TVアニメ『 上野さんは不器用 』第3話「キルトハイド/ガラクたん」【感想コラム】

TVアニメ『 上野さんは不器用 』第3話「キルトハイド/ガラクたん」【感想コラム】

今回は新キャラクターの「北長」(CV:戸松遥)が初登場していました。また、ヤバいキャラが増えましたこの学校にはきっと大物しかいませんね…色んな意味で。

控えめに言って、エロくて最高!!

あと、なんとなく「田中君は北長の裸を見てもいやらし気持ちにならないよね」とか言い
そうですね。分かる人には伝わるはず…

じゃあ、第3話を見ていきましょう

水泳部部長 北長さん登場!

上野さんに頼んでいたある発明品「キルトハイド」を受け取るなり、上着を脱ぎ捨てスクール水着さえも脱ごうとします。つまり全裸ですねー。

キルトハイドを設置しておけば全裸であっても、劣情を掻きたてる部分は謎の宇宙空間がさえぎってくれるという装置らしいのですが、北長さんはすぐ装置の効果を試したい!

だから、この中で唯一の男子、田中に白羽の矢を立てるわけです。この時北長さんは隠されてるとはいえ、ほぼ全裸…羞恥心は何処へって感じですが…さらに

「君が水泳部の部室をこっそりのぞいた時にこう見えてたらエッチな気分になるのかを聞いてるんだよぉ?」

と北長さん。想像が掻きたてられてエッチな気分になりますねぇ!と答えたくなりますが、この場にはそんな人はいません。田中は言葉ではなく、行動で答えようとするのですよ!

スーと伸ばした人差し指は北長さんのお胸へ一直線。これにはさすがの北長さんも

「いやああぁ+ー!おちょ、ちょっ、おちち触ろうとしたぁぁぁぁ!!」

大絶叫です。出ましたよ、田中の唐突な好奇心を抑えられない衝動かつナチュラルなセクハラですね(笑)

その突飛な行動に振り回されて、上野さんが赤面しながらアタフタとしている回が増えてきました。北長さんもお姉さんぽくってカワイイですね。見た目は清楚でも全裸で校内を歩き回る美少女とは一体!?どう考えてもヤバいよ、面白すぎです。

上野さんは乙女

「あー、あー、喉乾いた。もう、どうすっかなーこれは」

と上野さんの棒読みから始まりました。ここぞとばかりに「ガラクたん」を取り出す上野さん。ガラクたんは蓋を一捻りするだけで、銀河に語りかけ水を適量出現させるアイテム。毎度のことながら、なぞ原理ですがその発明品はガラクタではない事は確かですね。

という事で、その水を飲んで一息つく上野さん。飲んだ感想は「あぁ~銀河の味」とご満悦。お次は「田中の番だぞ」と強引に飲むよう進める。

上野さんには真の目的がありました。田中と間接キスがしたい!という思惑が…

しかし、田中は「人が飲んだのを回し飲みとか考えられない」と拒否しますが、ここで上野さんにチャンスが巡ってきます。

田中が「僕が飲んでた方に口付けてくださいよ」と上野さんに差し出すのでした。ここから上野さんの思った通りに運ぶのか!って感じですが、この後の上野さんすごく可愛いですよ。

TVアニメ『 上野さんは不器用 』第3話「キルトハイド/ガラくたん」の感想

TVアニメ『 上野さんは不器用 』第3話「キルトハイド/ガラクたん」【感想コラム】

画像引用元:© tugeneko・白泉社/上野さんは不器用製作委員会

今回は北長さんが登場してきた時、清楚キャラだと勝手に判断していましたが、始まって2秒で脱ぎだしちゃって開幕からサービス回でしたね。まさに露出多めで、またやべーやつがきたようだ!と思いつつ、攻めに攻める北長さんに歓喜でした。

んでも、触ろうっとしちゃダメですよ、田中さん。油断も隙もあったもんじゃありません。っと言いたいところですがその勇気だけはすごいですね。女子対して強過ぎと思うのは私だけでしょうか?

それを見て気が気でいられない上野さん自身もツインテも騒がしかったですね。

とくに間接キスを意識し過ぎて、パニックから落しちゃうみたいなウブでカワイイ上野さんでした。北長さんも上野さんを心配していたようで、もしかして上野さんはみんなの人気者なのかもしれませんね。なんか、安心した回でもありました。

文章:あそしえいつYH

上野さんは不器用の各話を見逃さないで!



焼肉店センゴク は、ひたすら明るい笑いがまったりと続くギャグアニメだ!

冬も豊作!? 2019年冬アニメ注目度ランキング

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。