お正月にピッタリのアニメを3つ選んでみた!

お正月にピッタリのアニメを3つ選んでみた!

今回はお正月に見ておきたいアニメを紹介したいと思います。どれもお正月のイベントや行事などに関連している作品ばかりなので、タイミング的にもバッチリです。

たまこまーけっと

2013年放送。「けいおん!」などを手掛けた山田尚子監督の初のオリジナルアニメーション。商店街の餅屋の娘・北白川たまこを中心に、たまこの同級生や、商店街の人たちとの温かい日常を描く作品。お餅屋さんも忙しくなるとある年末に、たまこが南国から来た言葉を話す不思議な鳥と出会う事から物語が始まります。

筆者がお正月と聞いてまず浮かんでくるのが「お餅」ですね。たまこの家はお餅屋さんなのでお餅を作るシーンも描かれていますし、たまこもお餅の事が大好きで、いつもお餅のことばかり考えている優しい女の子です。お正月にお雑煮でも食べながら見ると、心がほっこりすること間違いなしの作品。

また本作の続編として「たまこラブストーリー」という映画作品もあります。こちらはテレビ版とは雰囲気が違うのですが、ピュアなラブストーリーが見どころの名作です。

 

風が強く吹いている

2018年10月より放送中のテレビアニメ。原作は三浦しをん先生の同名小説で、箱根駅伝をテーマにした作品です。高校時代長距離の有力選手だった蔵原走(くらはらかける)が、ほぼ陸上経験なしの同じ大学寮のメンバーと一緒に箱根駅伝を目指すという作品です。

お正月のメインイベントと言えばやっぱり箱根駅伝ですよね。この作品で箱根駅伝について知ってから走っている選手を見ると、これまでとは違った視点から駅伝が楽しめるのではないでしょうか。特にスポーツものが好きな方にはおすすめです。

アニメはお正月の箱根駅伝を挟んでの2クール放送。現在1クール目(箱根駅伝でいう往路)が終わった状況です。現時点で走たちは箱根駅伝に出場するための予選会に向けて頑張っている段階です。まだまだ先は長いですが、走たちの目標である箱根駅伝を先に見ておくことで2クール目(駅伝でいう復路)に向けてのモチベーションもきっとあがるはず!

 

ちはやふる

末次由紀先生による少女漫画が原作。非常に人気のある作品なのでタイトルはご存知の方も多いと思います。2011年、13年に二度のアニメ化。ファンからは年々3期制作の期待が高まっていたのですが、ついに2019年4月より待望のアニメ3期放送が決定しました。

お正月の伝統的な遊びと言えば「かるた取り」。新年に家族や親戚みんなで集まって、札を囲んで遊んだ経験はありませんか?ちなみに「ちはやふる」は、かるたはかるたでも、「競技かるた」に青春を捧げる高校生の物語です。

ただ前作放送からかなり時間が経ってしまっているので、見たことあるけど内容を忘れてしまった!という人は復習をかねて、初めて見るよという方もこの機会にぜひ見ていただきたいです。努力・友情・恋愛・その他全てのメッセージが込められた名作です。3期でまた千早たちに会えるのが今から楽しみですね!

お正月は家族や友達と一緒にアニメを見よう!

今回紹介した作品のもうひとつの特徴は、どれも家族や友達と一緒に楽しめる健康的な作品だという点です。小学生からおじいちゃんまで、誰もが共感して見られるのがいいですよね。普段アニメを一人で見ているよという方も、この機会にみんなで一緒に見るのはいかかですか?お正月にアニメパワーを注入して、2019年も頑張っていきましょう!!

2019年 冬アニメ。オススメ作品を5つ選んでみたよ!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。