TVアニメ『 kiss x sis( キスシス ) 』少しエッチで面白いですよ。

TVアニメ『 kiss x sis( キスシス ) 』少しエッチで面白いですよ。

『 kiss x sis ( キスシス )』は、ぢたまによる日本の漫画「月刊ヤングマガジン」にて連載中です。監督の名和宗則さんはTVアニメ乃木坂春香の秘密(2008年)監督 劇場アニメ紅殻のパンドラ(2015年)監督も手掛けられています。

このアニメは主人公の中学2年生と血の繋がりがない双子の姉とのちょっとエッチなラブコメですので、ちょっぴり見ていて恥ずかしくなったりします。

このアニメを見ていると、思春期の頃の気持ちかよみがえるような、思わず笑える作品だと思います。

TVアニメ『 kiss x sis 』のあらすじ

主人公の住之江圭太が、双子の姉達と同じ高校に行こうと決心し受験勉強に励みますが、色々とあり、なかなか勉強に身が入りません。理由は双子の姉にあります。ところが・・・

主な登場人物の紹介

住之江圭太

主人公、父の連れ子、中学2年生の住之江圭太、圭太は中学生の頃、陸上部で一番足が速いため、推薦で双子姉達とは違う高校に入ることになっていましたが、姉2人と同じ高校に入るようになり受験をする事になります。

住之江あこ

母の連れ子双子の姉である。玉秀高校で生徒会を務めています。頭も良く料理もできるしっかり者で弟思いです。

住之江りこ

母の連れ子双子の妹である。玉秀高校で風紀委員を務めています。勉強も料理も苦手ですが、度胸があり、本番に強い事で高校も合格出来た。

筆者はある意味すごい運の良さと特別な能力を感じました。本番に弱い筆者にとってはうらやましいですね。(笑)

ここまで思いをストレートに言うことが出来たり出来るなんて

あこもりこも、圭太の事が大好き。弟だけど、弟以上の感情があり、普通なら言えない「好き」とか「キスして」とか「もっと触ってもいいよ」と平気でストレートに言う。これが日常的になっているというところが、このアニメの面白いところのひとつなのかもと思いますが、いかがでしょう?

あことりこ。2人の間にもライバル心が火花を散らす!

あこは勉強も得意なので家庭教師をしたり、料理が得意なので夜食を作ってあげたりと色々とやつてあげる事がありますが、それに比べてりこは、勉強も料理も苦手なので、圭太になにもしてあげられることがない。あこに圭太をひとりじめされているのが、悔しいと思っています。りこはりこなりに圭太の事精一杯応援します。

そんな姉2人に圭太は、「あこねぇ、りこねぇ、いい加減にして」といいつつも

TVアニメ『 kiss x sis( キスシス ) 』少しエッチで面白いですよ。

あこねぇにもりこねぇにも圭太は、ありがたく感謝しています。ほかの思春期の男達には「良いよなぁ」「2人と同じ屋根の下で暮らして」って思われるけどね。圭太にはいい事もあるけど2人の考えてられないアタックの仕方。2人が私も私もと張り合うことがある『いい加減にしてくれ』って叫びたくなる。

ですが、圭太は幼い頃、姉2人と結婚したいと思っていましたが、父から、「1人としか結婚出来ない。」って言われ幼い圭太は、「決められない。」と泣いていました。それほど姉2人とも好きだと思っていたということですね。

筆者は、可愛いと思ってしまいました。それからそんな積極的な事も大胆な発想も、むして行動することなんていくら好きな相手でも無理ですね。2人がちょっぴりうらやましく思います。(笑)

2人がどのようなアタック方法で圭太の心を引く事が出来るのか?それとも圭太がほかの人に心引かれてしまうのかなぁ?圭太の気持ちがどこに行ってしまうのか?という事を考えるで見ても楽しみのひとつです。なかなか最後まで行かないところも面白いところです。

はれて高校生なった圭太

高校の入学式の朝、3人は、幼い頃と同じように、手を繋いで歩いているのを見ていて筆者は、こんなにアダルトなアニメを観た事が無かったのでびっくりしました。でも面白かったです。面白い、笑いたい、エッチなのが大丈夫、そんな方々、是非見て下さい。

文章:あそしえいつK.M

「kiss×sis」TV版 Blu-ray BOX【生産限定版】|Amazon

『 グランクレスト戦記 』シルーカとアイシェラは姉妹だった!?

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。