『 アイカツフレンズ! 』 第39話「開幕!ダイヤモンドフレンズカップ」想いを託すハニーキャット【感想コラム】

『 アイカツフレンズ! 』 第39話「開幕!ダイヤモンドフレンズカップ」想いを託すハニーキャット【感想コラム】

2019年1回目の放送。ついに、ダイヤモンドフレンズカップがはじまります!!

しかし、1月のうちからやってしまうということは、2月3月はなにをやるのでしょう??

決戦前に

特別レッスンで特訓するエマと舞花。
2人は、ミラクルアピールの練習で苦戦しているあいね&みおを見つけます。

あいね&みおに、一緒にアイカツしようと誘うと……。

「本当にいいの? 敵に塩を送るようなことして」
とみおが言いました。

しかし、舞花とエマも、ミラクルアピールを成功させたのは“あの1回”だけでした。
それに、ファンのためにステージを成功させたい気持ちはみんな同じ。

というわけで、4人はファンのために必ずミラクルアピールを成功させようと、一緒に特訓をはじめます。

友達でありファン

しかし、いくら練習してもミラクルアピールを出せない舞花たち。

そのまま、ダイヤモンドフレンズカップがはじまってしまいます。

3連覇中の「ラブミーティア」へ挑むには、まず1回戦を勝たなければいけない。しかし、4人はミラクルアピールを出せないままで……。

気落ちモードの中、あいねは「まだ終わりじゃないよ!」と言います。
立ち直ったみおは、舞花とエマに対して言いました。

舞花・エマとは友達で、この4人はチームで、そして自分たちは「ハニーキャット」のファンであるのだと。

決勝への道をかけて戦う仲だし、競い合うけれど、敵ではなくチームである。
フレンズの枠を超えた、4人の関係。

ミラクルアピールの成功

エマと舞花は思い出します。
フレンズ結成の時、ドレスデザインに迷っていた時、背中を押してくれたのはあいねたちであったことを。

そして「ハニーキャット」は、ファンのためにステージへ立ち、ミラクルアピールを成功させます。

そんな2人に励まされたあいねとみおは、「ハニーキャット」のためにも、ファンのためにもステージを行い、「ピュアパレット」もまたミラクルアピールを成功させました。

決着

『 アイカツフレンズ! 』 第39話「開幕!ダイヤモンドフレンズカップ」想いを託すハニーキャット【感想コラム】

画像引用元:©BNP/BANDAI, DENTSU, TV TOKYO

どちらも最高のステージだった。
「ラブミーティア」は4人を認めますが、それでも勝つのは一組だけ。

投票の結果、僅差で勝利したのは「ピュアパレット」でした。

ファンの応援を力に変えたから、ミラクルアピールは成功した。

舞花とエマは負けた悔しさに涙も出るけれど、あいね・みおを抱きしめ、想いを託しました。


競うあい、影響を受け合い、互いが互いのファンでもある。
ライバルだけど、敵ではなく友達でチーム。

そんな「ピュアパレット」と「ハニーキャット」の関係。
「ハニーキャット」は負けてしまったけれど、これだけ大事に描かれたら、「ハニーキャット」推しも満足の回だったのではないでしょうか。

しかし、次の「リフレクトムーン」VS「ラブミーティア」では、こういう関係にはなりません。
「リフレクトムーン」がどう描かれるのか、楽しみなところです。

アイカツフレンズ! 感想 のまとめ

『 アイカツフレンズ! 』アニメ1年目の主要フレンズ&曲まとめ!【感想コラム】

アイカツフレンズ!の各話も是非チェックして下さい!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。