アニメ映画『 君の膵臓をたべたい 』運命との生き方を考えるきっかけに!

アニメ映画『 君の膵臓をたべたい 』運命との生き方を考えるきっかけに!

累計260万部突破の大ヒット小説となった『 君の膵臓をたべたい 』。2018年9月から待望の劇場アニメとして全国で公開されています。

最初、この『 君の膵臓をたべたい 』というタイトルを見て、どんなふうな映画だろう?怖いストーリーなのかなぁ?と、タイトル中にある「膵臓を食べたい」というキーワードを見て、ホラーな妄想を広げていました。

しかし、劇場でこの映画を見てみると、筆者の予想していた内容と全く違う物でした。映画を見終わった後には、自分の生き方を、人生観を問われているような感を受けています。

そして映画の最後まで見て、タイトルである『 君の膵臓をたべたい 』の意味を知ったときには、涙が止まりませんでした。

この感動が冷めやらぬ中で、このコラムを書いています。

『 君の膵臓をたべたい 』のあらすじ

志賀春樹(しがはるき)は高校2年生。本を読むことがなにをしているよりも好きな、友達なんていらないと思っている。ちょっと変わった男子高校生。

そしてもうひとり。余命わずかなのに、明るく友達がたくさんいる人気者のクラスメイト山内桜良(やまうちさくら)

ある日、春樹は病院で本を拾う。タイトルは「共病文庫」。これは桜良の秘密の日記帳だった。そこから、桜良が春樹に興味を持ち、そして色々と話をするようになります。

友達を要らないと思っていた春樹は、桜良の事を鬱陶しいと思っていました。しかし、ある日彼女からの電話やメールをしてくれるのを待っている自分に気づきます。

春樹と桜良の淡い恋心かもしれないですが、どうでしょうか?

ある日彼女からメールが来て明日から空いている?旅行に行くことになります。ホテルの手違いで同じ部屋に泊まる事になります。

そして彼女がシャワー浴びている最中に、

「バックの中から洗顔クリームをとってくれない。」

と言われたので、春樹はバックの中からクリームを探そうとします。しかし、そのバッグの中には、今まで見た事のない沢山の注射機や薬品類が入っていました。

桜良はいつもあんなに明るくて元気そうなのに。これらの多くの医薬品を見てしまうと、病気の度合いも重く、もう長くは生きられない事を物語っていました。

そんな過酷な現実を知りつつも、春樹と桜良の2人は、この旅で距離感が急速に縮まるのを感じます。

旅の終わりに、

「さては、楽しかったな?」
「うん楽しかったよ。」

この短いことばの中に、2人の距離が限りなくゼロに近づいたと感じました。

しかし、現実はあまりにも過酷です。しばらくしてから、桜良の病気が更に悪化し、入院する事になりました。当然、春樹は見舞いに行きます。

そこにはいつもの桜良がいました。が、桜良は春樹の手を引いて走り出します。坂を登りきった小高い丘の上まで来ました。そこで2人は、綺麗な花火を見ました。春樹は桜良に

「死なないよね。」

と問いかけると、桜良は

「そりゃ死ぬよ。私も君も。」

桜良は春樹にそう語ります。

桜良の「まだ生きたい」という気持ちと、やっと「一番大切な人」が現われ、それを失う恐怖と対峙しなければならない春樹。

この瞬間の2人のほとんどゼロの距離は、やがて訪れるであろう「交わる事のない、2人の絶対的な距離」の対比として描かれているようでした。

『 君の膵臓をたべたい 』のラストは号泣必至

アニメ映画『 君の膵臓をたべたい 』運命との生き方を考えるきっかけに!

画像引用元:© 住野よる/双葉社  © 君の膵臓をたべたい アニメフィルムパートナーズ

これ以上はネタバレしてしまう為に書くことができません。ただ、映画のラストあたりで、この『 君の膵臓をたべたい 』の本当の意味がわかったとき、映画館のスクリーン歪んで見えてしまうほどに目から涙が溢れていました。実際、映画館では、多くの人の涙する姿がありました。

そしてエンドロールが終わり館内の照明が明るくなったとき、本来であれば現実である自分の人生が戻ってくるはずなのですが、春樹と桜良の人生が非常に強くオーバーラップしてしまいました。それほど、この映画に心を奪われていたのだと感じました。

徐々に筆者の人生を取り戻す中で、桜良に思いを馳せていました。人間の人生なんて、いつどんな事が起こるか解らない。今この時間を大切にして、できるだけ後悔の少ない生き方をしたい。素直にそう思える自分がいました。

他者に「あの人と出会えて良かったです」と言ってもらえるような、そんな人生の生き方をして行きたいと筆者は思いました。

是非ともアニメ映画『 君の膵臓をたべたい 』を見て、筆者が感じた感動を味わってみてください。

文章あそしえいつK.M

アニメ「 聲の形 」心の声が聞きたくて。この感動をあなたに伝えたい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。