TVアニメ『 SSSS.GRIDMAN 』第4話「疑・心」【感想コラム】

TVアニメ『 SSSS.GRIDMAN 』第4話「疑・心」【感想コラム】

今更ですが、第1話でアカネが裕太に「記憶喪失っていうか転校生みたいだね」と発言していたことや、第2話で昼休みに裕太から怪獣の話を聞き出そうとしていたとき、ほんの少しの間にジュースのパックに刺さっていたストローにひどい噛みあとがついていたことが気になります。

アカネの簡単に物に当たり散らす性格を考えると、ストローは裕太が怪獣の件を話さなかったことに苛立ったのかも知れませんね。

TVアニメ『 SSSS.GRIDMAN 』第4話「疑・心」のあらすじ

なみことはっすの軽はずみな行動がきっかけで、何故か一緒にユーチューバーの男子大学生たちと遊ぶ約束を交わしてしまった六花とアカネ。

それを知った裕太と将は焦燥に駆り立てられ、六花たちを尾行することに。

彼女の思い通りにならないものは…

TVアニメ『 SSSS.GRIDMAN 』第4話「疑・心」【感想コラム】

画像引用元:Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

物凄い貧乏ゆすりをしながら、自分にとって邪魔なグリッドマンを倒せないことに苛立つアカネ。前回の感想で、裕太がグリッドマンと融合しているのに気付いているのか分からないと書きましたが、グリッドマンが裕太だと思っているらしいことがはっきり分かりました。決め手はないとも言いますが、「死んだね」と言ったのはやはり裕太のことだったんですね……

アレクシスは証拠探しをするようアカネに告げますが、「ただし、慎重に」と付け加えました。アカネだけならどこかでボロが出そうですが、アレクシスの冷静さが厄介です。

あまりの日差しの強さに学校までバスで行くことにした六花、そこへアカネも現れます。この2人、六花の家の前からアカネの家が見えるくらい近所に住んでいるのですが、最近はあまり話をしていなかったと六花は言い、アカネは気づかなかったと言います。アカネがアレクシスとばかり話すようになっているというのはありそう…………Suicaかと思ったら、Surumeicaってなんだこれ!?そして何故うーさーがここに!?

通学時間なのに六花とアカネ以外の乗客がいない路線バスというのが不気味ですが、アカネの「響君とよく話してるよね、なんで?」という質問に「そんなことなくない?普通だよ」と六花が返したあとの「だから、なんで?って聞いてるんだけど」という声のトーンが明らかに変わったのをきいて、一気に不穏な感じが高まります。しばらく沈黙が続いたのちに、降車ボタンをアカネが押しておどけたことで雰囲気は和らぎましたが、アカネは他人から情報を引き出す際、これ以上は警戒されると思ったなら自分から引く形を取っているのだと第2話と今回の様子から推測できます。それと、自分の望む答えや反応を得られない時は、内心で激しく怒りを抱いているようにも見えるのですが、自分の気に入らないことをする相手に怒りを覚えるというのは単なるわがままとしか思えません。

なみことはっすが男子大学生のYouTuberグループ「Arcadia」と遊ぶ約束をしたと言って、「4人で行くって言っちゃったの~」と六花を誘います。動画配信に興味の無いらしい六花は断ろうとしますが、アカネが参加すると言い出したことで「もちろん」と答えてしまいます。なんでここで絶対無敵とか邪悪獣とかの単語が出てくるんですかね…ライジンオー大好きだから、つい過剰反応してしまいますよ。

絢のカフェスペースで給仕をしていた六花が土曜日に大学生の男性と遊びに行くと言ったのを聞いて、裕太と将は「完全に合コン」と危機感を覚えます。「アカネと遊びに行くのが久しぶり」というのが六花が上機嫌な理由みたいですが、裕太は彼女が年上好みなのかと悩み、将はアカネが合コンに行くというショックでブツブツ言いだしました。話をよく分かってないグリッドマンが会話に混ざってきたりしますが、2人はいてもたってもいられずこっそりついていく決断をします。青春だなぁ……

はっすがYouTuber繋がりで合コンする流れになったみたいですが、六花とアカネはテンションについていけてない感じですね。パン屋の店内でしゃがみこんでカラオケに入る六花たちを観察する裕太と将、ただの不審者と化してるような…って、ボラーはどんだけパン買う気ですか。

カラオケの室内でも、YouTuberたちの会話についていけずちょっと距離を置く六花とアカネ。この隙にアカネは六花から話を聞こうとしますが、ことごとく大学生たちに遮られることに。彼らに死亡フラグが音を立てながら積み重なっていく……!!!

TVアニメ『 SSSS.GRIDMAN 』第4話「疑・心」【感想コラム】

画像引用元:Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

アカネのスマホの画面、かなりひどくヒビが入っています。自室でかけている眼鏡のレンズにもヒビが入っていましたが、これは彼女の心を現しているのでしょうか…?1人になったとたんに、アカネから殺気が放たれているようにも思えます。何かするつもりなのは間違いありません。

アカネが帰ってしまったことで、合コンは二次会に移行するみたいですが、アカネがいなくなったので将からやる気が失せてしまい追跡も取りやめに。裕太はひとりで取り残されてしまいました…ええー、薄情な奴らだな。

アカネは家の前にいたアンチに大学生の殺害をさせようとしますが、彼はグリッドマンを倒すために生まれたのだからグリッドマンだけを狙いたいらしく拒否…するとスマホを投げつけられます。完全にアンチのことを虐待しているといっていいと思いますが、彼女は「今までのようなやり方じゃダメなんだ」と何かを考えこみますが…悪い予感しかしない。

裕太は六花の家で意識が戻った時からずっと六花を気にしていたようで、マックスさんに相談に乗ってもらうことに。六花のことが好きだと認めることになった裕太の耳がどんどん赤くなっていくのが面白い…というと気の毒なんですが。マックスさんの言い分だと、彼らは人間とはまた違う存在のようにも聞こえますね。

合コンを終えた後の大学生たちの悲鳴が夜の街に響きます…今までのような巨大な怪獣による殺人と破壊はグリッドマンに阻止されると考えたアカネが、何か別の手段を考え出したのか…?

グリッドマンの意外な弱点

TVアニメ『 SSSS.GRIDMAN 』第4話「疑・心」【感想コラム】

画像引用元:Ⓒ円谷プロ Ⓒ2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

翌日、やっぱり絢の店内でたむろするグリッドマン同盟と新世紀中学生。六花はなみことはっすと会う約束のために出かけますが、「Arcadia」の動画配信画面には1人しか映っていません。「ほかの3人は?」と六花が聞くと「最初から1人だよ」とはっすから返されます。六花は即座に怪獣の仕業でリセットが行われたことを察し、2人は無事であることからアカネに何か変わったことは無いかとメッセージを送りました。それを見たアカネは意味深に笑いを浮かべます…

このシーン、日曜日の昼過ぎのドーナツ店内だというのに3人以外の人物は映りません。普通であれば満席でもおかしくないというのに…しかし、六花も含めてそのことに違和感を感じている様子はないというのが非常に気になります。もはや、街に人をほとんど見かけないことさえ日常となってしまっているのでしょうか…

六花のことで悩みっぱなしの裕太。グリッドマンが力になれないかと話しかけてきますが自分の問題だから、と断りつつも「記憶が戻ればな~」ともらしたことにグリッドマンが自分にも過去の記憶がないと言い出します。えー!?そういう大事なことはもっと早く言って!?彼が「危機が迫っている」としか言えなかったのはこのせいなのか。敵の具体的な情報を失ってしまっているなら、「元凶が分からないけどとにかくこの街に危険が迫っている」ことしか言えませんね…

六花は残った1人の大学生を呼び出し、狙われていることを伝えて逃げなければならないと言いますが時すでに遅し。霧の中から触手のようなものを放って彼を捕らえてしまいます。六花の力ではびくともしませんでしたが、駆けつけたキャリバーさんが2人を救出、絢のマックスさんに連絡して怪獣が出たことを知らせますが、グリッドマンに感知できなかったこともはっきりします。また、キャリバーさんが切断した面から配線のようなものが見えていますが、これは第1話の怪獣・グールギラスの首が切断された時と同じですね…

グリッドマンが霧の中から引きずり出した怪獣・ゴングリーは、パッと見た感じウルトラ怪獣のツインテールなどと似ています。

そして、グリッドマンの出現を察知したアンチもまた怪獣化。グリッドマンと戦うのに邪魔だとゴングリーに攻撃し仲間割れを起こしたすきにアシストウェポンが出現しようとしますが、グリッドマン共々フリーズを起こしてしまいました。今のジャンクの処理能力ではグリッドマンが全てのアシストウェポンを同時に運用することは出来ないということでしょう。フリーズの対処として六花がACアダプタを引っこ抜いた挙句、再起動しないので蹴飛ばすという昭和の家電のような扱いをしたので裕太も含めた全員が一度帰還。代表としてマックスさんが出撃します。即合体してキックでゴングリーを撃破、アンチが襲い掛かろうとしますが彼の方も万全な状態ではなかったのかエネルギー切れを起こし人間態に戻ってしまいました。

裕太は頑張って六花にアプローチしようとしますが、全く気付かれていません…がんばれ少年…

アカネはグリッドマンの存在に苛立つよりも、彼を倒すことに情熱を燃やすことにしたようです。次回は一体どんな手で襲い掛かってくるんでしょう…

タイトル SSSS.GRIDMAN
原作 グリッドマン
監督 雨宮哲
脚本 長谷川圭一
放送期間 2018年10月~12月
主な声優 響 裕太・広瀬裕也
グリッドマン・緑川光
公式サイト https://gridman.net/

SSSS.GRIDMANの各話も是非チェックして下さい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。