ゲーム好きの人にこそ是非見て欲しい!テレビアニメ『 ゴールデンカムイ 』

ゲーム好きの人にこそ是非見て欲しい!テレビアニメ『 ゴールデンカムイ 』

現在放送中のテレビアニメ『 ゴールデンカムイ 』。10月より第2シーズンの放送が決定して、いよいよ盛り上がってまいりました。そこで、「まだ見てないよ」という方のために、こんな人にこそ実は見てほしい、意外なオススメ・ポイントを、こちらでご紹介します。

ゲーム好きの人にこそオススメ!アニメ『 ゴールデンカムイ 』

『 ゴールデンカムイ 』には「金塊争奪サバイバル」というキャッチコピーがついていますが、その名の通り、本作は明治時代の北海道が舞台で、アイヌが隠し持っていた「莫大な金塊」を巡って、旧幕府の残党や日露戦争帰りの軍隊など、いろんな勢力が、その争奪戦を繰り広げるという、歴史ロマンものになっています。

そして、実はゲーム好きな人にこそ、オススメしたい作品でもあります。

アクションアドベンチャー・ゲームとしての『ゴールデンカムイ』

例えば、『メタルギアソリッド3 スネークイーター』。このゲームには「賢者の遺産」という秘密資金が出てきます。

これは第一次世界大戦中に、アメリカやソ連などの大国が、戦後の経済復興のために密かに貯めていた1000億ドルもの軍資金のことです。

ゲームでは、この「賢者の遺産」を巡って、主人公のスネークたちや、この資金を核兵器開発に利用しようとするソ連の大佐など、各種勢力が激しい争奪戦を繰り広げますが、この構図は『ゴールデンカムイ』と一緒です。 

他にも、同じような構図のゲームとして、『グランド・セフト・オート・シリーズ』あります。

幻の巨大ダイヤを巡って争奪戦を繰り広げる「4」のシナリオや、銀行の金塊を丸ごと強奪する「5」のミッションなど、財宝争奪戦の話は、全シリーズを通して、ほぼメイン・シナリオとして登場します。

これらすべてに共通するのは、誰が最後に勝利するのかわからない、お宝を巡ってのバトルロイヤル

こうしたアクション・アドベンチャーゲームが好きな方なら、すぐに『ゴールデンカムイ』の面白さに気づかれるのではないでしょうか。

暗号ミステリー、歴史ゲームとしての『ゴールデンカムイ』

次にご紹介するのは、『うみねこのなく頃に』

こちらは、『ひぐらしのなく頃に』を手がけた制作チームによる、ミステリー仕立てのノベルゲームです。

お話は、とある一族に伝わる、正体不明の魔女が授けたという黄金を巡って、親族たちがその争奪戦を繰り広げるというものですが、この作品には「碑文の謎」という、黄金の隠し場所を記した「秘密の暗号」が登場します。そして、『ゴールデンカムイ』にも金塊の隠し場所を記した「刺青人皮(いれずみにんぴ)」という、暗号が出てきます。

暗号を解読すれば、隠し財宝のありかがわかる。

ゲームではファンタジーを隠れ蓑に、黄金の出所や魔女の正体について、少しずつ謎解きが行われ、最後に「碑文の謎」は解読されます。

『ゴールデンカムイ』も暗号の謎解きはまだですが、金塊を隠したのが誰で何が目的なのか、お話が進むにつれて少しずつ謎が明らかになっていきます。

また、『メタルギアソリッド3』もそうですが、これらの作品は、すべて歴史的な事実に基づいている点が共通しています

『うみねこ』では、第二次世界大戦まで時間を巻き戻して、日本の軍部や大戦中の台湾での出来事など、『ゴールデンカムイ』と同じように、実際の史実にそった「影の歴史」が語られます。

その醍醐味はやはり、「本当にこんなことがあったんじゃないだろうか」と、ふと思わせてくれる、壮大な歴史ロマンに尽きると思います。

原作漫画が、今年「第22回・手塚治虫文化賞・大賞」を受賞した『ゴールデンカムイ』。話題作であることは間違いないので、こうしたゲームが好きな方は、一度ご覧になってはいかがでしょうか。

うみねこのなく頃に は、「真実は一つ」じゃないミステリーアニメ

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

曙ミネ

アニメ、映画関係のライターです。 とあるジャンルの作品を、別のジャンルでたとえながら、紹介するという執筆スタイルを得意としています。主にアニメ未見の方へ、プレゼンとなるようなアニメコラムの執筆をしています。 みなさんと一緒に、アニメを楽しめたらと思います。 よろしくお願いします。