おばあちゃんが言っていた。今回は 仮面ライダーカブト を紹介しろ、と。

おばあちゃんが言っていた。今回は 仮面ライダーカブト を紹介しろ、と。

仮面ライダーカブト は昭和の仮面ライダーのように昆虫をモチーフにしているのが特徴です。昆虫らしい堂々とした角やメカニカルかつスタイリッシュなデザインは「とにかく格好いい仮面ライダー」として多くの人から高く評価されています。

この作品の独自の要素として「クロックアップ」という能力があります。クロックアップを発動した仮面ライダーは人間を遥かに超えるスピードで活動できるという、分かりやすく言えば高速移動ができる能力です。これは怪人側も同等の能力を所持しており、この能力を用いてお互いに戦います。雨の中でクロックアップを発動すれば雨粒が停止した状態で戦い、ビンが空中で投げ出された瞬間に発動すればビンは空中で浮いたまま停止し、クロックアップ終了直後に落下する……というものです。

このクロックアップの要素は独特の空間で戦っている面白さがあるのですが、終盤ではほとんど見ることができず(ファン達の間では「予算切れ」とたびたびネタにされています)そこは残念な点でもあります。

シュールなコメディ作品

作風は全体的にシュールなコメディ要素が多いです。大真面目に「なぜ豆腐を買い占めたんだ!?」と激怒するシーンがあったり、世間知らずのお坊ちゃまライダーがラーメンの存在を知らず、ラ・メーンと勘違いしたまま覚えたり、「いいなぁ、あの犬。褒められている」と発言する落ちぶれた仮面ライダーなど、所々で視聴者を笑わせに来ています。

お笑いやシュールなギャグが好きな人にはおすすめの仮面ライダーと言えるでしょう。その中で急にシリアスで深刻な場面もあったり、仮面ライダーとしてはやっぱり格好良かったりなど、その辺りもカブトの特徴であり魅力であると言えるかもしれません。

天道語録

仮面ライダーカブト

©2006 劇場版「カブト・ボウケンジャー」製作委員会 ©2006 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

主人公である天道総司は毎回「おばあちゃんが言っていた」の言葉から始まる様々な格言を残しており、これらは公式・ファンから天道語録と呼ばれております。この天道語録が妙に面白くて癖になるのです。

おばあちゃんが言っていた。

世界は自分を中心に回ってる。そう思ったほうが楽しい。

 

おばあちゃんが言っていた。

男がやってはいけないことが二つある。

女の子を泣かせることと、

(続きは本編にて!)

仮面ライダーカブト は現在も公式で配信中!

既に数話分が終了してしまいましたが2018年現在、東映の公式チャンネルで仮面ライダーカブトが無料で配信されています!

おばあちゃんが言っていた。見逃してしまった分もちゃんと視聴しろ、と。

文章:kyouei-amagasaki1200

仮面ライダー響鬼 修行!修行!のストイックヒーロー

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。