TVアニメ『 約束のネバーランド 』第12話 「150146」【感想コラム】

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第12話 「150146」【感想コラム】

今回の『 約束のネバーランド 』は、脱獄が成功するか、否かのお話です。イザベラからの通報を受け、橋を閉鎖した鬼たちを前に、エマたちが取った手段とは――。

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第12話 「150146」あらすじ

必ず迎えに来ると約束して、4歳以下の子供たちを残していく事を決意したエマ。そして、5歳以上の子供たちは訓練の成果を発揮して、ぞくぞくと崖を渡って行く。

一方、イザベラは本部に通報し、脱獄を阻止しようとするが、崖の向こうにいるエマたちを目にして追跡を諦める。

成長して、遠ざかって行く子供たちの背中を静かに見送るイザベラの姿は“ママ”だった。

脱獄が成功し、崖を渡ったエマたちは対岸の森を駆ける――。

未来を繋ぐ為に“4歳以下”は置いて行く

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第12話 「150146」【感想コラム】
画像引用元:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

全員を連れて逃げる事が不可能だと思ったギルダは、エマに相談する。ドンとギルダと話をして、エマはある覚悟を決める。

「フィルを呼んで」

フィルを呼びだして、エマは“ハウス”と“ママ”について全てを話す。

真相を話す事によって、驚きとショックを与えるかと思っていたが、フィルは大体の事を理解していた。

「どんなに短く見積もっても2年の時間はあると思う」と話すエマの言葉に、フィルは「待てるよ僕。だから置いていって!」と答えるのでした。

置いていくわけじゃない。出荷される前にハウスに戻り、必ず全員を救い出す。

エマは強い決心を抱いて、脱獄計画を開始させたのでした。

追跡開始

エマたちが脱獄を開始した事に気付いたイザベラは、本部に連絡を取り脱獄を阻止しようとします。イザベラの通報を受け、本部から警報が流れる。

本部では、鬼たちが集まり、脱獄者についての情報が共有される。

「特上以外は殺しても構わん。ただし全て頭部は傷つけるな」

鬼たちとの、“鬼ごっこ”が今、始まるのだった…。

訓練の成果

“橋”から逃げると思っていたレイだったが、エマたちは“崖”から逃げると答える。

ドンが対岸の木にロープを投擲して、木に上手くロープを掛ける。そしてハンガーを使い、崖の上に佇むロープを滑って対岸へと向かう…。他の子供たちも各々の方法で対岸に渡る事に成功して行く…。

あまりにも手際が良い子供たち…。そんな状況に驚くレイ。そして、レイの隣には“ノーマン”が現れ――。

手にした“希望”

鬼とイザベラの追跡を振り切って、全員が対岸に渡り“脱獄”に成功する。

自由を手にして笑顔を見せる子供たち、そして彼らを祝福するかのように朝陽が輝いていた。

脱獄は成功したが、これで終わりではない。

ここから少年少女達の“物語”は始まりを告げるのだった――。

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第12話 「150146」感想

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第12話 「150146」【感想コラム】
画像引用元:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

4歳以下を置いていくと言う決断と、必ず2年以内に救いに戻ると言う覚悟。

エマのかっこ良さに心打たれますね!

そしてフィルの頭の良さですよね。今までも、何度かフィルが登場するシーンがありましたが、大体の状況を察していたのですね…。

正直、フィルはイザベラ側の人間なのでは…?と思ったりもしていましたが、そんな事は無かった…。

橋から逃げると思いきや、崖からの脱獄。躊躇いも無く、先陣を切るドンが、めっちゃかっこよかったです!!

それに続いて行く子供たち。恐怖をモノともしない勇敢な子供たちばかりで…手に汗を握りますね。

この状況には、レイも驚きを隠せていなかったですね!

そして、こんな状況なのに、レイのたじたじしている姿が可愛いと思った筆者なのでした。ごちそうさまです!!

今回の『約束のネバーランド』で一番、心に響いたシーンは脱獄に成功した子供たちを見送るイザベラのシーンです。イザベラが本当の“ママ”に見えました。

イザベラは本当に、子供たちを守りたかったんだなと思うと…自然と涙が溢れました。

全員が脱獄に成功して、朝陽を拝むシーン。感動的でしたね。しかし、ここからが本当の始まり。子供たちは、“外の世界”で無事に生きて行く事が出来るのか…。続きが気になりますね!

『約束のネバーランド』に携わったスタッフの皆様。お疲れ様でした!!物語がとにかく深くて、本当に面白い作品でした!毎週、続きが気になって仕方のない展開で…心の底から楽しませて頂きました。ありがとうございました!

感想コラムに付き合って下さった皆様も、本当にありがとうございました!

そして、『約束のネバーランド』は、2020年に第2期放送もすでに決定しているようなので、物凄く楽しみですね!!

またエマたちに会えると思うとワクワクしますね。この気持ちを抱いたまま、2020年まで待ち続けたいと思います…!!

文章:Kyouei-サイコ高橋

約束のネバーランドの続きを見逃さないで!



冬も豊作!? 2019年冬アニメ注目度ランキング

2019年 冬アニメ。オススメ作品を5つ選んでみたよ!

©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会
ホームページ:約束のネバーランド

この記事のライティング担当:サイコ高橋

TVアニメ『 約束のネバーランド 』第12話 「150146」【感想コラム】
最新情報をチェックしよう!