TVアニメ『 五等分の花嫁 』第8話「始まりの写真」【感想コラム】

TVアニメ『 五等分の花嫁 』第8話「始まりの写真」【感想コラム】

今回は、五姉妹のムードメーカーいつも元気な四葉さんの回でしたね!どうして最初から四葉が、風太郎の味方をしてくれたのか?

彼女の答えはドキドキものでした。あの距離感であんなこと言われたらみなさんもイチコロですよね?

そして、幼い頃の風太郎の思い出の写真に写る少女も気になるところですね。

じゃあ、第8話も見ていきましょう!

ウソが下手すぎる!

料理が苦手な三玖はコロッケを作るのですが、風太郎がおはぎと見間違えるくらい丸焦げ。風太郎はかなりの味音痴でうまい、四葉はまずいとハッキリ分かれるのでした。

すると、三玖は「完璧に美味しくなるまで作るから食べて!」とやる気を燃やし、その結果風太郎は倒れるまで食べ続ける事に…

そこに五月と二乃も現れて出かけようとする2人。満腹から身動き出来ない風太郎は四葉に

「四葉、そろそろ2人にも勉強させたい。とりあえず引き留めてくれ!」

とウソでもいいからと願いするのでした。

しかし、正直者の四葉にウソつくのは難しかったみたいですね。どうしたらいいの?と思いながらも、お願いされたし何とかしなきゃ!必死な四葉さんの可愛らしさが溢れていました。

でも、四葉がもっと輝いていたシーンはここからでした。

風太郎の味方をする理由

TVアニメ『 五等分の花嫁 』第8話「始まりの写真」【感想コラム】

画像引用元:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

四葉の「上杉さん動くと死んじゃう」苦しいウソをつき、風太郎を介抱させることには成功するも、二乃と五月にそのウソはすぐにバレ、機嫌を損ねて出て行ってしまいます。

残されたのは、風太郎と四葉になってしまうのでした。

「これじゃ試験前と同じだ」と言う風太郎に、四葉は風太郎が来たことでみんな変わっていると思う「成長してないのは自分だけ」笑いながら話しました。

すると、「お前が最初に変わってくれたんだ」風太郎が褒めまず。

「なんで私が上杉さんの味方をしてるか分かりますか?」

と真剣な声で四葉が尋ね、勉強のためと答える風太郎を膝枕し、両頬に優しく手をあて見つめ合いドキドキしながらも流れる沈黙の時間。

「違いますよ。好きだから…」

と告白、すぐに「嘘」と四葉は騙してやったと笑みを浮かべたのでした。

このシーンホント印象的で良かったです!いつもは見せない小悪魔のような四葉の可愛さに心打ちぬかれました。でも、本当に嘘だったのかな?って思いました。

嘘が下手なだけに、これは本音という可能性もあるかもしれませんね。

思い出のツーショット写真

一花からのメールで「広められたくなければ残り4人のアドレスをGetすべし!」と一花の膝枕で自分が寝ている写真付きで、風太郎は三玖、五月、四葉もアドレスゲット。

風太郎は二乃にアドレスを書いてもらうため、自分の生徒手帳を渡したままだと気づいて取りに行くことに。

その生徒手帳には、幼い頃のヤンチャな風太郎と少女が写っているツーショット写真が挟まれていました、その少女は五姉妹のうちの誰かと撮ったものでした。

TVアニメ『 五等分の花嫁 』第8話「始まりの写真」の感想

TVアニメ『 五等分の花嫁 』第8話「始まりの写真」【感想コラム】

画像引用元:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

今回は、四葉の告白が印象的で堪りません!後半も風太郎の思い出の少女は姉妹の誰なんだろーと続きが気になりますね。

四葉がまさかあんなにも小悪魔の魅力を秘めていたとは思いませんでした。素直な子だなーってイメージを持っていただけにギャップがすごく最高でした。

風太郎のことを好きは驚かせただけで嘘と言ってましたけど、何となく本心な予感がしました。
頼まれたら断れない性格の四葉が部活動の勧誘を断った時、「才能がない私を応援してくれる人がいるんです」と風太郎を思い浮かべながら言ったようでした。

四葉にとって風太郎が特別な人であることは間違いなさそうですよねー。

そして、あの写真に写る少女は誰なのでしょう?

幼い頃の五つ子は、髪型も服装もみんなお揃いで見分けがつきませんでしたし、風太郎も昔の自分を二乃に親戚とごまかしていましたが、どこかでバレそうな予感がします。

きっとその時には、あの少女が誰なのか?に迫っていそうですね。

文章:あそしえいつYH

五等分の花嫁の各話も揃ってますよ!



冬も豊作!? 2019年冬アニメ注目度ランキング

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。