映画『 ももへの手紙 』大切にしたい、家族愛の物語

映画『 ももへの手紙 』大切にしたい、家族愛の物語

2012年に公開された『 ももへの手紙 』。この作品は「人狼JIN_ROH」で世界の注目を集めた沖浦啓之監督が、7年間かけて完成させた、感動長編アニメーションです。きっと見た後に家族を思い出します。

映画『 ももへの手紙 』のあらすじ

父を亡くしたももは、母と一緒に東京から瀬戸内の小さな島にやって来る。ももの手に「ももへ」だけ書かれた父からの手紙が、そのつづきをなんて書きたかったのだろう。とかケンカして仲直りしていない後悔とで心の中がいっぱいで。なかなか新しい生活になじめませんでした。そんなももの前にみんなには見えないけどももには見える不思議な妖怪が現れます。さてどうなっていくのかなと楽しみですね。

何?あなた達は一体なんだ

ももは、三匹の妖怪に出会います。

イワ・・・3びきの中で1番大きく、リーダー
カワ・・・3びきの中で1番頭回転が速い
マメ・・・3びきの中で1番小さい、天然ボケでマイペース

そんな3匹の事をももは、最初怖くて逃げていましたね。私でも怖くて逃げて泣いてしまうと思います。(笑)

私はももが3びきの空腹を満たす為に山の中に入って行きイノシシに追いかけられるシーンが、とてもワクワクして面白いなぁと思いました。

母の強さを感じる

私はこの映画を観て「母は強し」って改めて感じましたね。自分も同じぐらい悲しくて辛いのに、ももの前とか人の前でも私は大丈夫やからと言って、心配かけないように、明るく振る舞いをする母。子供を育てて行く、守って行くため、実は体も心もかなり無理をしていました。

私も同じ母親ですので気持ちはよく分かります。でも私はきっとこんなに強い母親じゃないですね。

二度と同じ後悔したくない

映画『 ももへの手紙 』大切にしたい、家族愛の物語

画像引用元:©2012『ももへの手紙』製作委員会

母がぜんそくの発作が起きた時に仲直りが出来ないまま別れはいやだ。ももはそう思ったに違いない。だからこそ台風の中、医者を呼びに行った。そんなももの気持ちが、妖怪たちの心を動かして協力してくれたと思います。

そのおかげで、発作は治りました。ももは、ほっとしたと思います。母とももは仲直りが出来て、ふたりは、以前よりもっと深い絆で結ばれることが出来ました。

ももへ•••

妖怪たちがももの前から去る時、ももは、父に手紙を渡してと妖怪に頼む。そして妖怪たちは帰って行きます。

さて、わら船を作り海に流すお祭りがありももと母は、砂浜で父の話しをしていました。その時わら船が流れついた。その上に手紙がありました。「ももへ」の続きがあり、ももと母が読んだ後から消えてしまったが、ももと母の心の中には消えてなくなる事はないですね。

文章:あそしえいつKM

絶対観ないと損をする!オトナが泣けるおすすめアニメ映画5選

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。