TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第9話「シスターパニック」【感想コラム】

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第9話「シスターパニック」【感想コラム】

今回は麻衣の義妹「豊浜のどか」(CV:内田真礼)のエピソードでしたね!

麻衣はトップ女優、豊浜はスイートバレットというアイドルグループの1人、お互い芸能界活動しているわけですが、麻衣と比べられてしまうのは相当なプレッシャーだったでしょうね。 色々な感情が渦巻いている気がしますね。

咲太も素直になれない姉妹の仲介人のように立ち回っておりました。

そんな第9話をみていきましょう!

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第9話「シスターパニック」のあらすじ

2学期が始まる9月1日。多忙な仕事をこなす麻衣の「2学期なれば、普通に学校で会えるから」という言葉を信じて、イチャラブスクールライフを咲太は期待していた。

しかし、その期待は豊浜のどかの思春期症候群よって空しくも打ち砕かれてしまう。

2学期そうそう

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第9話「シスターパニック」【感想コラム】

画像引用元:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

学校に来なかった麻衣を見つけて、嬉しそうに駆け寄る咲太。ところが、いつもと様子の違う麻衣の異変に気づくと、のどかの姿をした麻衣から2人が入れ替わってしまったと説明をされます。

とりあえず、これからどうするか?を話し合うため麻衣の自宅へ。現実が受け入れられず戸惑うのどかをよそに、のどかは麻衣、麻衣はのどかとしてバレないよう生活を送ることに。

麻衣は入れ替わりの原因かもしれない“母親同士のプライド”について咲太へ伝えます。

「私の母親は別れた父とその再婚相手、のどかの母親とその当てつけで私を劇団にいれたの。それを知ったのどかの母親も自分の娘を劇団に入れた。」

咲太も「代理戦争の駒」と例えていましたが、母親同士の問題を麻衣とのどかに背負わせてしまったわけです。

しかし、引っ張りだこの麻衣の活躍を見て、のどかの目にはどう映ったのでしょう?もっと言えば、何も感じないはずがなかったと思います。

自分もお姉ちゃんのようになりたい憧れを募らせるほど、麻衣をいやでも意識してしまう劣等感のような複雑な気持ちが入り混じったとするなら、思春期症候群を引き起こす原因になりえたのでしょうね。

どちらも悪くない。だけど…

咲太は姉妹の間に生じている微妙な心の距離を感じて、のどかに「お姉さんが大嫌いとかさ」と思い切って伝えてみたらと話します。

見透かされているような気がして“違う”と強く否定しますが、麻衣さんもうすうす気づいていると聞かされてショックを隠し切れないのどか。

そして、麻衣とのどかが向かい合いずっと感じてきた本音を口にする時がやってきました。

ずっと麻衣と比べられてきた。母親からも“麻衣ちゃんに出来ることがどうして、のどかにはできないの”言われて、「スイートバレット」でやっと掴んだチャンスも、活動再開した麻衣に追い越されてしまった。という悲痛な思いを吐き出しました。

ついには「お姉ちゃんなんて大嫌い!」

とても重々しい空気が流れる中、麻衣は真っ直ぐのどかをじっと見つめて

「そう良かった、私ものどかの事嫌いだったから。全部、無神経な父親のせいだけどね」

怒らず淡々と飛びたしてきた言葉に、のどかは驚きを隠せませんでした。

売り言葉に買い言葉、嫌い嫌いのやり取りなんて悲しい姉妹ゲンカですね…。このケンカが麻衣とのどかというより、お互いの家庭環境の違いといいますか、親が大きな原因のような気がしました。

のどかは麻衣を尊敬しているとも言っていたので、少し環境が違えば関係をうまく築けていたんじゃないと思いますし、そこがまた悲しいですね。

素直になれない姉妹

そして、麻衣として迎えたCM撮影の仕事。のどかは現場に本番前の張りつめた空気が流れる中で、強ばった表情を浮かべてだんだん呼吸が荒くなり、過呼吸で倒れてしまいます。

仕事の様子を見てくるよう頼まれた咲太は、撮影は中止なったとありのままを麻衣に伝えます。

どうしても心配な麻衣は、咲太にのどかの様子見を頼み 

「和室の戸棚は絶対に開けないこと」

 意味深な約束を念押しされて、咲太はのどかのいるマンションへ。

CMのミスを気にしていたのどかは「お姉ちゃん何か言ってた?」と尋ね、咲太は「お前なら監督からOKもらえると疑ってなかった」と麻衣の率直な気持ちを伝えました。

最後は開けないでと言われていた戸棚へ手を伸ばす咲太――――

すごく続きが気になるところで終わってしまいました!何が入っているのでしょうね。

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第9話「シスターパニック」の感想

TVアニメ『 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 』第9話「シスターパニック」【感想コラム】

画像引用元:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

さて、今回の思春期症候群は姉妹同士の入れ換わりでしたが、声優さんってやっぱりすごいなーとあらためて思う回でもありました。

麻衣として振る舞うのどかは、いつも一緒にいる咲太ですら似ているなと褒めるほどの完成度。それはお姉ちゃんが自慢で憧れだったから、マネしていたと話していましたね。

おそらく、今でも心のどこかに“お姉ちゃんに認められたい”と憧れを抱いているのだと思います。

麻衣がのどかなら大丈夫と聞いた時、自然と笑顔がこぼれるくらい喜んでいましたし、本心はお姉ちゃんを大好き。

だけど、母親の意地の張り合いで比べられる対象として根付いてしまった…ホント、複雑な思いをしてきたのでしょうね。

やっぱり人気者というだけあって、麻衣はランニングやカラオケで1人練習するなど陰の努力を怠らない一面が描かれていましたね。

計り知れないプレッシャーにも負けず、周囲の期待に応え続けるために頑張り続けている麻衣のすごさも。その憧れの背中を必死で追いかけるのどかも、母親に振り回さなく「自分らしく」振る舞うことがポイントになってくるのではないでしょうか!

戸棚のしまってあるものは何なのか?そして、次回予告でチラッと流れた幼いのどからしき面影の人物も気になります。

ともかく、次回は第10話「コンプレックスこんぐらっちゅれーしょん」です。

文章:あそしえいつYH

転生したらスライムだった件の各話も是非チェックして下さい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。