TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第4話「ブタ野郎には明日がない」【感想コラム】

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第4話「ブタ野郎には明日がない」【感想コラム】

またしても、咲太さん不思議な出来事に巻き込まれていましたね!

咲太とお尻を蹴り合ったことのある意味、特別な関係「古賀朋絵」(CV:東山奈央)が重要人物のようですよ!1年後輩のイマドキ方言女子って、すごい可愛さだなーと思いました。

そんな第4話を見ていきましょう!

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第4話「ブタ野郎には明日がない」のあらすじ

衝撃の公開告白から、ちょうど1ヶ月が経つ6月27日。付き合った記念日になるはずのこの日が繰り返されていると気づき、咲太は双葉のところへ相談を持ちかけます。

ループから抜け出すためには、“ラプラスの悪魔”を見つけ出す必要があると聞き――。

見せつけてくれますねー

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第4話「ブタ野郎には明日がない」【感想コラム】

画像引用元:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

学校の空き教室に咲太と麻衣だけの空間。机を寄せ合い、麻衣の手作りお弁当を囲みます。

芸能界活動を再開し、出演が決まったと嬉しそうな麻衣は「キスシーンがあるの」と話しました。咲太は一瞬その言葉に戸惑いながら、麻衣からサラッとビックリ発言を耳にします

「私のファーストキス咲太にあげたの、覚えてないの?最低―」

全く身に覚えがなく、何としても思い出したいと必死になる咲太をよそに…麻衣がじゃあもう一回する?」と咲太をためすように提案します。

全校生徒公認のカップルは見せつけてくれますねー、イチャイチャっぷり。

麻衣からからかいをしかけて、咲太も負けまいと対抗しつつ、「愛が冷めそう」と口にすると別れるのはイヤと言わんばかりに慌てた様子で、付き合うことを「うん…いいよ…」と返した後、顔を真っ赤にする押しに弱い麻衣さん可愛かったですね。

同じ27日が繰り返されている?

今日から恋人同士だと上機嫌の咲太。ところが、テレビには昨日と同じニュースが流れ、学校で友達と交わす会話も麻衣と付き合う前に戻っていることに気づき、3度目の27日をやり直すのかーと困った咲太は双葉に相談をもちかけました。

すると、双葉は違う考え方をしてみたらと話します。

咲太が27日に戻ったわけではなく、繰り返したと思っている27日は実は未来予知をしていたのではないか?と仮説を立てます。さらに「ラプラスの悪魔って知ってる?」と切り出し、説明を終えると続けて

「悪魔だけは繰り返される627日の記憶を持ったまま、前回と違う行動をとっている可能性が高い」と話します。

麻衣先輩が“シュレディンガーの猫”お次は“ラプラスの悪魔”ですね。

中心人物を見つけるまで無限ループって怖くねっと思ったのですが、咲太はループしてしまうことで、麻衣さんと付き合える明日が来ないと落ち込んでいました。

1カ月も毎日告白し続けるという約束を守ったけど、付き合ないのはつらいですよね。

ラプラスの悪魔

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第4話「ブタ野郎には明日がない」【感想コラム】

画像引用元:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

探そうにもあまりの人数の多さに頭を悩ませる咲太は、なぜか教卓の下で隠れている古賀と出会いました。それは、咲太がループの中で偶然見かけた古賀の行動と異なっていました。

つまり、“古賀朋絵=ラプラスの悪魔”と確信した咲太は「今日は何度目だ?」という質問に「私も3度目。私だけじゃなかったんだ、この先どげんなると」答えて安堵と不安を漏らします。

友達が好きな男子からの告白を逃れるため、身を隠していた古賀なのですが、あやまって教卓が倒れ、咲太に覆いかぶさるような体勢に。その男子が大きな物音に気づいて2人のいる教室へやってきて恋人同士だと勘違いしますが、勘違いはこれだけでは終わりません。

これ以上ないってくらいに、最悪のタイミングで麻衣も現れて浮気現場を目撃したと思い込み、誤解を解く間も与えず「話しかけないで」と言い残し後にします…修羅場ですねぇ

咲太を追い込むかのように日付はループから抜け出して28日へ。現実を受け入れたくない咲太とは、対照的に古賀は付き合っている的な誤解をそのままに「デートして!」と頼まれ、咲太はしぶしぶOKします。

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第4話「ブタ野郎には明日がない」の感想

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第4話「ブタ野郎には明日がない」【感想コラム】

画像引用元:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

今回の“ラプラスの悪魔”も一筋縄で解決しそうにありませんね。

古賀はクラスから浮いてしまうことへの恐怖感、1人でいるのは恥ずかしいと話していましたが、自分の居場所と思うほど大切な友達にウソをついてでも、自分の立場を守ろうとする。バレてしまった時のことを考えると矛盾を感じました。

それに双葉が話していましたが、また27日からやり直しになる能性は高いと話してましたね。ということは、このウソも突き通すことが出来なければ27日からってことですかね?全校生徒に告白の後は、全校生徒にウソをつくことになるなんて一難去ってまた一難です。

咲太も麻衣に誤解されて落ち込んでいるかと思いきや、「必死に弁解する僕を見て、心底楽しそうに笑うだろなー」と想像して「スゲー楽しそう」興奮気味でしたね。

思わず、次回予告の“さすが梓川ブタ野郎”のキメ台詞に納得しました。

ED「不可思議のカルテ」の方も今回から古賀朋絵ソロVer.に変わっていましたね!キャラ別のソロVer.が聴けるのかな?だとしたら、その辺りも楽しみです!

文章:あそしえいつYH

転生したらスライムだった件の各話も是非チェックして下さい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。