ブラッククローバー 第29話「道」【感想コラム】

ブラッククローバー 第29話「道」【感想コラム】

今回の ブラッククローバー は、新章の前に、ちょっとだけおさらい。そんな回です。

初代魔法帝は何者なのか

毎度恒例、世界を滅ぼすかに見えた魔神VS初代魔法帝による冒頭のシーン。
今回はちょっとだけ長く、ちょっとだけ見えた初代さんの顔、ユノっぽいです。

初代魔法帝は原作でも謎が多い存在なのですが、これはもしやアニメで先行して伏線を……? たしかにユノは只者じゃないですし、初代魔法帝と関係があってもおかしくはないですよね。

それにしても、魔神と初代魔法帝の火力、高すぎです。

これまでのアスタ

その後は3000回の腹筋や腕立て、さらにはランニングをこなすアスタのシーン。

「あいつより先に魔法帝になって」
「シスターを迎えに行くんだ!」

アスタの出世に感動する神父とシスターも、久々に登場。

どうやら、新規カットを交えた総集編のようです。
夕方アニメでは稀にみる光景ですね。長いですからね、おさらい回です。

15年前、教会に拾われた赤ん坊、アスタ&ユノ。

天才のユノとは違い、魔力がないアスタ。彼は魔力を打ち消したり、反射したりする剣を手に入れて――。

大親友のアスタ君観察日記

と思ったら、唐突に現れるゴードン
彼の持つ本は、大親友のアスタ君観察日記!

大親友……?

ゴードンは振り返ります。
アスタと初めて会ったのは、入団試験のときだった。
その頃から、アスタ君は輝いていた、と。

ただの総集編かと思ったら、ゴードンを絡めてくるとは。
面白い演出ですね。

ゴードンの活躍するエピソードはまだ先なので、アニメでオリジナルシーンを挟むのはアリかもしれないです。

ゴードンはユノとも親友だった

どんな逆境にも心を折らず、自分を曲げずに突き進むアスタ。
その姿はゴードンから見てもカッコいいもので――。

さらに、ゴードンはアスタの幼馴染であるユノのことも観察していました。

ゴードンにとって、アスタは大親友。
アスタの幼馴染ということは、アスタとユノは親友。
なら、ゴードンとユノも親友

とかなんとか、謎の理論を持ち出すゴードン。

2人が会話したこと、ないですよね。

ゴードンさん、すっかり面白キャラになって……。まあ実際、ゴードンはいい人ですし、面白い人物ではあります。

ノエルさんアスタ大好きすぎる

ブラッククローバー 第29話「道」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

その後もアスタのことをつけまわし、観察していたゴードン。
完全にストーカーっぽくなってしまっています。

クラウスさんといい、アニメではギャグ要素が濃くなるキャラクター、多いですね。
それがちゃんとキャラクターの掘り下げになっているので、スタッフさんたちもこの作品を愛しているのだと理解できます。

さらに、ノエル視点のアスタも登場。アスタのいないところでも、アスタを思い出しツンツンしたりデレたり、ノエルさんめっちゃ惚れてるじゃないですか。

とまあ、総集編と見せかけ、ゴードンが面白くてノエルが可愛い回でした。

前回に続き箸休め的な回でもありましたが、いよいよ来週から新章です。次回は絶対見逃せませんよ!

ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。