熱い歌の饗宴!超お勧めのアニソンバラエティ番組「 Anison Days 」!

熱い歌の饗宴!超お勧めのアニソンバラエティ番組「 Anison Days 」!

もうすぐ梅雨が始まりそうなはっきりとしない、お天気が続く今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか?

いつもの連載コラム『熱血アニメ列伝』ならこのイントロダクションの部分で「そんな鬱陶しい梅雨始まりの気分を吹き飛ばす!」みたいな流れで、熱いアニメ作品を紹介するのですが……。

今回は、いつもの『熱血アニメ列伝』はお休みして(最近落とすこと多くて本当にごめんなさい!)、今あすかさん(このコラムの筆者です)が、一番お勧めする、アニメソングの番組をご紹介します!

いやあ、許されるなら……『熱血アニメ列伝 超外伝!』とかタイトルに付けたいぐらい(笑)。今回紹介するこのアニメソングバラエティ番組は熱い内容なのですよ!ふんす!

興奮する気持ちを抑えつつ……まずは今回ご紹介する番組の概要からいってみましょう!

森口博子さんと酒井ミキオさんによるアニソンバラエティ番組!『 Anison Days 』とは?

今回ご紹介する、アニソンバラエティ番組は、BS11で毎週月曜日の23時から23時30分まで放送されている『Anison Days』です!

メインMCは、『機動戦士Zガンダム』の後期OP主題歌、「水の星へ愛をこめて」でデビューし、その後数々のアニソンを歌っている「森口博子」さん!

もう一人のメインMCは、数々のアニソンを手がけ、様々なシンガーに楽曲提供を行うミュージシャンでもあり、更にこの番組のライブ演奏シーンで活躍する「ミッキーバンド」のバンマスも勤める「酒井ミキオ」さん!

このお2人の軽快なトークが、毎週違うゲストアーティストと共に行われ、そのゲストアーティストさんの持ち曲のアニソンの秘話や、そのゲストさんにとっての心に残る(子供の頃に見た、とか)アニソンがおおいに語られます。

更にそんなゲストさんゆかりのあるアニソンを実際に、森口さんやゲストさんが「ミッキーバンド」の生演奏で、スタジオライブを披露する、と言うのが番組の基本構成です。

更に、番組ではゲストさんにちなんだ「○○特集」と題して、トークテーマが決められます。

番組があらかじめ選んだそのトークテーマに則したアニメソングの一覧を見ながらゲストさんが「この中で印象に残ってる曲」などと言ったフリで、何かのテーマについて語ったりもします。それが、ライブ歌唱の前フリにもなったりします。

大体、メインMCお2人が、ゲストさんやトークテーマに則したアニソンをそれぞれ一曲ずつ、ゲストさんが時に森口さんと一緒に歌ったりしながら2曲歌うのが定番となっているようです。

アーティスト達の真剣勝負と贅沢なコラボレーションが何より熱い!

熱い歌の饗宴!超お勧めのアニソンバラエティ番組「 Anison Days 」!

画像引用元:(C) 2007-2018 Nippon BS Broadcasting Corporation. All Rights Reserved.

番組概要、というか、1回の放送での構成を前項で紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

自分は普段『熱血アニメ列伝』という、「熱血系」と呼ばれているアニメ作品を紹介していくコラムを書いている訳ですが。それらで扱う作品と同じぐらいに、この番組を見ていると、個人的にはとても胸が熱くなっていきます。

その理由は、勿論アニメソングのもつ力の偉大さもありますし、出演されているアーティストさん達の熱いシャウトそのものが、心に響く、という事もありますが。

この番組では、メインMCの森口さんや酒井さんが、ゲストさんと歌唱コラボを行うのが1つの目玉になっています。更に、他の番組ではまず聞かれない、ゲストシンガーさんのカバーソングが聞かれる、というのも大きな魅力ですよね。

この魅力の部分は、昨年(2017年11月9日)放送の「福山芳樹」さんがゲスト出演された回を例にして語っていけば、あるいはこれを読んでいる皆さんにも伝わるかもしれません。

福山さんは、『マクロス7』における「歌バサラ」としても有名で、『熱血アニメ列伝』初期に『マクロス7』を書いたぐらい、この作品をリスペクトしている筆者ですが。

この時に福山さんが歌ったのは「May’n」さんが『マクロスF』で歌唱していた「ダイヤモンド クレバス」でした。

実は、この放送回の一月ほど前に、この番組に「May’n」さんがゲスト出演。

その時に「May’n」さんの口から「福山さんがいなかったら、May’nはいないです!」とのリスペクト発言がなされ、その流れで福山さんの代表曲の一つ『マクロスダイナマイト7』の「ANGEL VOICE」を「May’n」さんがカバー歌唱。

この「May’n」さんの福山さんへのリスペクトと熱い思いを持ったカバーに対する、福山さんのアンサーがまた熱い!そのアンサーこそがこの回の福山さんのカバー歌唱である「ダイヤモンド クレバス」だったのです。

そう、つまり、これはMay’nさんのカバー歌唱に対する「カバー返し」!福山さんが「カバー返し」を「返してやるぜ!」と(この時点で「カバー返し」は番組開始以来、初めてのこと)意気込みを言います。

更に「俺の歌を聴け!」との(『マクロス7』主人公キャラ「熱気バサラ」の作中での定番台詞)コメントと共にVフリ。福山芳樹さんの「ダイヤモンド クレバス」がスタート!

バラード調の曲でありながら、菅野よう子サウンドの代表曲の一つであるこの曲を福山さんのあのバサラの声で歌唱されてるとか!!!この回の放送は録画したものを何回も見てしまった程、まさに激熱!!!

ちょっとこれ、100億チバソング(『マクロス7』内の歌の持つエネルギーの数値)超えてるんじゃね?中の人的に、「熱気バサラ」と「シェリル・ノーム」が互いにカバーしあってるって事やんけ……尊い……!と、どれだけ胸を熱くした事か。

あくまで、この福山さんの回の様子は、ほんの一例です。番組は、様々なアーティストさん達が、「え?こんな曲を?」と言ったカバーをして、それだけでも十分に驚きや感動を見ている人に与えています。

後は、何と言っても、メインMCの森口さんの力が絶大なんですよね。

アニソン界、いや、日本の音楽シーンにおいてもトップの歌唱力を持っていると言っても過言ではない博子さんが、ゲストシンガーさんとコラボをしたり、まず他の番組では聞かれないアニソンカバーの披露を見られるってだけで超胸熱です。

ミッキーバンドの演奏力も勿論高いですし、番組に出演される方の歌唱力も毎回高く、そう言った「歌番組」的なクオリティもちゃんと高いレベルである事も、この番組の魅力の1つと言っても差し支えないでしょう。

この番組がこの2人で良かった……!メインMC森口&酒井が素敵過ぎる!

熱い歌の饗宴!超お勧めのアニソンバラエティ番組「 Anison Days 」!

画像引用元:(C) 2007-2018 Nippon BS Broadcasting Corporation. All Rights Reserved.

何だか、構成的にほぼいつもの『熱血アニメ列伝』と変わらない感じになってしまいましたが、この『Anison Days』の魅力、皆様に少しでも届いていると、とても嬉しく思います。

番組の魅力は前項的な「熱血系」な魅力だけでは勿論ありません。

毎回本当に多彩なゲストが出演していて、筆者が全く知らないような最近のアニメ作品の主題歌を歌うシンガーさんなども登場するので、最近のアニメに熱い思いを持っている方も間違いなく楽しめる番組だと思っています。

アニメソングを扱う、バラエティ番組ってなかなかありませんが(CSの『アニぱら音楽館』も既に終わってしまった番組ですしね……)、この番組はこれからもし、アニメソングを扱う番組が増えた時のステロタイプになってくれる事を願っています。

何より、この番組が成功している一因はメインMCのお2人の力が大きい事を最後に語って終わりたいと思います。

森口さんはコラム冒頭でも書きましたが『機動戦士Zガンダム』の後期OP主題歌でデビューして以来、元祖バラドルとして有名になった後、女優業などもしていて、その名を馳せている方ではありますが。

「普通の曲は時が経つと忘れられる事が多い中、アニソンは何十年経ってもファンが愛してくれる」と言った、アニソンの力を身をもって実感している方でもあるんですよね。

そんな森口さんを支える、もう一人のメインMCの酒井ミキオさんは、実はこの番組を見るまであまり自分が見ている作品的には縁があった方ではないのですが。

番組を見ていると、そのほんわかとしたお人柄と、トークの時に出てくる小さなキーボード、通称「ミッキーボード」を使って即興で色々と楽しそうに歌っている様子もとても素敵です。

また、音楽理論や、コード(○○系の歌はこんな風なコード、と言うお話を良くされています)の話等も、視聴者に分かりやすく説明してくださったりと、ミュージシャン的な面から、番組をささえる彼の実力も垣間見えて、毎回感心させられます。

そして、何と言ってもキーボードや歌の実力も森口さんやゲストシンガーを引き立たせる超高レベルなんですよ!

更に、この番組で行われる数々のカバー歌唱の演奏は、この酒井さんのアレンジで行われており、彼のアレンジャーとしての力量も垣間見えて、本当に酒井さんがこの番組の出演者で良かったな、と思える瞬間のひとつなんですよね。

この2人がメインMCをしていなかったら、この番組の雰囲気はまず成立していないよなあ……と、見ていて思う事も多々ある訳です。

こんな素敵な熱いアニメソング番組『Anison Days』。概要でも書きましたが「BS11」での放送と言うことで「ええ~?うちBS見られないんだよ!」と言う方もあるいは多いかもしれません。

しかし!「BS11オンデマンド」において、番組放送から2週間限定で、無料配信がされていますので、BSを見る環境の無い方は、是非

https://vod.bs11.jp/video/anison-days/

のサイトでチェックしてみてください。

勿論、BSを見られる環境にある方は、実際に番組を見て、出来れば録画してご自分の好きなアーティストさんがゲストの回を何度も見る、なんて事も超お勧めです!

2017年アニメのアニソンを振り返ってみよう!おすすめの12曲

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あすかつぐよし

あにぶさんで独自路線「熱血系」を突っ走ってるあすかつぐよしと申します。 古参オタなゆえ、昔の作品もくまなく網羅。しかし、ちゃんと最新のアニメ作品もチェックしてます(偏りはあるけどな!)♪ スパロボ、特撮、猫、歌、そんなジャンルが好きな方ならきっとあすかのコラムは気に入る筈! あにぶさんのライターを正々堂々試合開始で過激にFire!!ランキング1位に向かってブーストオンだ!!