TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第4話「見なかったことにしよう……」【感想コラム】

TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第4話「見なかったことにしよう……」【感想コラム】

絶賛放送中の春アニメ『多田くんは恋をしない』も第4話を迎えました。この間放送がはじまったばかりだと思っていましたが、早いものですね。ここまでのお話では、各キャラクターの大まかな人となりがわかった感じでしたね。

第4話は女性の胸をこよなく愛している写真部の部長・ピン先輩と、そんなピン先輩に振り回されることが多い委員長の担当回でした。そして、今回はついに大人気グラビアアイドルHINAの正体も明らかになりましたね。一体誰なのでしょうか?

それでは早速見てゆきましょう!

HINAのお渡し会当選に大興奮!

今回はピン先輩の興奮っぷりがすさまじかったですね。HINAのお渡し会に当選して喜びが爆発していた先輩が、HINAの魅力を語るシーンは圧巻でした。テンションの高さやおおげさな動きがピン先輩をコミカルに見せていましたね。HINAのポスターを眺めながら、その魅力を熱弁する姿に周囲は圧倒されていましたね。

そんな熱弁を前にして、ちょっぴり居心地が悪そうにしている人がいましたね。そう、委員長です。ピン先輩の熱弁を聞いて頬を赤らめる委員長。居心地が悪いというよりは、どこか恥ずかしそうな様子でしたね。これまでの話でも見られましたが、委員長はよく恥ずかしそうにしていますね。かわいいです!

お渡し会への参加を前にテンションを上げていたピン先輩ですが、どうやら女性への耐性がないみたいです。女性の裸体や胸をこよなく愛し、将来はヌード写真家を目指しているにもかかわらず、実際に女性と接するのは苦手なんですね。今回のお渡し会でも、HINAを前にして緊張してしまわないように「お渡し会に行く練習」をしていました。

その練習に付き合ったのは委員長でしたね。練習の段階からしどろもどろになっているピン先輩を見かねていろいろとアドバイスをしていました。「HINAじゃなくて私だと思って言ってみて」というセリフと、そのあとの一連の流れに垣間見える委員長の表情にドキドキしてしまいました。

HINAの正体が発覚!

視聴者のなかには気づいている人もいたと思いますが、ついにHINAの正体が明らかになりましたね。なんと、グラビアアイドル・HINAの正体は委員長でした!正体を看破したのはアレクでしたが、アレクは第2話の初顔合わせのときに何となく気づいている様子を見せていましたよね。あのシーンを見て「HINA=委員長」だと気づいた人は多いのではないでしょうか?

というか、あのシーンは視聴者に「HINA=委員長」だということを気づかせたいような描き方をしていましたよね。委員長が赤面し、その様子にアレクが首をかしげるというなんとも露骨な構図でした。

さらに付け加えるなら、テレサやアレクに比べて委員長だけがボディラインをあやふやに描かれていましたよね。「HINA=委員長」であることが明らかになったので言えることですが、やはりボディラインからHINAであることを悟られないようにしていたのでしょうね。

HINAの正体を暴いたアレクの何気ない一言「なぜみんなわからないんでしょうか?」は、視聴者の声を代弁しているようで面白かったですね。まさに筆者か思っていたことでした(笑)

ピン先輩、ガチガチになる

TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第4話「見なかったことにしよう……」【感想コラム】

画像引用元:©TADAKOI PARTNERS

事前練習をして、言うことを書いたメモまで用意したピン先輩。伊集院や山下のアドバイスに従ってファッションにも気をつかいました。写真はNG、手以外は触っちゃダメというルールもおさらいしていました。委員長からどうしても緊張してしまったときの対策も教えてもらっていましたね。

ちょっとやりすぎではないかと思うレベルの準備をして、お渡し会当日を迎えました。お渡し会の会場となる書店の前に集まっていた写真部の面々。その前にピン先輩は颯爽と現れました。

クソダサファッションで!

近年まれに見るイタいファッションセンスでしたね。「これと悩んだんだが」と言って見せてくれたもう一方の選択肢もこれまたキツかったですね。

先行きが思いやられる登場でしたが、多田くんの尊い犠牲によってファッションは事なきを得ましたね。ぎこちない足取りでHINAのもとに向かったピン先輩でしたが、用意していたメモを忘れたことに気づき、真っ白になりました。真っ白になる直前の驚いた表情は、『うる星やつら』のメガネを意識した描かれ方になっていましたね。

緊張でてんやわんやになっているピン先輩を見かねた委員長、もといHINAは「どうしても緊張するときはどうするの?」と声をかけます。この一言で「HINA=委員長」だということに気づいたかな、と思ったのですが気づきませんでしたね。

ピン先輩と委員長の関係が大きく進展するのはまだ先になりそうです。

テレサが隠しているものとは?

委員長の正体がHINAであることを知り、また委員長がピン先輩に対して抱いている想いに触れたテレサは、自身が写真部のみんなに真実を秘めていることを気にします。これまでのお話でも、テレサが「何か」を隠しているような描写がありましたが、まだ詳細はわかりません。こちらも徐々に明らかにされてゆくでしょう。

また、今回はアレクの恋を示唆するような一幕がありましたね。「アレクは恋をしたことがあるの?」というテレサの問いをはぐらかそうとしただけのシーンでしたが、何かしらの経験があるのは確かでしょう。おそらく、今後登場する新キャラクターに関連するのでしょう。

わからないことが多いため明言ができないですが、まだまだ先は長いのでじっくりと視聴してゆきましょう。

アニメ『 多田くんは恋をしない 』第4話「見なかったことにしよう……」の感想

TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第4話「見なかったことにしよう……」【感想コラム】

画像引用元:©TADAKOI PARTNERS

今回はピン先輩と委員長の担当回でしたね。幼馴染という関係とHINAという偶像が絡み合い、絶妙な行き違いを見せてくれていました。ただ、委員長がピン先輩にゾッコンなことはよくわかりました。アレクも言っていましたが「好きになったら負け」なんですね。

第4話の筆者イチオシポイントは、アレクの乙女な一面としぐさですね。多田くんの妹・ゆいに借りた恋愛小説『ひまわり急行 恋する事件簿』にハマり、委員長の恋の行方を気にしているところなんて、かわいい以外の何物でもないですね。

あと、何かをごまかそうとしたり、はぐらかそうとしたりするときに出る左腕をさするしぐさもイイですね。第3話が初出でしたが、これからもどんどんあのしぐさを見せてほしいところです。

次回は誰の担当回になるのでしょうか?予告を見る限りでは、伊集院とアレクっぽいんですけどね。

来週も楽しみですね!

TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第3話「それ、好きだなあ」【感想コラム】

2018年放送アニメ感想一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

タングステン

大学生をしながらライターをさせていただいている「タングステン」と申します。アニメ・ゲームなどに関するいろいろな記事を書かせてもらっていますが、特にアニメ楽曲の記事が多いように思います。あとは、音ゲー大好きマンなので、音ゲーのプレイレポートも書きます。拙い文章かもしれませんが、精一杯書いております。