100万ダウンロード突破! アプリ「カスタムキャスト」は人を底なし沼に引きずり込むアプリだった!【プレイレポート】

100万ダウンロード突破! アプリ「カスタムキャスト」は人を底なし沼に引きずり込むアプリだった!【プレイレポート】

突然ですが、みなさんは「カスタムキャスト」というアプリをご存知でしょうか?

先日、100万ダウンロードを達成したので、「名前は聞いたことあるな…」という方もいるかもしれませんね。

ざっくり言うと3Dアバターを自分で作ることができるアプリです。Twitterでその存在を知り、友人に勧められてプレイしてみたのですが、これはヤバいですよ!

楽しすぎてついつい夜更かししちゃいます(笑)

もし、まだプレイしていない方がいるのであれば是非とも一度やっていただきたいですね。

というわけで、今回はアプリ「カスタムキャスト」について、筆者がプレイして感じた面白さや魅力を伝えてみようと思います。この記事を読んだあなたは、きっと「カスタムキャスト」をプレイすることになるでしょう。

そして、底なし沼にズブズブと沈んでゆくのです…

「 カスタムキャスト 」とは?

まずは、アプリ「カスタムキャスト」がどのようなものなのかを簡単に説明しておきましょう。

「カスタムキャスト」は、動画共有サービス「ニコニコ動画」を提供しているドワンゴと、S-courtが共同開発したスマートフォンアプリです。iOSAndroidに対応しています。

主な機能として、バーチャルYouTuberのモデル(3Dアバター)の作成とニコニコ生放送への配信機能があります。それらの機能は基本的に無料で使うことができるのですから、すごいですよね。

「3Dアバターの作成なんて難しそう…」と思われる方もいるかもしれませんが大丈夫です。アプリのユーザーインターフェース(UI)は直感的でわかりやすいので、すぐにプレイすることができます。筆者もすぐにUIを理解してプレイすることができましたからね。

しかも、スマートフォンで手軽にプレイすることができるので、いつでもどこでも簡単にキャラメイクができちゃうんです。すごすぎて笑っちゃいますよ。

ただ、個人的にはスマートフォンではなく、タブレットでプレイすることをおすすめします。スマートフォンで手軽にプレイできることはイイことだとは思うのですが、タブレットのほうがキャラクターの作成がやりやすいんですよね。キャラクターの細部が見やすくなるので、いろいろと捗りますよ(笑)

プレイしてみて

さて、「カスタムキャスト」というアプリについてだいたいわかりましたか?

まあ、わからなくても大丈夫です。細かいことがわからなくとも直感的にプレイできる。そこが「カスタムキャスト」のイイところですからね!

そんな「カスタムキャスト」の魅力を実際にプレイしてみた筆者の視点から紹介してゆきましょう。今回は3つの魅力について紹介してゆきたいと思います。結構個人的な意見が入ったレポートになるとは思いますが、そのあたりは大目に見てくださいね~。

時間が消し飛ぶほどのやり込み性

「カスタムキャスト」の面白いところ。それは自由自在に3Dアバターを作れるところです。なにを差し置いてもこれがとにかく楽しいんですよ!

 

筆者は楽しみすぎて時間を忘れてしまいました(いつの間にか窓の外が明るくなっていました…)。

 

時間感覚が狂うほどやり込んでしまったキャラクター作成は「ボディカスタム」「ボディパーツ」「ドレスパーツ」の3つを自由にいじり、自由に組み合わせることで行ないます。「ボディカスタム」では、身長や足の長さ、胸の大きさ、顔のあらゆる部分などを。「ボディパーツ」では、髪型・髪色、瞳のあれこれ、ホクロの有無などを。「ドレスパーツ」では、服装やアクセサリーを好き勝手選んで組み合わせることができます。

ここで言う”自由にいじり”と”自由に組み合わせる”における”自由”の幅がとにかく広いんです!たとえば、髪や瞳の色味や陰影はかなり細かく調整することができるんですよ。

そのほかにも、前髪・後ろ髪・もみあげ・結んだ髪の長さ・大きさ・位置を自在に動かすことができたり、プロポーションを想うがままにいじったりすることができるんです。

つまるところ、作成するキャラクターの細部をいじり倒して、自分のこだわりを極限まで追求することができるということです。

そりゃあ、時間がすぐに経っちゃいますよね。特に凝り性の人はとんでもないことになりますよ(笑)

作ったキャラクターでいろいろできちゃう

こだわるところをとことんこだわって作ったキャラクター。当然かわいいですよね。

「カスタムキャスト」では、そんなこだわりのキャラクターを使ってさまざまなことができるんです。その主なものが、ニコニコ生放送での動画配信です。作成した3Dアバターに自身の動きをシンクロさせちゃうことができるんです。

まさに、「スマートフォンで誰でも簡単VTuber!!」ですね。時代はとうとうここまで来たんですよ…!

とは言っても、「別に配信はいいかなー」という風に思われている方もいるでしょう。動画配信をしない方は「カスタムキャスト」を楽しめないのか!?

 

いやいや! まったくそんなことはありませんよ!

 

動画配信をせずとも、作成したキャラクターにいろいろなポーズを取らせてみたり、Twitterで自作キャラクターを見せ合いっこしたり、好きなアニメ・ゲームのキャラクターを再現してみたりと、楽しみ方は多種多様にあります。

かく言う筆者も、動画配信をせずに「カスタムキャスト」を楽しんでいます。

ホント、作ったキャラクターを眺めていると幸せな気分になりますよ~。

そして、どんどん時が過ぎてゆくんですね。わかります。

唯一の欠点は…?

さて、こんなに素晴らしいアプリ「カスタムキャスト」ですが、一つだけ欠点があるんです。まあ、欠点というよりも宿命という感じかもしれないんですけど。みなさん、なんだと思いますか?

それは……

 

自分の好み・性癖がモロバレになってしまうことです!!!

 

かなり忌憚なく言ってしまいましたが、これなんですよ。ゲームがどうこうではなく、自分の趣味が丸裸になってしまうこと。これがアプリ「カスタムキャスト」の欠点であり、業深いところだと筆者は思っています。

でも、考えてみれば当たり前のことですよね。自分で好き勝手に、自由自在にキャラクターを作成できるんですから。作ったキャラクターに自分の好みがストレートに出るのは当然ですよ。何か明確なコンセプトやキャラクターのビジョンを見すえていないと自分に響くキャラクターだけをひたすら量産することになっちゃいますよ。

実際、筆者も何体かキャラクターを作りましたが、すべて自分の好みをモロに反映していました(笑)

 

とても楽しいアプリですが、やはりなかなか業が深いですね。この業の深さを留意したうえでプレイしましょう。

ちなみに、友人と「カスタムキャスト」で作ったキャラクターを見せ合いっこすると、”性癖披露大会”になってしまう可能性があるので、そのあたりは気をつけてくださいね!

筆者はすでに”性癖披露大会”経験済みです!

あなたも一緒にキャラメイク!

いかがでしたか?

「カスタムキャスト」、とっても楽しそうじゃないですか?

自分の好きなキャラクターを作って、自由に遊ぶ。やってみたい人はニコニコ生放送で動画配信もできるんですよ。遊びしろに溢れていると思いませんか?

この記事を見て「やってみたい!」と思った方は今すぐダウンロードです!

プレイするかどうかまだ決められないという方は、Twitterで「カスタムキャスト」と検索してみてください。いろんな人が作った多種多様なキャラクターたちの画像をたんまりと見ることができると思います。

さまざまなキャラクターを見て、「自分もあんな風にキャラクターを作ってみたい」と思ったら、そのときこそ「カスタムキャスト」をダウンロードです。

さあ! 一緒に楽しみましょう!

VRデートアニメ『 One Roomセカンドシーズン 』のここがヤバい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

タングステン

大学生をしながらライターをさせていただいている「タングステン」と申します。アニメ・ゲームなどに関するいろいろな記事を書かせてもらっていますが、特にアニメ楽曲の記事が多いように思います。あとは、音ゲー大好きマンなので、音ゲーのプレイレポートも書きます。拙い文章かもしれませんが、精一杯書いております。