TVアニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#5「雨のRing-Dong-Dance」【感想コラム】

TVアニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#5「雨のRing-Dong-Dance」【感想コラム】

内容がぶっ飛びすぎていて視聴者の理解を超えていた第4話。ハロハピ回の記憶がまだ新しいかとは思いますが、第5話が放送されましたね。

今回はアイドルバンド・Pastel*Palettesの担当回でした。第2話でRoselia、第4話でハロー、ハッピーワールド!と各バンドの担当回が放送されていますから、ある意味順当な内容ですよね。

パスパレのお話というと、メンバー間のすれ違いを描くことが多い印象がありますが、今回はどのようなお話になっているのでしょうか?

早速みてゆきましょう!

フェスへの参加が決定!

今回のお話は、パスパレが「World Idol Festival」、通称「WIF」に参加することが決まったところからはじまりました。彩の反応をみる限り、アイドルに憧れる女の子なら一度はそのステージに立ちたいと思うようなフェスみたいですね。参加が決まったときの彩ちゃん、とっても嬉しそうでしたから。

もちろん、彩以外のメンバーもパスパレとしてフェスに出演できることを喜んでいましたね。

でも、千聖だけは少し浮かない顔です。

どうやら、フェスまでの期間にドラマの撮影があるそうです。いつもの千聖なら特に問題にはならないはずなんですけど、どうしちゃったんでしょう?

隠れて練習する千聖

千聖の浮かない顔の理由はフェスの方にありました。正確にはフェスで披露する楽曲、そのなかに「ゆら・ゆらRing-Dong-Dance」があることです。

知っている方も多いとは思いますが、この楽曲は彩と千聖のツインボーカル曲となっているんです。歌に専念することができる彩はともかく、ベースを担当している千聖はベースの演奏をしながら歌唱もしなければなりません。

どうやらこの歌いながら演奏するというのが難しいみたいなんです。まあ、2つのことを同時にやるんですから、難しいのも当然ですよね。

プロ意識の高い千聖は、完璧なパフォーマンスのために練習を重ねます。もちろん、ドラマの撮影もあるので、スキマ時間を使っての練習です。

しかも彼女、5人一緒の練習時間を無駄にしないためにある程度できる状態にしようとしているんです。だから、自分のできていないところを隠れて練習するんです。

ストイックでプロ意識の高い千聖らしいですよね。

たえちさの可能性

TVアニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#5「雨のRing-Dong-Dance」【感想コラム】

画像引用元:©BanG Dream! Project

千聖のこっそり練習は、さまざまなスタジオでおこなわれていましたね。

今回面白かったのは、千聖が行ったいろいろなスタジオにたえが出没するところです。千聖はパスパレのメンバーに隠れて練習をしているのに、メンバーではないたえにバレているっていうのが笑えますよね。

そして、面白い以上に「たえちさ」という新たな可能性もみえたと思います。

「たえちさ」、そのカップリング名の通りたえと千聖の2人なわけですが、イイと思いませんかね?

先輩後輩という間柄もありますが、それ以上にしっかり者な千聖スーパー天然なたえに振り回されている姿がたまりませんよ。普段の千聖とは少し違う顔をみせてくれるカップリング、それが「たえちさ」だと筆者は考えます。

今回なら、メッセージアプリでのやり取りや「やまぶきベーカリー」のパンを口止め料として渡したシーンがGoodでしたね。特に口止め料の方はいろいろと妄想が捗ります。千聖がたえのためにわざわざパンを買いにいった、しかもたえが好きな「うさぎのしっぽパン」を選んで買ってきた。

この事実だけでご飯3杯はいけますね!

個人的にはもっと注目されてもいいカップリングだと思うのですが、みなさんはどう思われますか?

すれ違う想い、雨のもとの「あやちさ」

こっそり練習をする千聖。パスパレのメンバーはそんな千聖を心配していましたね。ライブで披露することになっている「ゆら・ゆらRing-Dong-Dance」の練習もなかなかできないままに時間だけが過ぎてゆきます。

時間がないのにユニットが集まれない。その上、メンバーに何かしらの隠し事がありそう。これは良くない流れですね…

でも、彩は前向きでした。

千聖が「ゆら・ゆらRing-Dong-Dance」の練習を避けるのも自分がまだまだダメだからだと考え、もっと練習を頑張ろうと宣言していましたね。

彩ちゃんの魅力はこういうところなんです。アイドルとしてはまだまだ一人前とは言えないけれど、夢に向かって一所懸命に頑張るところ。ここが彩ちゃんの素晴らしいところなんですよ!

そして第5話のあのシーンです。

雨の降るなかで想いを告げ合う「あやちさ」ですよ!

千聖にまっすぐな想いを向ける彩と、そんな彩に微笑みかける千聖。

ここは聖地ですか?

ストーリー展開とキャラクター同士の掛け合いがなんとも素晴らしいですね。本当に制作陣は“わかっている”方々が多いです。

第5話のラストはパスパレのライブシーン。曲はもちろん「ゆら・ゆらRing-Dong-Dance」。ここまでに描いてきたストーリーも相まって非常に心揺さぶられるライブとなっていましたね。

なんと言いますか、パスパレの絆のようなものを感じました。

アニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#5「雨のRing-Dong-Dance」の感想

TVアニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#5「雨のRing-Dong-Dance」【感想コラム】

画像引用元:©BanG Dream! Project

というわけで、今回はパスパレ回でしたね。いかがでしたか?

最後のライブパート、その客席にはPoppin’Partyの姿がありましたが、第5話も少しずつバンドの垣根を越えたキャラクター同士の絡みがみられましたね。香澄とイヴが「ニンニン」していたシーンはかわいすぎました。

あと、客席といえばなかなかに奇抜な髪型の女の子がいましたね。アニメ公式サイトやCMでみた覚えのあるキャラクターですが、やっとアニメ本編にも登場しました。

今後のストーリーでもっとガッツリ登場してくると思いますので、詳しいことはそれまで待ちましょう。

流れ的に来週はAfterglowの担当回ですが、果たしてどのようなお話になるのでしょうか?

次回も楽しみですね!

BanG Dream! 2nd Season の続きが気になりますか?



『BanG Dream! 2nd Season』をより楽しみたい方向け、「BanG Dream!」のいろはを知ろう!

『 BanG Dream! ガルパ☆ピコ 』感想コラムまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

タングステン

ライターの「タングステン」と申します。普段はまったく違うお仕事をしていますが、アニメ・ゲーム好きが高じて記事を書かせていただけることになりました。いろいろな記事を書きますが、アニソンに関する記事や考察記事が多めです。あと、百合が大好きです。拙い文章ですが、読んでもらえると嬉しいです。