TVアニメ『 えんどろ~! 』ろ~る1「エンドロールにはまだ早い~!」【感想コラム】

TVアニメ『 えんどろ~! 』ろ~る1「エンドロールにはまだ早い~!」【感想コラム】

可愛い女の子キャラの日常や頑張っている姿が見られる、いわゆる…きらら枠を楽しみにしていた筆者ですが、今期は無い…だと…!?(あばばばば)

そんな筆者と同じ“きらら難民”の皆様に朗報です!我々にはこの『えんどろ~!』という希望がまだ残っています。ぜひ、このアニメを観て“きらら成分”を補充しましょう!

TVアニメ『 えんどろ~! 』ろ~る1「エンドロールにはまだ早い~!」のあらすじ

主人公ユーリア・シャルデット、通称“ユーシャ”という少女の存在は、まだ何者でもなく何色にも染まっていなかった…。

けれど、仲間たちとの出会いや友情がユーシャに夢という名の花を咲かせました。

これは、無色の少女が仲間と共に色鮮やかな夢を叶えるための第一歩。

そう、勇者になるという夢のために…。

キャラクター紹介

ユーシャ(ユーリア・シャルデット)CV:赤尾ひかる

ふわふわの天然系で直感力と幸運に恵まれた天性の勇者体質。

どんな相手にも心優しく、とても仲間想い。

何かに夢中になるとすぐに目的から脱線してしまうので、いつも仲間に支えてもらっている。

セイラ(エレノワール・セイラン)CV:夏川椎菜

生真面目でパーティー随一のツッコミ役。

エルフの聖者で面倒見がよく、パーティーの良心的存在。

一番常識的だが、家事が苦手だったり、忘れ物をしたりと、時々抜けている一面もある。

ファイ(ファイ・ファイ)CV:小澤亜李

天真爛漫な元気っ子で、ご飯と友達が大好きな戦士。

意外に常識的で理論派。

幼い頃から森で育ったこともあり、動物と心を通わすことができる。

メイ(メイザ・エンダスト)CV:水瀬いのり

物静かな魔法使い。

家庭的な女の子らしさの一面もある。

基本は無表情だが、その裏ではオヤジギャグなど、頭の悪いことを考えていたりする。

マオ CV :久野美咲

ユーシャ達の通う冒険者学校の新米教師。

精神的には大人なものの、幼い容姿のために生徒からは可愛いマスコットのように扱われている。

ローナ姫(ローナ・プリシパ・オ・ラパネスタ) CV:麻倉もも

ラパネスタの王女。

「勇者物語」を愛読していて、勇者という存在に恋をしている。

普段はおっとりした性格だが、勇者のことになると思いがけない行動をとることも。

開始早々最終回!?

魔王の城でユーシャ、セイラ、ファイ、メイの4人は魔王と戦っていました。

魔王は勇者の力を認めて、その力を自分のために使うなら世界の半分を与えてもいいと言いましたが

「いらない!私が欲しいのは世界中のみんなが笑っている世界だけ!」

勇者は魔王の誘いを断り、4人で連携攻撃をしましたが…魔王は倒せませんでした。

魔王の圧倒的な強さにみんなが戦意喪失になっていると、ユーシャがみんなに力を貸してと頼んで禁断の魔法を使おうとしたので、セイラが失敗を恐れていたら

「大丈夫!私を信じて!そしてみんな自身を!」

みんなを鼓舞して、呪文を詠唱し、次元封獄界を開門して魔王を次元の彼方へ送り、勝利することができました。

新担任はマオ(魔王)?

TVアニメ『 えんどろ~! 』ろ~る1「エンドロールにはまだ早い~!」【感想コラム】

画像引用元:©ERP/えんどろ~製作委員会!

ユーシャが寝ていると、セイラが入学早々遅刻しないように起こしに来ました。セイラはファイも起こしに行ったのですが…寝起きのファイはお腹がぺこぺこらしくて、耳をはむはむされたので恥ずかしそうにしていました。

メイもセイラに起こされたかと思いきや、一晩中カルタードの研究をしていて寝ていませんでした。メイがカルタードについて熱く語り出したので、セイラがその場から移動するように押しながら歩かせました。

無事冒険者学校に着くと、担任がいきなり重大なお知らせがあると言ったので…何かと思うと、田舎で孫夫婦と暮らすことになったから今日で学校辞めるからと言ってテレポートで消えました。

それから新担任が教室に入ってきて、教壇が高くてジャンプしながら自己紹介していましたが…途中で邪魔だと教壇を蹴り飛ばして

「我が今日からお主らの担任になる魔お…マオじゃ!びしびししごくが故覚悟するがよい!」

と言うマオ。それを聞いていた生徒たちは可愛い…と和むのでした。

TVアニメ『 えんどろ~! 』ろ~る1「エンドロールにはまだ早い~!」の感想

TVアニメ『 えんどろ~! 』ろ~る1「エンドロールにはまだ早い~!」【感想コラム】

画像引用元:©ERP/えんどろ~製作委員会!

ユーシャを初めて見て…ピンク髪で声も同じ赤尾さんだったので、かおす先生かな…?と思ってしまいました(笑)

アニメが始まって、いきなり魔王の城でいかにも“最終決戦!”って感じだったので…どういう事?と思いましたね。しかも、魔王を倒してエンドロールも流れるし…いい最終回でした。

からの…ユーシャの寝てるシーンから始まったので、寝落ちパターンかな…?と思ったんですが、どうやらそういう訳ではなさそうですね!

そんなユーシャを起こしに来たセイラ…いかにも真面目キャラって感じでしたね。真面目故に振り回されるようなところが夏川さんの声に合っているなーと思いました。

セイラを振り回すもう1人の存在のファイは天真爛漫で、まさに小澤さんにハマり役と感じました。ああいうキャラの小澤さんいいですよね!

最後の1人のメイは少し変わっていますね。水瀬さんの可愛い声のキャラはもちろん素敵ですけど、メイみたいな少しトーンが低めのキャラも割と好きです。

みんなで学校に着くと、いきなりの担任が辞めるって…しかも軽すぎて笑いました。

代わりに新担任になったマオが久野さんの声でより可愛かったですね。マオと誤魔化していましたが、確実に魔王でしょうね(笑)

個人的にはキャラクター原案が『ゆるゆり』のなもり先生なので、もう少し百合要素が欲しいと思いました。セイラとファイの組み合わせが希望です。

百合要素も期待しつつ、ユーシャたちとマオの物語がどんな風に進んで行くのか楽しみで仕方ありません!

文章:Kyouei-弥生いろは

えんどろ~! はますます絶好調!各話を見逃さないで!



TVアニメ『 えんどろ~! 』の勇者パーティーの防具が「セクシ~!」な件

冬も豊作!? 2019年冬アニメ注目度ランキング

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。