『 アイカツフレンズ! 』 第6話「日向エマージェンシー!?」あいみおの夫婦感、エマちゃん、大人組など丁寧な描写【感想コラム】

『 アイカツフレンズ! 』 第6話「日向エマージェンシー!?」あいみおの夫婦感、エマちゃん、大人組など丁寧な描写【感想コラム】

今回の『 アイカツフレンズ! 』は、日向エマ、本格参戦!エマちゃんだけでなく、ほかの娘たちも魅力的すぎる回です!

日向エマはラクロスの日本代表候補

冒頭、日向エマちゃんのインタビューをするあいね&舞花。
日向エマは中3で、あいねたちの一個上。しかもラクロス部で、日本代表候補の実力者です。

あいねのステージを見て、興味をもってくれたTV局の人がオファー
ということがあり、今回の仕事が決まったようです。

それにしても、日向エマは「えもい」とか言い出しそうな容姿ですよね。

アイドルとラクロスの二刀流

「どっちも極めようと思っているよ」

と、アイドル・ラクロス双方を頑張るエマ。
これはラクロスをアイドルに活かす回とか、きそうですね。
どちらかではなく、好きなものをすべて頑張ることで実力を発揮するタイプなのでしょうか。

あいねはそんなエマと、ラクロスで勝負することに。
初心者のあいねですが、

「お姉さんに任せなさい」

とエマにサポートしてもらい。
頑張るあいねの姿に、「あいねちゃんにハマっちゃったよ」とエマ。早くも友達になりました。

来ちゃった❤

そこにたまきさん登場。
お仕事を頑張ったみんなを、サプライズのキャンプへご招待です。

車内では、みおが「来ちゃった」と1人待機。
もう完全にあいねの嫁ですね。

ところが、エマ&舞花と仲良くなっているあいねを見て、なにやら嫉妬?

そんなみおを見て、察しちゃうお姉さんなエマ

メチャうまいダケ

エマ「あーっ! あんなところに松茸の100倍美味しいというメチャうまいダケが!」

舞花「そんなレアな食材があるなんて、盛り上がってきたじゃない!」

と、エマは舞花とキノコ探しに出かけ、みお&あいねを買い出しに行かせます。

あいねと2人きりで買い物ができて、生き生きとしてるみお
彼女ですか嫁ですね。

舞花は気づいていた

そして実は。

舞花「メチャうまいダケって。嘘にしても雑すぎでしょ」
エマ「あれれ? 本気で信じていたんじゃなかったの?」
舞花「そこまでオマヌケじゃないわよ。なめるのはアメだけにして!」

舞花もみおの様子に気づき、エマの策に乗っかっていたのです。

みおはあいねとのキャンプを楽しみにしていた。
それに気づいたエマ、さすがです。
そして、みおをそんな風にさせるのは、あいねの友達力だ、とエマは言います。

メチャうまいダケのオチ

食事もトレーニング!、と野菜も食べるみお。
食べても太らないエマ。
体重が怖い大人のお姉さん組。

などなど、食事シーンでも個性が溢れています。

あいね「そういえばメチャうまいダケは?」

と、本気で信じていたあいね――なんてオチもあり。
舞花はエマの見間違いだと誤魔化し、ココちゃんに聞いちゃうあいね。

「ヒットしませんでした」
「ココはダメな娘です」

なにこのナビ、可愛い。

負けないから

『 アイカツフレンズ! 』 第6話「日向エマージェンシー!?」あいみおの夫婦感、エマちゃん、大人組など丁寧な描写【感想コラム】

画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

夜はちょっぴりしんみりと。
エマはみんなの夢をたずねます。

ダンスをもっと磨き、ダンシングミラージュのミューズになるという舞花。
エマは、ラクロスとアイドルで日本一になると言い、みおは「負けないから」なんて、友と書いてライバルと読むような関係。
あいねも、みんなと肩を並べるアイドルになりたいと言います。

とまあ、エマがみんなのお姉さんな回でしたが――帰りの車内では、みんなと一緒に寝落ち
それを見守る大人たちのシーンも描かれて。

今週もみんなが可愛かったです。

・舞花の口癖はやっぱり「~じゃない」
・みおの「それってアイカツ?」というシリーズファン向けのセリフ
・察したエマと、それに気づいていた舞花(裏方もしっかり描く)
・大人たちの描写もしっかりしている
・ココちゃん可愛い
・あいみおの夫婦感

見どころいっぱいの回でした。

「蝶のように舞花!」ときて、「日向エマージェンシー!?」、さらに来週は「ミライへ続く道★」。
サブタイトルもうまいですよね。
メインとなるキャラ名を入れつつ、内容も表しているタイトルのセンス。

控えめに言って、最高です。

『 アイカツフレンズ! 』 第5話「蝶のように舞花!」あいねがどんどん評価されて盛り上がってきたじゃない【感想コラム】

2018年放送アニメ感想一覧をチェック