」他、全12曲収録

さらにその後の発表にて収録曲情報が更新されましたよ!

ハートノイロ
作詞・作曲:Haggy Rock 編曲:白戸佑輔

Shoo-Bee-Doo-Wap-Wap!
作詞:藤林聖子 作曲・編曲:山下洋介

シネマチックダイアリー
作詞:松井洋平 作曲:石田秀登 編曲:EFFY

これからも。
作詞:磯谷佳江 作曲:小野貴光 編曲:玉木千尋

三月と群青
作詞・作曲・編曲:藤永龍太郎(Elements Garden)

さらにさらに、2ndアルバム「BLUE COMPASS」に収録する新曲がiOS/Android版「乖離性ミリオンアーサー」新章の主題歌に決定した事も報告されました!!

それがこちらの楽曲です!

Million Futures
iOS/Android版「乖離性ミリオンアーサー」新章 主題歌
作詞:RUCCA
作曲・編曲:藤間 仁(Elements Garden)

そして各店舗の特典なども公開されておりましたよ!みなさんはどこの店舗狙いますか?筆者は是非ともポスターが欲しい所ですね。

  • アニメイト:A3クリアポスター&ブロマイド
  • キンクリ堂:缶バッチ&ブロマイド
  • ゲーマーズ:A4クリアファイル&缶バッチ&ブロマイド
  • 新星堂・Wonder Goo:B2ポスター&ブロマイド
  • タワーレコード:ブロマイド
  • とらのあな:A4クリアファイル&ブロマイド
  • 文教堂(※一部店舗)・アニメガ:缶バッチ&ブロマイド
  • HMV:ブロマイド
  • Neowing:A3ポスター
  • Sofmap:A3ポスター
  • TSUTAYA:ブロマイド
  • amazon:ジャケット絵柄ポストカード

各店舗とも魅力的な特典が盛りだくさんですねぇ。その他詳しい情報は公式サイトに載っていますので是非チェックしてみて下さい!!

まとめ

さて少し長くなりましたが以上でございます。

今シーズンも中村悠一さんが主演を務める注目のラブコメ作品『多田くんは恋をしない』などの作品に出演しておりますので大注目ですよ!!

今年も勢い衰えず快進撃を続ける水瀬さん。今後はどんな姿を魅せてくれるのか非常に楽しみですね。声優として、歌手として大注目の水瀬いのりさんを応援していきましょう!

それではまたお目にかかりましょう。see ya!

15万再生突破!?人気声優『水瀬いのり&大西沙織』が“ゆる〜く話す”「だけ」の番組「 水瀬いのりと大西沙織の Pick Up Girls! 」

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

「僕はね、アニメライターになりたかったんだ・・・」 てなわけで、どうも初めまして。好きな桜は丹下桜でお馴染みの『Mr.BOSS』で御座います。 声優関連、アニメ関連の記事をメインに執筆して参ります。 主に声優さんの知識がキモいぐらい詰まっている人間ですので、せめて世の中の役に立つ様に記事を書いて参りたいと思います。 冗談はさておき、アニメなどのサブカルチャーは、今後日本だけで無く世界に誇れる文化になると確信しております。その役に立てる様に微力ながら活動して参りたいと思います。