TVアニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#7「ナカナ イナ カナイ」【感想コラム】

TVアニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#7「ナカナ イナ カナイ」【感想コラム】

『 BanG Dream! 2nd Season 』も第7話を迎えましたね。第6話までは各バンドの担当回でしたが、今回からはどうなるんでしょうね?

あと、アニメから登場してきているキャラクターたちも気になります。Roseliaにフラれたチュチュやライブハウス「Galaxy」オーナーの娘のマスキングなどのキャラクターたちはどのようにして物語に絡んでくるのでしょうか?

Poppin’Partyの主催ライブについても気になりますね。こんな感じに気になることだらけですが、とりあえずは第7話をみてゆきましょうか!

花咲川・羽丘の合同文化祭! 盛り上がる2校

今回の冒頭では、Poppin’Partyのメンバーが通っている花咲川女子学園とそのお隣の学校である羽丘女子学園が一緒に文化祭を開催することが決まりましたね。あまりにも急な決定だったのでちょっとビックリしましたよ(笑)

羽丘の生徒会長・日菜から話をもちかけられた花咲川の生徒会も驚いていましたね。お姉さんの紗夜はちょっと怒っていましたが。

とにもかくにも、この2校の合同文化祭が決定したことでいろいろと面白いことが起こりそうです。5バンドのそれぞれのメンバーがいろいろな形で絡むシーンが想像できますね。

主催ライブと文化祭ライブ、どっちも頑張るPoppin’Party

TVアニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#7「ナカナ イナ カナイ」【感想コラム】
画像引用元:©BanG Dream! Project

花咲川と羽丘が合同文化祭で盛り上がるなか、Poppin’Partyは主催ライブの準備で大忙しでした。ゲストバンドの出演交渉、チラシ作り、セットリスト考案、新曲作りなどなど、やることは盛りだくさんです。

もちろん、文化祭の準備もありますよ。特に有咲は生徒会役員として文化祭にかかわっているので、ものすごく忙しくしています。

そんななかで香澄が「文化祭でもライブやりたい!」と言い出したんです。

それもそのはず。Poppin’Partyにとって文化祭でのライブは大切なものなんですよ。実は1年前の文化祭ライブがPoppin’Party5人でステージに立ったはじめてのライブなんです。特にPoppin’Party最後のメンバーである沙綾にとって文化祭ライブは思い入れのあるステージなんです。

主催ライブの準備があって大変なことはわかっている。それでも文化祭ライブに出たい。そんな想いがPoppin’Partyの5人を動かします。

おたえの修行、路上ライブで経験値を稼ぐ

文化祭ライブが決まる前から忙しそうだった5人は、より一層忙しい毎日を送ることに。有咲の忙しさがとんでもないことになっているようにみえましたね…

そんな最中、たえが路上ライブをやりはじめましたね。

その理由はカンタン。経験という自分に足りないものを磨くためです。きっとたえは第3話のRoseliaのライブをみていろいろと考えたんでしょうね。Poppin’PartyとRoseliaの差、Roseliaのメンバーにあって自分にないもの、今の自分に一番必要なもの。考えた末に行きついたのが路上ライブという修行だったのでしょう。

この路上での修行と関係があるかはわかりませんが、たえを演じている大塚紗英さんも定期的に路上ライブを行なっていたことがあるんです。今回のたえの行動とたえを演じている大塚さん。

ここに何かしらのリンクを感じてしまうのは筆者だけなんですかね?

というか、このリンクはエモすぎますねぇ!

幼馴染の再会、音楽でつながる2人

修行に勤しんでいたたえの前に突如現れた黒髪ロングの女の子。第6話のラストにもチラッと登場していましたね。

たえをみつけて近づいてきたと思ったら、急に歌い出したではありませんか!

 

そしてめちゃくちゃ歌うまいね!

 

突然のカットインに少し驚いたたえでしたが、すぐにその子と音を合わせはじめてしまいます。そこに会話らしい会話はありません。2人は音楽でつながっているような感じでしたね。

しかも、今回登場した楽曲って完全新曲じゃあないですか! 第7話のサブタイトルにもなっている「ナカナ イナ カナイ」ですが、これまたイイ曲ですね。いち早くフルバージョンが聴きたいところですよ。

ところで、この歌唱力がすごい女の子は誰?

なんと、彼女はたえの幼馴染でした!

運命的な再会でしたね~!

ちなみに、たえが路上ライブをしていた場所であり、2人が再会した場所は「大塚駅」の駅前だったんですよ。

大塚駅」ですか…

スタッフ陣のわかりみが深すぎないですかね?

アニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#7「ナカナ イナ カナイ」の感想

TVアニメ『 BanG Dream! 2nd Season 』#7「ナカナ イナ カナイ」【感想コラム】
画像引用元:©BanG Dream! Project

今回はいろいろと忙しそうなPoppin’Partyが描かれていましたね。合同文化祭の開催決定からキャラクターたちの日常が慌ただしくなっている様子が伺えたように思います。

ポピパのお話が進行してゆくのと並行して、日菜がプロデュースする文化祭記念バンドができあがっているなど、両校が合同で文化祭の準備をしていることがよくわかりましたね。

この文化祭記念バンドのメンバーが花音リサモカつぐみなのですが、どこかでみたことあるような気がするのは筆者だけですかね?

また、思い悩むたえも印象的でしたね。自身に足りない経験を身につけるために努力をする姿がとても良かったです。

そして、ラストシーンですよ。

 

新しいバンドの胎動が聞こえましたね。

 

チュチュマスキングパレオレイヤの4人が組むバンドがはっきりと登場しました。まだ本格始動しているわけではないところに第3のリアルバンド「RAISE A SUILEN」の前身バンドである「THE THIRD(仮)」っぽさを感じますね。実力は確かだけど、まだバンドとして完全成立していない感じ。ものすごく「THE THIRD(仮)」と重なります。

おそらく、というかほぼ確実にのちの「RAISE A SUILEN」となる彼女たちの動向も気になるところです。

これは次回も楽しみになりますなぁ!

BanG Dream! 2nd Season の続きが気になりますか?



『BanG Dream! 2nd Season』をより楽しみたい方向け、「BanG Dream!」のいろはを知ろう!

『 BanG Dream! ガルパ☆ピコ 』感想コラムまとめ