TVアニメ『 ブラック・ブレット 』第1話 「最後の希望」【感想コラム】

TVアニメ『 ブラック・ブレット 』

突然、世界が未知の生命体によって攻撃を受けたら…貴方は戦えますか…?錯乱し、恐怖して、戦う事など…不可能でしょう。このアニメ『 BLACK BULLET ( ブラック・ブレット ) 』は、そんな絶望的な中、生きる為に…人々を守る為に戦い続ける一人の青年と一人の少女の物語です。

OP曲を歌うのは『fripside』さん。歌詞が世界観に非常に合っていて、物凄く綺麗な歌声でカッコ良く歌って下さっています。ぜひお聴き下さい。

それでは、『BLACK BULLET(ブラック・ブレット)』第1話のレビューに入りたいと思います。

『 ブラック・ブレット (BLACK BULLET) 』第1話 「最後の希望」あらすじ

2031年、東京エリア。未知の生命体「ガストレア」に受けた壊滅的被害から復興を遂げた人類は、未だその恐怖に怯えながら暮らしていた。対「ガストレア」最後の砦である民警の一人として天童民間整備会社に所属する高校生『里見蓮太郎』は、ある事件現場で仮面にタキシード姿の怪しい男『蛭子影胤』と遭遇する。警官たちはおろか、蓮太郎すら歯牙にもかけぬ圧倒的な強さを発揮した『蛭子影胤』は自身を『世界を滅ぼす者』と名乗り、姿を消す……。

蛭子影胤

とある事件現場に応援として駆け付けた蓮太郎。事件現場である部屋を開くと、そこは血の海と化していた…。そんな中、血の海の中に仮面をつけた一人の男が立っている…。

蓮太郎は『同業者か?』とその仮面をつけた男に質問をする事に。

仮面の男は『私も感染源のガストレアを追っていた。が、警官を殺したのは私だ。』と蓮太郎に回答する。その言葉を聞き、蓮太郎は仮面の男に殴りかかるも、仮面の男には傷1つ付けられない。

圧倒的、力の前になすすべもなく崩れる蓮太郎。

仮面の男は『私は世界を滅ぼす者。誰にも止める事は出来ない。』と言い残し蓮太郎の前から去って行く……。

蓮太郎が殴りかかっている最中に、技名を叫んでる事に、ちょっと笑ってしまいました…。技名を言わないと殴れないのか…!そういうアニメなのか…!?と思ってしまいます。第1話から主人公が全く歯が立たない相手が現れているのですが…幸先が不安ですね…

もしかして、蓮太郎君って…弱いのかな…?

イニシエーター

『感染者』が街中をうろついていると言う情報を得た蓮太郎。その時、感染者と接触している赤い髪の毛の一人の少女がいた。彼女の名前は『藍原延珠』。

そう、彼女こそが里見蓮太郎の『イニシエーター』だったのです…。

『感染者』がガストレア化し、延珠に襲い掛かる。その時、蓮太郎が現場に追いつき…延珠と共にガストレアを撃破する事に成功する。

『イニシエーター』とは、『ガストレアウイルス』と抑制因子を体内に宿す事でガストレアに対抗する力を持った『少女』だそうです…。『少女』しか…イニシエーターにはなれないのでしょうか…?

少女を道具として使うか、相棒として使うか…人によって違いそうですが…道具として使う場面を見たくないですね…。ちなみにですが、藍原延珠はイニシエーター。里見蓮太郎は『プロモーター』です。

イニシエーターを所持出来るのがプロモーター(民間警備会社)と言う事なのでしょうね。

ガストレアウイルス

ガストレア研究家である『室戸菫』の元へ向かう蓮太郎。室戸菫はガストレアについて、こう話す。ガストレアウイルスは全ての理論を覆す。
ガストレアウイルスがDNAを書き換えて行くスピードは規格外…。

ウイルスの体内浸食率が50%を超えてしまうと…人はガストレアとなってしまう…。その過程で『オリジナル』の能力を生み出す個体もある。蓮太郎は、室戸菫からガストレアについて様々な情報を得る事に…。

ガストレアウイルス…オリジナルの能力を生み出す…。本当に未知のウイルス。未知の生命体なのですね…。この、室戸菫さんなのですが…狂気じみているように見えます…!勝手な感想なのですが、見た目と食べている物が…中々怖いです…!蓮太郎君は、いつでも真面目で真剣な顔をしていて、素敵です。

『 ブラック・ブレット (BLACK BULLET) 』第1話 「最後の希望」感想

まず初めに思ったのが、OP曲がカッコ良過ぎて…何回でも聴きたくなりました!『BLACK BULLET(ブラック・ブレット)』の世界観なのですが、かなり暗いですね…。ガストレアに壊滅状態にさせられて、希望も少ない状態ですから当然と言えば当然なのですが…。

人がガストレア化するシーンは、かなりグロテスクだと感じられました。苦手な人は本当に苦手だと思うので…視聴を控えて下さいね…。

しかし、雰囲気が暗かったり、グロテスクなシーンもありますが…延珠が可愛いです。とびっきりの笑顔を延珠が見せて下さいますし、延珠による蓮太郎を誘惑するシーン等もあるので…『少女』が好きな方にはたまらないはずです…!

『少女』が好きな方は、グロテスクなシーン等を我慢してでも見る価値はあるかもしれませんよ…!!

『BLACK BULLET(ブラック・ブレット)』第1話ですが、筆者にとっては面白かったです。筆者は蓮太郎が、真面目で心優しい青年である事に好印象でした。そして最初から負けると言う…『強さ』が余り感じられない主人公なので好きです。

蓮太郎がこれから、力強く成長して人々を守って行けるかどうか…見物ですね。

文章:kyouei-サイコ高橋

「幼い少女がヒロイン=萌えアニメ」ではない!ダークだけど勇気を貰える作品「 ブラック・ブレット 」

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。