覇穹 封神演義 第17話「普賢真人」スープー谷のスープーパパ登場【感想コラム】

覇穹 封神演義 第17話「普賢真人」スープー谷のスープーパパ登場【感想コラム】

ここまでの流れ

・王天君の寄生宝貝でみんなピンチ
・楊戩、父と師をなくす
・十天君撃破
・太公望、全員で聞仲を袋叩きにする作戦を考える

そして今回、ついに聞仲が動きます。

回復しないみんな

多くの十二仙と楊戩 (ようぜん)たちは、元始天尊の元へ集合します。
しかし、王天君を倒したはずなのに、みんなはダニの寄生から回復していませんでした。

まさか妲己の宝貝だった?
怪しむ楊戩。

太公望は、回復次第、聞仲への攻撃のため集まるよう指示しますが、これでは戦うことなど出来ません。
けれど、太公望には策がありました。

四不象の過去

覇穹 封神演義 第17話「普賢真人」スープー谷のスープーパパ登場【感想コラム】

画像引用元:©安能務・藤崎竜/集英社・「覇穹 封神演義」製作委員会

なんとそこに、四不象(スープーシャン)の父が登場。

スープー谷の四不象に、スープーパパ、スープーママ。
四不象はどう見てもムーミン谷が元ネタな場所で、暮らしていました。

スープーパパは元始天尊を乗せるという仕事で稼ぐ、一家の大黒柱でした。

ある日、金鰲島の趙公明(ちょうこうめい)が強敵を求めて谷を襲撃します。

彼はエピソードとしてはカットされてしまいましたが、聞仲・妲己に並ぶ金鰲三強の一角です。
美人三姉妹こと、雲霄三姉妹の兄でもあります。

十天君を倒したあの美人三姉妹は、三人そろうと趙公明に匹敵すると言われています。
つまり、趙公明はそれほど強いというわけです。

そんな趙公明を追い払ったのは、スープーパパに乗った元始天尊だったのですが。
その戦いでパパは負傷。仕方なく、四不象が太公望とともに旅立ったというわけだったのでした。

……四不象に給料がはいっている様子はないんですけどね?

スープーパパの能力

とにかく、四不象の一族は大人になると、変身することが出来るようになります。
変身形態では、宝貝エネルギーを吸収し食べるということが可能です。
これにより、体力を奪うダニの効果を消去。全員、復活です。

聞かれている

楊戩は元始天尊に改めて聞きます。

封神計画とはなんなのか。
人間界のため?
妲己を倒すため?

本当はなんなのか。

もし妲己を倒すためなら、はじめから全仙人を投入すればそれで済んだのでは?
と。

しかし、元始天尊は言います。

聞かれている、と。

それから気配が去ったと言い、続けます。

真の狙いを気づかれてはいけない。何も知らないフリをしなければならない――と。

その敵の名は、歴史の道標

元始天尊に仙人界を創るよう仕向け、妲己となにかをやっているアレです。

普賢、睡眠薬を飲ませる

覇穹 封神演義 第17話「普賢真人」スープー谷のスープーパパ登場【感想コラム】

画像引用元:©安能務・藤崎竜/集英社・「覇穹 封神演義」製作委員会

一方、普賢真人(ふげんしんじん)は太公望に睡眠薬を盛ります。
聞仲の後も、妲己との戦いが控えている。だから、太公望はまだ死ぬべきではないのだと考え、一人で聞仲の元へ。

聞仲に対しては話し合いを提案します。
一度は乗る聞仲でしたが――。

・殷は妲己によって崩壊し、民の信用を失っている
・故に協力して妲己を倒し、国を周として建て直すべき

普賢の提案を、聞仲は拒否。

殷で育ち、殷に尽くしてきた聞仲にとっては、国は殷でなければならないのです。
たとえ望まれているのが周という新しい国と、新しい王であったとしても。

妲己も、仙人界も、殷のために滅ぼす
その硬い意思は、何者であっても崩すことは出来ません。

そして、太公望は自分を刺して眠気から復活
彼もまた、普賢は死ぬべきではないと考えます。

太公望は一人で時間稼ぎをしている普賢の元へ、戻っていくのでした。

いよいよはじまるVS聞仲。

太公望は間に合うのか。十二仙たちは間に合うのか。

そして、この戦いの結末は?

聞仲の友であった男・黄飛虎(こう ひこ)のことも忘れずに!
ここから先、見逃せない展開が続きますよ!!

覇穹 封神演義 週刊感想コラムのまとめ