TVアニメ『 魔法少女 俺 』第5話「魔法少女☆旅行中」【感想コラム】

TVアニメ『 魔法少女 俺 』第5話「魔法少女☆旅行中」【感想コラム】

前回『 魔法少女 俺 』のCパートで某番組のパロディ風で始まり藤本がフューチャーされて、最後に藤本の弟たちが登場したシーンで終わりました。そして次回予告で

さき「なんか普通の予告編…」

桜世「何かあるよね…」

と不穏な空気が漂っていました…。それでは不安ですが第5話スタートです!

おそ○さん!?

スタジオひろえの版権管理部での出来事から始まりました。上司の人が

「お前バッカじゃねぇの!?6人兄弟で色同じだったらどう考えてもパクリだろ」

と怒鳴りました。そして、その怒られた人が「ごめん。駄目だった」と藤本に電話しました。

藤本が「現時刻をもって5話のシナリオコンテの廃棄が決定した」

と兄弟たちに告げました。何と藤本兄弟たちはマンガを書いていたのでした。

突然の変更に兄弟たちはあーだ、こーだと議論し

「決定は覆らん!現在の作業をストップ!各スタッフへ連絡を!我々は職務を遂行しよう」

と言う結論に至りました。そして藤本がカーテンを開け

「そうだ…奴が目覚める前に…」

とつぶやいた先には謎の巨大生物が…。

シン・○ジラ!?

TVアニメ『 魔法少女 俺 』第5話「魔法少女☆旅行中」【感想コラム】

画像引用元:© 毛魂一直線・ふゅーじょんぷろだくと/魔法少女俺製作委員会

神奈川県宮ヶSAY湖から発生した謎の巨大生物、通称チヂラは上陸し北東へ移動して、相模OH野にて超常的破壊光線を拡散し、街を壊滅させました。

チヂラは北東へ移動を続け、政府は東京上陸を阻止すべく多摩川を最終防衛線とし多摩作戦を敢行しました。巨大生物に対し多数の砲撃を加えた結果、南多摩府近にて活動を停止させることに成功しました。

巨大生物から人のDNA情報が…

18時間前、攻撃により回収された巨大生物の肉片データから体液の中に人のDNA情報が確認されました。そのDNA情報が解析され、偶然にも1人の日本人と合致しました。杉並のアニメーションスタジオで制作デスクを担当している千葉慎三という人物だった…。

彼は3日前から行方不明になっており、宮ヶSAY湖駐車場にて千葉氏が乗り捨てたと思われる会社の車が発見されました。その車の中にはオンエア直前の原画上がりが数カットとメモ書きが残されていた…。

原画の仕上がりに絶望して宮ヶSAY湖に身を投げ湖の謎の生物と奇跡の遺伝子合流を果たしたと思われたが、どうやら千葉氏は原画回収後に、宮ヶSAY湖で歩きながら某スマホゲームで珍しいモンスターを採取していて、不幸にあったと推測されました。

巨大生物の目的とは…

巨大生物チヂラは行方不明の千葉氏の意思を何らかの形でトレースしているようで最終目的地が杉並と判断されることになりました。

千葉氏の原画回収の意地、もしくは帰巣本能がそうさせるのか…。自分が所属していたスタジオに戻ってくるというのです。

「ある意味社畜、アニメ制作者の鑑だな」と対策本部の1人が言いました。

TVアニメ『 魔法少女 俺 』第5話の感想

TVアニメ『 魔法少女 俺 』第5話「魔法少女☆旅行中」【感想コラム】

画像引用元:© 毛魂一直線・ふゅーじょんぷろだくと/魔法少女俺製作委員会

桜世が次回予告で「何かあるよね」と言った通り、第5話はパロディ回でした…。おそらく多くの人が期待していたキャッキャウフフの水着回ではなったので苦情も多そうですね。

版権管理部での出来事から始まったので、あれ?修学旅行の回では?と筆者も困惑しました…。

藤本兄弟のマフラーの色がおそ○さんの6人兄弟と同じ色でパクリだろうと議論していましたが、そもそもその議論している人たちの絵のタッチがおそ○さんでしたよね(笑)

そして今度はシン・○ジラをパクっていました。筆者は本物の方を観た事があったので何とかわかりましたが、全く知らない人にとっては何を観せられているのだろう…と感じたことでしょうね!

あとは分かる人には分かるというネタで藤本兄弟の声優たちがエヴァ○ゲリオンの声優で固められていました。

第5話は神回と言う人とカオス回と言う人に分かれると思います。次回は予告では温泉回という事で本来の『 魔法少女 俺 』に戻ってくれる事を期待しています!

文章:kyouei-弥生いろは

TVアニメ『 魔法少女 俺 』第4話「魔法少女☆対改造人間」【感想コラム】

2018年放送アニメ感想一覧をチェック

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。