『 アイカツフレンズ! 』 第5話「蝶のように舞花!」あいねがどんどん評価されて盛り上がってきたじゃない【感想コラム】

『 アイカツフレンズ! 』 第5話「蝶のように舞花!」あいねがどんどん評価されて面白くなってきたじゃない【感想コラム】

『 アイカツフレンズ! 』 第5話。あいね&みおを少し掘り下げ、おそらく視聴者の心も掴んだだろうこのタイミングで、新キャラクターの回です。スキのない構成ですね。

ラブミーティアのイベントMCオーディション

冒頭から登場する金髪のエマちゃん、紫髪の舞花ちゃん。
舞花は祭りときくと、居ても立ってもいられない娘のようです。

あいねは、シュガーメロディをもっと知ってもらいたい――と考えます。
そのために、ラブミーティアのイベントMCオーディションに参加します。MCとして活躍すれば、シュガーメロディの宣伝にもなるからです。

失敗してしまい

エントリーシートを書いたり、面接の練習をしたり……。
そして、オーディション当日。
会う人会う人に話しかけ、どんどん仲良くなっていくあいね。
さすが、友達作りの天才です。

ところが、面接では緊張してしまい……。
けれど、その様子をラブミーティアのミライはこっそり見ていました。

面接に失敗した――と落ち込むあいね。
そこに現れたのは、舞花でした。

失敗してもいい、全力でやろう!

「そんなつまらない顔、見てるほうがしらけるよ」

と、厳しくも優しいアドバイスをする舞花。
ハッとなったあいねは、ダメでもともとの参加なのだから、と吹っ切れて次の選考に進みます。

残念ながらダンスの審査で落ちてしまいますが、すべてを出し切ったあいねは、満足そう。
そして、美しいダンスを踊る舞花を見ます。

まさに、“蝶のように舞花”ですね。

蝶のように舞花

今度はあいねから舞花に話しかけます。
その他の人たちにも話しかけ、「ステキでした」と嬉しそうなあいね。

周りの人のことをよく見ていて、その人の凄い部分や好きな部分を見つけるのが上手です。
そんなあいねに、舞花は興味を覚えるのでした。

頑張ったご褒美として、あいねは別の仕事をゲットします。
小さいけれど、それはステージで。

失敗するにしても、すべて出し切る!
と、楽しそうに全力を出し、結果、ステージを成功させるあいね。

その様子を、舞花は見ていました。

今度はあいねが助ける

『 アイカツフレンズ! 』 第5話「蝶のように舞花!」あいねがどんどん評価されて面白くなってきたじゃない【感想コラム】

画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

なんと、舞花は方向音痴のため最終審査の場所につけずにいたのです。

そこで、今度はあいねが助けます。
顔の広いあいねには、大人の友達もいます。

車に乗せてもらったり、一緒に走ったり。
あいねの助けがあって、無事に会場へ着く舞花。最終選考も突破し、見事MCに選ばれます。

けれども、今回のライブシーン担当は、ラブミーティアのお二人。
舞花のライブはもうちょい先まで、引っ張るようです。早くみたいですね。

イベント後、ラブミーティアは舞花のMCを評価します。
舞花はお礼を言いつつも、あいねのおかげだと言い……。

後日、舞花から話を聞いたエマも、あいねに興味を持ったのでした。

あいねの株がどんどん上がりますね。
あいねを上げるけど、代わりに誰かを下げる――ということがないので、安心して全員を好きになれちゃいそうです。

1話1話の構成もしっかりしていますし、「フレンズ」というテーマもきちんと描かれています。

とっても面白く、先の気になる作品です。曲もいいですよね。

筆者は、今の所「ありがと⇄大丈夫」が好きです。
サビで手を上げるところのふりつけが、可愛すぎです。

それから、シリーズ恒例の決め台詞。

「盛り上がってきたじゃない」「舐めるのはアメだけにして!」

熱いです。

そして、次回はエマちゃんです。

今度こそ、舞花&エマのライブが見れるのでしょうか?楽しみです。

『 アイカツフレンズ! 』 第4話「憧れのマイブランド」デザイナーの想いをまとい、ステージへ【感想コラム】

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。