『 遊戯王 デュエルリンクス 』 サイマジ魔導デッキを組んでみた その① まずは魔導書のないサイマジママデッキから

『 遊戯王 デュエルリンクス 』 サイマジ魔導デッキを組んでみた その①まずは魔導書のないサイマジママデッキから

『遊☆戯☆王』のアプリゲーム『 遊戯王 デュエルリンクス 』が熱い!

というわけで、今回から数回にわけて、デュエルリンクスにおけるサイマジ魔導(沈黙魔導)デッキについて書いていこうと思います。

サイマジママを使うためのデッキの一つ、ですね。

サイマジママとは

2018年6月14日にアプリ内で発売されたストラクチャーデッキEX『沈黙の魔術師』に封入されているカード・及びOCGのカード「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」のことです。ファンからはサイマジママと呼ばれることもあり――詳しくはこちらの記事に書きました。

『遊戯王 デュエルリンクス』にサイマジママ登場!ストラクチャーデッキEX『沈黙の魔術師』を買ってみたよ!!

2018.06.17

今回はまず、このサイマジママを使ったデッキについて触れていき、次回以降で魔導の部分に触れようと思います。

サイマジデッキって?

デュエルリンクスでは、様々なテーマに沿ったデッキを構築し、デュエルをすることができます。中でも強力な力を持つテーマは、環境と呼ばれることも。

スキルと制限の変更、新パック登場などで、この環境は定期的に変わっていきます。

そんな環境になりうる可能性をもった、サイマジママデッキ魔導書デッキを混ぜた、サイマジ魔導デッキ。こちらを作っていきたいと思います。

その前に、サイマジデッキについて説明しましょう!

サイマジデッキのサイマジママはここが強い

このデッキのキーとなるのはもちろん、サイマジママこと「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」です。

『 遊戯王 デュエルリンクス 』 サイマジ魔導デッキを組んでみた その①まずは魔導書のないサイマジママデッキから


星4/光属性
魔法使い族/特殊召喚/効果

このカードは通常召喚できない。自分フィールドの魔法使い族モンスター1体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力は、自分の手札の数×500アップする。
②:1ターンに1度、魔法カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。
③:フィールドのこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキから「沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン」以外の「サイレント・マジシャン」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

攻1000/守1000


①特殊召喚で出せる

サイマジママは特殊召喚で出すモンスターなので、初期手札にレベル4以下魔法使いとサイマジママが揃えば、1ターン目から出すことができます。

②魔法無効

サイマジママがいる限り、相手の魔法を無効化にできます。魔導書やアロマガーデンなど、相手のキーとなるカードを潰せるのは大きいですね。また、「エネミーコントローラー」「猪突猛進」などの速攻魔法も怖がらずに戦えます。
ただし1ターンに1度まで。二連発されたら防げません。

③やられてもレベル8が出せる

仮に倒されたとしても、「サイレント・マジシャン LV8」がデッキか手札から出てきます。時にはあえて攻撃力の高いモンスターを攻撃し自殺→「サイレント・マジシャン LV8」を特殊召喚してから追加攻撃という手も可能ですね。トラップをくらっても、1回までならそこまで怖くないというのも利点でしょうか。ただし、除外には非対応

サイマジデッキのエース

サイマジママデッキのエースとなるのは、もちろんママの効果で出すことの出来る「サイレント・マジシャン LV8」


星8/光属性
魔法使い族/特殊召喚/効果

このカードは通常召喚できない。
「サイレント・マジシャン LV4」の効果でのみ特殊召喚できる。このカードは相手の魔法カードの効果を受けない

3500/守1000


レベル4でのみ~というのは、ママなら無視できます↑

こちらはサイマジママのように魔法の無効化能力はありませんが、相手の魔法を受け付けない効果を持っています。つまり、厄介な「エネミーコントローラー」や「ゲーテの魔導書」も怖くないわけです。しかも、サイマジママのように攻撃力が変動することなく、3500!
高火力。

サイレントバーニングも強い?

「サイレント・バーニング」もなかなか強力です。


速攻魔法

①:自分フィールドに「サイレント・マジシャン」モンスターが存在し、自分の手札が相手より多い場合、
自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
お互いは手札が6枚になるようにデッキからドローする。
このカードの発動と効果は無効化されない。

②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「サイレント・マジシャン」モンスター1体を手札に加える。


こちらの方が手札が多くないと使えないカードですが、発動時に速攻魔法を消費することで、相手より手札が少なくなっても使用できます。これを狙い、相手より多くカードをドロー出来るのは利点ですね。
相手のバトルフェイズに使用し、ママの攻撃力を高めるというカウンターにも使えますし、相手もドローしてしまうというデメリットも、デッキからカードを墓地に送ることで効果を発揮する森羅相手には強いです。
うまく使えば、デッキ破壊にもなりますね。

こんなカードも使える?

サイレント・マジシャン LV4

星4/光属性
魔法使い族/効果

このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手がカードをドローする度に、このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大5つまで)。
このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×500アップする。
このカードに5つ目の魔力カウンターが置かれた次の自分ターンのスタンバイフェイズに、
魔力カウンターが5つ置かれているこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから「サイレント・マジシャン LV8」1体を特殊召喚する。

攻1000/守1000


初期スペックは低いですが、こちらは通常召喚できますので、そのままサイマジママに繋げることが可能。

レベルアップ!

通常魔法

フィールド上に表側表示で存在する「LV」を持つモンスター1体を墓地へ送り発動する。
そのカードに記されているモンスターを、召喚条件を無視して手札またはデッキから特殊召喚する。


レベル4と一緒に来てくれれば、即レベル8をデッキから出せるカード。
ただ、魔法カードばかり初期手札に来る――なんて事故が起きやすいリンクスのシステムでは、使いづらいカードかもしれません。

サイマジデッキの弱点

そんなサイマジママデッキですが、欠点も多いです。

①事故りやすい

特殊召喚が強いサイマジママですが、サイマジママ、レベル8、サポートカードなどが初期手札に集まってしまうと、何もできません。
特殊召喚モンスターが多くなるため、事故りやすいテーマでもあるわけです。

②トラップに弱い

また、トラップ耐性もないという弱点があります。魔法には強いけど、トラップには弱すぎる。じゃあトラップ対策をしよう!と思ってカードを入れると、それがまた事故要因になってしまったり。

除外耐性もないので、どちらも持つアマゾネスデッキは天敵です。

③紙装甲

攻撃力は高いけど、防御力は低いです。守備表示にさせられると、厳しいですね。

決まれば強いけど、なかなか構築が難しいデッキです。

こんなカードも採用できる?

そこで筆者はこんなカードを入れてみました。

ブリザードプリンセス

星8/水属性/
魔法使い族/効果

このカードは魔法使い族モンスター1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。
このカードが召喚に成功したターン、相手は魔法・罠カードを発動する事ができない

攻2800/守2100


フィールドに魔法使いモンスターがいれば、一体のリリースで召喚出来るし、そのターンのバトルフェイズでは魔法やトラップを恐れなくていい。地味に強いです。ただ、こちらは通常召喚となるので、事故要因になることも。

封魔の矢

速攻魔法

このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
①:自分または相手のバトルフェイズ開始時に発動できる。このカードの発動後、ターン終了時までお互いに魔法・罠カードの効果を発動できない。


シンプルイズベスト。
こちらをバトルフェイズに使って、トラップを発動させずにママでなぐる!
という時用のカードですね。

闇・道化師のペーテン

星3/闇属性
魔法使い族/効果

①:このカードが墓地へ送られた時、墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札・デッキから「闇・道化師のペーテン」1体を特殊召喚する。

攻 500/守1200


倒されても手札・デッキからフィールドに再出現!
壁になる、デッキの圧縮になる、しのげば次ターンママのリリース用にもなれる。そんなカード。

予言僧 チョウレン

星4/炎属性
魔法使い族/効果

1ターンに1度、カードの種類(魔法・罠)を1つ宣言し、相手の魔法&罠カードゾーンにセットされているカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを確認し、宣言した種類のカードだった場合、このターン、選択したカードは発動できない。

攻1800/守 200


ママがフィールドにいるなら、トラップを指定して魔法・トラップを封じちゃえ!
一枚しか指定できないですけど、相手のカードを毎ターン選んで確認できるのはいいですよね。

ちなみに、事故率が高いのでレベル4とレベルアップは外しました。

ライラやら天罰やら

そんなこんなでデッキはこんな感じに……。

勝率?

ううーん……これで安定して勝てるなら、魔導サイマジなんて作らないわけですよ。

ただ……。

ほかにも、手札を1枚捨てて効果モンスターの効果を無効にする「天罰」やら、魔法・トラップを破壊できる「ライトロード・マジシャンライラ」やらを入れるパターンもありますね。
「天罰」を入れるパターンは、「サイレント・バーニング」で増やした手札が使えます。
「ライトロード・マジシャンライラ」はかなり良さそうなのですが、筆者はまだ持っていません。

うーん、予言僧よりこっちのほうがよさそう……。ライラ3枚積んだら、強そうですね。

とはいえ、やっぱり気になるのは事故率
トラップ対策を取るか、こちらもトラップを仕込むか、はたまた。サイマジがフィールドにいないと発動できない「サイレントバーニング」を使わないというパターンもありますし、いまだに正解のデッキレシピがない気がします。

そんな中、サイマジ魔導デッキの方が強い
という声をよく聞きます。(いや事故るだろという声もありますが)
なので、ちょっと組んでみようと思いました。

というわけでここまでが導入なのですが、長くなったので続きはまた次回に。

『遊戯王 デュエルリンクス』にサイマジママ登場!ストラクチャーデッキEX『沈黙の魔術師』を買ってみたよ!!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。