『 あまんちゅ!~あどばんす~ 』第11話「風邪と炎とおめでとうのコト」【感想コラム】

『 あまんちゅ!~あどばんす~ 』第11話「風邪と炎とおめでとうのコト」【感想コラム】

『 あまんちゅ!~あどばんす~ 』11話は1月31日に誕生日を迎えたぴかりのお見舞い話と実はこころは〇〇だった…なお話。

前回の「ピーター編」もそうですが、あまんちゅ!はわりとラブなお話が多いですが、こころちゃんのカッコよさが光る回です。

それでは第11話「風邪と炎とおめでとうのコト」 の感想、考察、etcをやっていきましょう。

『 あまんちゅ!~あどばんす~ 』第11話「風邪と炎とおめでとうのコト」

誕生日に風邪で学校を休んだぴかり。プレゼントを持ってお見舞いに向かうてこだが、学校の前でぴかりを待っていたこころと出会って一緒にぴかりのお見舞いに。二人の予期せぬ訪問にぴかりが感激する中、来月が誕生日だというこころは、ぴかりに何かをお願いしたかった様子で……。

翌月、こころの願い事に気づいたてこの提案で、ダイビング部の面々は大室山の山焼きを見に行くことに。てことぴかりは山焼きを手伝うこころの晴れ姿を目に焼き付け、今まで気づかなかった事実の発覚に驚くのだった。

ギャップ萌え

『 あまんちゅ!~あどばんす~ 』第11話「風邪と炎とおめでとうのコト」【感想コラム】

1月31日。

記念すべき16歳の初エントリーの日に主役である当の本人であるぴかりがなんと風邪でダウンしてしまうところから今回のお話は始まります。

せっかくの誕生日にダイビング部のメンバーもプレゼントを用意していましたが、大勢でけしかけるのもしのびないので代表としててこがお見舞いにいくことに。

すると、そこに恋のライバル!?こころが現れます。

妙にてこを敵視するこころは、ぴかりのためにプレゼントをもってきたものの本人が風邪であることを知り消沈…。

てことはどうしても仲良くしたくない反抗期みたいなこころと、仲良くしようと申し出るお姉さんなてこ。
目的はどちらもぴかりにプレゼントを渡すこと。お互いにぴかりの好きなものだってわかっちゃうくらいにぴかりに惹かれた友人同士。

大晦日に一緒に過ごした者同士ですがここまでがっつりと絡むのは初めてかも知れません、そんな二人がぴかりのためにサプライズをしようと企画します。

ぴかりは周りを明るくする存在ではありますが、こうしてぴかりを中心に周りの友達も仲良くさせて、どんどんと輪が広がっていくというわけですね。

一方で、風邪で弱っているぴかりですが、普段明るすぎるくらいなぴかりなのでテンションが低いぴかりはギャップがあってもなんともかわいらしい…。

好きだから言い出せない

『 あまんちゅ!~あどばんす~ 』第11話「風邪と炎とおめでとうのコト」【感想コラム】

ぴかりのサプライズのために、プレゼントと星型のケーキを買ってあげようといろんなケーキ屋をまわる2人。

すると、実はぴかり以外の家族もサプライズでケーキを用意してあげていたという展開に…。

実はぴかりには兄もいたとか意外と大家族とかいうさりげない事実も判明しつつ、ぴかりはみんなから愛されている存在である光景に、おもわずぴかりも涙してしまいます。

弱っているぴかりも珍しいのですが、嬉し泣きだしてしまうぴかりも可愛いらしいです…これがギャップ萌えというやつか…。

ぴかりもすっかり元気になり、仲良く談笑が続きます。

こころはぴかりに本当はお願いがあった様子ですが、恥ずかしいからか気を使ってか言い出せずにいました。

それは、大室山の山焼きの手伝い。
こころはそれで、漢になると宣言!

実は…

もちろん、こころには黙ってみんなでみにいくぴかりとてこたち。
誕生日にもらった星型の帽子を被ってるのがポイント高いですね。

そもそも大室山の山焼きとは、700年以上の歴史を持つ、伊豆の春を告げるイベントで毎年2月に行われる、山の表面を焼き払う行事です。

こころを探すてこぴかりは、会場で偶然妹のこだまと友人の「ことり」ちゃんに遭遇します。

ん?この子…どこかで…。本人たちは気づいておりませんが、てことことりの2人は以前に夢を共有しあった仲の2人がまさかの再会。世間はせまいというかなんというか…。

山頂に到着したみんなはようやくそこで、こころと再会します。服装はなんと学ラン!
女の子が体育祭で学ランきたりするのってちょっとドキっとするのは僕だけですか?そうですか。

ん?いや、ということは。

こころは女の子ではなく、男の子だったのです!!!なんということだ、実は本当に男の子というパターン。

そして、もうひとつてこは気づいてしまいます。

『こころちゃんが男の子ってことはぴかりに対する私の好きとこころちゃんの好きは違うってことなんだよね?』
こころが男の子ということは、LIKEではなく…LOVE

余計なことすんな!と恥ずかしがるこころ、まだまだ彼も中学生とデリケートなお年頃。
この事実を伝えたいてこですが、余計なことはできないとぐっとこらえます、はたしてぴかりはこころの事実にいつ気づいてくれるでしょうか。

そうこうしてるうちに山焼きが始まり、てこぴかりもそれに参加します。
油のつけたたいまつに火をつけて、草に火をつけたらすぐに退散をするのが安全上のルールなんですが……火をつけると意外と火の回りが早く危険な状態に!

そこに颯爽と現れたヒーロー・こころちゃん改めこころくん。

「だいじょうぶだな、怪我はしてないよな」とぴかりを本気で心配するこころくん、これはなんともかっけえ場面をみせれたかと思ったら……

『こころちゃん男の子だったんだね!』

インパクトが強すぎてそっちのほうにいってしまった、残念な結末に。

実はことりちゃんがこころの姉だったなんて情報も飛び出し、山焼きのイベントはなんとか無事に終えました。

和解と意外な発見、そしてギャップ

『 あまんちゅ!~あどばんす~ 』第11話「風邪と炎とおめでとうのコト」【感想コラム】

そんなタイトルがテーマな今回のお話。

こころが主役のそんなテーマの回でした。まさかの女の子!?というのはわりとあるけど、逆パターン。実は本当に男の子だった意外な発見のこころ君。

そして、こころのぴかりに関する感情は女の子同士の憧れとかではなく、淡い恋心だったことも判明しました。

山焼きから好きな人を守る、最高にかっこいいシーンを魅せるも、男の子だったのか!というインパクトのほうが勝ってしまいうまくアピールできず、この2人が進展するのはまだまだ先の話になりそうですね。

こころが男の子とわかった上で見返すと面白いかも知れません。

そして、ぴかりの家族構成だったりこころの姉が以前、てこと夢を共有した少女だった!なんて発見もあったりとわりと情報量の多い回でしたね。

普段、明るいぴかりが弱さを見せるシーン。

あのギャップって正直、男的にはかなりぐっと来るんですよね。普段は気丈に振舞ってるけど、ふと弱さや女の子らしさが垣間見えたりしちゃったらもう…。

そして、Aパートのお見舞いシーンで必死にライバルだと敵視していたてこと張り合おうとしていた子供っぽさ、Bパートの男らしさとのギャップも味わえた回でした。

12話を通してぴかりとてこの1年間を描いた今作も次が最終回。

いろんな人間の成長物語を描いたあまんちゅ!いよいよ次はてこの番、ということで無事にてこはアドバンスライセンスを取得することができるのか。

あまんちゅ!〜あどばんす〜 感想 のまとめ

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

Uemt

アニメと声優さんと野球が大好きです。 土日はどっかの声優イベントに絶賛出没中。 愛するキャラはメガネキャラ。 駆け出しライターですどうか暖かい目でお守りください。