TVアニメ『 転生したらスライムだった件 』第23話「救われる魂」【感想コラム】

TVアニメ『 転生したらスライムだった件 』第23話「救われる魂」【感想コラム】

今回で『 転生したらスライムだった件 』は本編最終回。残る2話は番外編となりますが、早々に2期決定のお知らせが出ましたね。キリのいいところで1期終了ですが、途中で構成の変更があったのではと思うような巻きの入りかたが気になります。

TVアニメ『 転生したらスライムだった件 』第23話「救われる魂」のあらすじ

“精霊の棲家”の最深部にたどり着いたリムルたち。そこにある光の台座で精霊を呼び出すのだが、果たしてうまく呼び出せるのか。不安の中、ゲイルがまず挑戦し、続いてアリス、ケンヤ、リョウタも台座に登る。最後に挑戦することになったクロエだが…

果たして、現れる精霊は…?

“精霊の棲家”の奥にある光の台座で上位精霊に呼びかける、ということをラミリスから教わる子供たち。呼びかける内容は何でもいいらしく、興味を持った精霊が来てくれれば成功になるんだとか。かなりアバウトなんですね…

まずは最年長者であるゲイルが挑戦、「自分に何かあったら、あいつらを頼みます」と覚悟まで決めた彼をリムルが勇気づけます。彼の祈りに応え、多数現れた小さな下位精霊をリムルが“暴食者”で捕食し、大賢者が“変質者”を用いて“地”属性の上位精霊へと統合させて疑似人格を作成、完成した疑似上位精霊をゲイルと融合させました。それによってエネルギーの暴走も収まり、制御が出来ていることをリムルは確認します。

さらっとこなしていますが、やっている内容はとんでもないわけで…大賢者がいかにチートかよく分かりますね。

アリスは“空”属性の疑似上位精霊を作って融合させ、次はケンヤの番。彼が台座に進むと、祈る前にも関わらず黄色い光が集まって“光”の上位精霊が現れました。ものすごくノリが軽いんですが、ケンヤに勇者の素質を感じたらしく自発的に保護してくれるそうです。当のケンヤが勇者と言われたことに驚いて固まっているうちに、スポッと彼に宿ってしまいました…結果オーライなのかなぁ。

リョウタには“水風”の疑似上位精霊を宿らせ、残るはクロエだけ。彼女が祈りを捧げると、白いベールとドレスをまとった女性の精神体が現れました。上位精霊に匹敵する力を持つそれをラミリスが止めようとしますが、巧みに回避してクロエと融合してしまいます。リムルが解析と鑑定をしてみると、膨大だったエネルギーが消え失せており一見すると何の異常も見られないのですが…

TVアニメ『 転生したらスライムだった件 』第23話「救われる魂」【感想コラム】

画像引用元:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

ラミリスもあの精神体が何なのかよく分からないらしく、「未来からやってきた精霊に似た“何か”」だと表現。本人が混乱しているので言っていることの意味が分からないのですが、「“時の大精霊の加護”を受けて…」というのは気になるところ。

無事に子供たちの寿命が確保されたことで感謝されるラミリスですが、お礼を言われるのに慣れていないのかテンパって飛び回ります。魔王の威厳は感じられませんが、妙に親しみやすい性格ですよね。

前回で跡形もなく壊してしまったゴーレムの代わりを作成し、それに召喚した悪魔を憑依させたりしたのは別の話です。…2期でやるのかな。

さらばイングラシア王国

子供たちの無事が確保されたという話をユウキとするリムル。一度捨てた子供を各国がさらうことはないだろう、と説明するユウキ。国際法に抵触するうえ、自由組合を敵に回すことにもなるそうです。彼らが望むのであれば、自由組合の組合員になるという道もあると言い、当面のところは自由学園で勉強して、自分の意思で未来を選べるようにするんだとか。

リムルは子供たちを救った方法は秘密にするつもりらしく、ユウキに聞かれてもはぐらかし、秘密にする代わりに大量のマンガを譲ります。…取引の内容が、即物的すぎる気がしますが。

自由学園の庭でシズさんから受け継いだ抗魔の仮面を見つめ、こちらの世界に転生してからの2年を思い返すリムル。シズさんの心残りは全て払われたことになり、風の中に彼女の感謝の言葉が聞こえたような気がするのでした…

リムルがイングラシア王国を離れ、魔国連邦に帰国する日。別れに涙を見せる子供たちを慰めて、クロエに抗魔の仮面を譲り、朱菜が作って送ってくれた新しい服をプレゼントします。「別れは辛いが、二度と会えなくなるわけじゃない」との言葉を贈り、ランガと遊びに来ると約束して帰国の途に就くのでした。

TVアニメ『 転生したらスライムだった件 』第23話「救われる魂」【感想コラム】

画像引用元:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

この続きは2020年!

本編の続きは来年に放送予定の2期で!ということになりまして、残りの2話は番外編です。また、アニメの『転生したらスライムだった件』はコミカライズのアニメ化みたいな立ち位置ですが、単行本化されている部分は全てアニメになったので、この先は原作参照になるんじゃないでしょうか。かなり変則的な感じですが…

『転生したらスライムだった件』も残り2話、最後までよろしくお願いします。

タイトル 転生したらスライムだった件
原作 伏瀬(原作者)、みっつばー(小説挿絵)、川上泰樹(漫画版)
監督 菊地康仁
副監督 中山敦史
シリーズ構成 筆安一幸
出演 リムル=テンペスト・岡咲美保
大賢者・豊口めぐみ
ヴェルドラ=テンペスト・前野智昭
その他の情報 http://www.ten-sura.com/

 

TVアニメ『 転生したらスライムだった件 』キャラ紹介【感想コラム番外】

TVアニメ『 転生したらスライムだった件 』用語解説【感想コラム番外】

転生したらスライムだった件の各話も是非チェックして下さい!