TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第11話「特には何も」【感想コラム】

TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第11話「特には何も」【感想コラム】

前回の『 多田くんは恋をしない 』ではデートを経て、テレサとアレクが帰国してしまいましたね。今回放送された第11話はテレサとアレクがいなくなってしまったあとの話です。もう、どう考えてもつらい展開になることが予想されますね。見る前から気分がブルーです…

ですが、この第11話の展開が終盤に残されている物語、そして結末がどうなるかを決める分水嶺だと思います。今回で多田くんがどのような行動・決断をするのか、それがこの物語の行き先を決めるのです!

というわけで、そんな今後の物語を左右するかもしれない第11話を見てゆきましょう!

テレサが去った今、空は雨模様

テレサとアレクが帰国してしまったことを受け入れることができない様子の写真部の面々。テレサたちが住んでいたマンションに行ったり、多田くんの家から2人が住んでいた部屋を覗いたりしていましたね。もちろん、2人の姿はどこにもなく、”いなくなった”という事実がより色濃くなっただけでした。

のちに連絡が来るだろうと思い待つこと1ヶ月、未だに一報もありません。テレサやアレクと過ごした楽しい日常がどんどん過去のものになってゆきます。近頃は雨続き、多田くんもどこか上の空で集中できていない様子です。あんなに写真に一所懸命だったにもかかわらず、最近はあまり撮っていないようです。テレサがいなくなったことが気にかかっているのでしょう。

そんな多田くんを心配する伊集院。ぼんやりしている多田くんに目をやっているシーンがいくつもありましたね。あと、ニャンコビッグも多田くんのことを心配している様子でした。いや、心配というよりは気に食わないといった感じかもしれないです。多田くんに対してムッとした表情を見せていましたから。

彼女との思い出を心の押し入れにしまい込む

TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第11話「特には何も」【感想コラム】

画像引用元:©TADAKOI PARTNERS

テレサたちが帰国してから月日が流れました。ハロウィンが過ぎ、外は冷え込んできました。気付けば街はクリスマスの様相を見せています。テレサのいなくなった日々はだんだん当たり前の日常になってきています。テレサとアレクが住んでいた部屋には新しい住人が引っ越してきたようで、2人の名残も少しずつ消えてゆきます。

多田くんもテレサに関するモノを押し入れにしまい込み、テレサたちの話題が出たときには「もう会わない人間の話をしても仕方ないだろ」と冷たく言う始末です。そんな多田くんの様子は拗ねているように見えました。伊集院にもそう見えたのでしょうか?多田くんに対して「なんかあったら言えよ!俺はいつでも待ってるからな!」と声をかけていました。やっぱり伊集院はイイ奴ですね。

今の多田くんは、テレサのことを心の奥に押し込めて考えないようにしている感じがしますね。ホント、見ているとつらいです…

テレサの名残に触れて、想いが溢れる

テレサに関するあれこれを心の奥にしまい込んだ多田くんでしたが、それをしまい続けることはできませんでした。ニャンコビッグが押し入れにしまってあるテレサとの思い出を、「れいん坊将軍展」でテレサが取ってくれた逆さ虹の扇子を引っぱり出すのです。テレサとの思い出が詰まった箱を見て、居ても立っても居られなくなったのでしょう。多田くんは1人でテレサとデートで行った「スターツリー」に行きました。

「れいん坊将軍展」で賑わっていた会場は閑散としていました。ツリーの展望台から虹が見えることもありません。まるで、テレサがいなくなってしまったことを、多田くんの胸にぽっかりと空いた穴を示唆しているような演出でしたね。

さらに後日、写真部の部室を掃除しているときに見知らぬメモリーカードを見つけてしまいました。そのなかにはテレサが撮影した写真がたくさん入っていました。また、写真だけではなく、動画データもありました。その動画には、テレサとアレクが写真部に体験入部したときに行なっていた「いい写真撮ったら勝ちよ!バトル」の映像が…

写真部のみんなの楽しそうな様子や多田くんとテレサが笑い合う光景などがその動画には写されていました。写真部の面々が懐かしそうに、またどこかつらそうにその動画を見るなか、多田くんは突然部室を飛び出してしまいます。

カバンも持たず、無我夢中で走る多田くん。テレサとの思い出がリフレインし、その表情は悲痛に歪んでいました。心の奥にしまっていたテレサへの様々な想いが溢れている様子が伝わってきました。

そして、そのバックで流れる多田くんバージョンの「ラブソング」。EDでテレサが歌っている楽曲ですね。歌い手が変わるだけで歌に込められている想いや意味がこうも変わるんですね。第10話~11話の多田くんを見てから聴く「ラブソング(多田くんVer.)」の破壊力はすさまじいですね。これまで秘めてきた、あるいは伝えることができなかった想いが爆発しているような、そんな印象を受けました。

多田くんの決意、物語が動く

TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第11話「特には何も」【感想コラム】

画像引用元:©TADAKOI PARTNERS

部室を飛び出し、自分の部屋に飛び込んだ多田くん。ゴミ箱に捨てたテレサとの思い出はもうありませんでした。夕焼けの朱に染まる部屋に立ちすくむ多田くんの背中には後悔がありました。

その後、カバンを持ってきてくれた伊集院にテレサへの想いを吐露していましたね。突然いなくなってしまったことや想いを伝えられなかったことに対する憤り。そして、もう一度テレサに会いたいという素直な言葉。ここまでストレートな感情を言葉にしている多田くんを見るのははじめてです。その言葉を聞く伊集院は泣きそうでしたが、見ていた筆者も泣きそうでした。

そのときに一筋の光をくれたのが、じっちゃんでした。捨てられたはずのテレサとの思い出を取っておいてくれていたのです。そして、多田くんに対して「会いたければ、行けばいい」と言うのです。「行けばわかるさ、ラルセンブルクに」と。じっちゃんの言葉を聞いた多田くんは大きな決意をしました。

―――”テレサに会うためにラルセンブルクに行く”と。

この決意によって、この先の物語が大きく動くことになるでしょう。果たしてどうなるのやら…?

アニメ『 多田くんは恋をしない 』第11話「特には何も」の感想

TVアニメ『 多田くんは恋をしない 』第11話「特には何も」【感想コラム】

画像引用元:©TADAKOI PARTNERS

第11話、いかがでしたか?

予想していた展開とはいえ、やはり見ていてつらかったですね。特に、多田くんが部室を飛び出して走るシーンはホントにもう…

テレサとの思い出がリフレインするのもそうですが、このタイミングで多田くんバージョンの「ラブソング」を差し込んでくるのはズルいですね。あんなん泣いてまうやろ…

さて、今回で多田くん(あと、伊集院もですね)のラルセンブルク行きが決まりましたね。やっとここまできましたよ。これまでは『ローマの休日』でも見られたスーパー王道ラブコメを展開していた本作でしたが、ここからはもうわかりません。ラルセンブルクに行くということは、テレサの姫になる運命やシャルルとの婚約に向き合わなければならないのです。多田くんはこれらの壁にどのように立ち向かってゆくのでしょうか?

次回、いや次回以降が待ち遠しいですね!

多田くんは恋をしない 感想 のまとめ

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

タングステン

大学生をしながらライターをさせていただいている「タングステン」と申します。アニメ・ゲームなどに関するいろいろな記事を書かせてもらっていますが、特にアニメ楽曲の記事が多いように思います。あとは、音ゲー大好きマンなので、音ゲーのプレイレポートも書きます。拙い文章かもしれませんが、精一杯書いております。