ブラッククローバー 第54話「もう二度と」【感想コラム】

ブラッククローバー 第54話「もう二度と」【感想コラム】

ダイヤモンド王国の襲撃を乗り越え、一段落ついたアスタたち。ここからが、新章の本番です。

回復魔道士

両手が折れているアスタは、ヤミ団長に掴まれてクローバー王国一の回復魔道士の元へ。

「君の噂は聞いているよ」

と、ここでも評価されるアスタ。
ヤミ団長はギャンブルをしに立ち去り、アスタは回復魔道士の治療を受けます。

体を隅々まで見通し、治すことのできる水回復魔法

しかし、アスタの腕は古代の呪術によって、回復魔法を受付けないようになっていました。

両腕は治らない。
もう二度と、剣を振るうことが出来ない。

そう、宣告されてしまうアスタ。
そして、それをたまたまフィンラルは聞いてしまいました。

焼肉パーティ

ブラッククローバー 第54話「もう二度と」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

珍しくギャンブルに勝ったヤミ団長は、黒星がゼロになったお祝いとしてみんなに肉をごちそうします。

大量の焼き肉を食べながら、盛り上がる「黒の暴牛」メンバー。
アスタも、足で器用に肉を食べ、気にしていないふり。

それから、疲れたからと言って、先に抜けます。

しかし、ノエルはそんな姿を見てどこかヘンだと思いました。
言われてみれば――と、アスタが空元気だったことに気づく仲間たち。

それを受け、フィンラルは聞いてしまった話を暴露しました。

アスタの腕がもう二度と治らないという話を。

それでも諦めないのがアスタ

ヤミ「クローバー王国一の回復魔道士が言うんじゃ、間違いねえな」
バネッサ「魔力のないあの子の、唯一の武器さえ振るうことができないっていうの?」

過酷すぎる現実に、みんなは暗くなります。
けれど。

「誰が諦めるかあああああああああ」

アスタ1人、夜空に向かって叫んでいました。

魔法がすべての世界で、魔力のない落ちこぼれ。
散々馬鹿にされて、それでも何度だって立ち上がり、絶望をはねのけてきたアスタ。

絶対治す方法を見つける。
もしくは、腕を使わない戦い方を見つける。

そう宣言するアスタ。

アスタを影から見守っていたみんなは、そんなアスタのためにこっそり治す方法を探すことに。
そんな中、バネッサ姉さんにはアテがあるようで――。

仲間には恵まれた

ブラッククローバー 第54話「もう二度と」【感想コラム】

画像引用元:© 田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

翌日。アスタはノエルとフィンラルの会話を聞いてしまい、みんなが自分のために動いていることを知ります。

「魔力に恵まれなくてずっと悔しかったけど、仲間には恵まれたんだな」

さすがのアスタも、涙を堪えることが出来ませんでした。

そして、ノエルはある男の元を訪ね――。


というわけで、アスタの過酷な運命と、その打開策を探すという展開への入りでした。
最後にノエルが会った男は、原作の漫画ではなくノベルから登場したキャラクターです。

原作にもこのタイミングで出てくるのですが、ノベルでのエピソードは漫画化されていません。
アニメでは補完してくれるのかどうか、ここも楽しみです。

ブラッククローバー 感想コラムのまとめ

ブラッククローバーの各話も是非チェックして下さい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。