TVアニメ『 聖闘士星矢 セインティア翔 』 第10話「輝け少女たちよ! 気高き祈りの果てに」【感想コラム】

TVアニメ『 聖闘士星矢 セインティア翔 』 第10話「輝け少女たちよ! 気高き祈りの果てに」【感想コラム】

前回第9話「争いの渦!黄金の林檎とオリオンの献身」では、(悪)サガVS獅子座:アイオリアによる「千日戦争」級の戦いが始まり、死闘を繰り広げたり。

聖域では、牡牛座:アルデバランの活躍により邪霊士の手下を聖域に踏み込ませない。という「黄金聖闘士」の活躍が見どころの展開でした。

〔邪神〕エリスの下に辿り着いた翔子達〔聖闘少女〕は無事、エリスを封印し〔女神〕城戸沙織を取り戻し、地上と聖域に平和を取り戻せるのでしょうか?

それではさっそく、第10話「輝け少女たちよ! 気高き祈りの果てに」振り返っていきましょう。

TVアニメ『 聖闘士星矢 セインティア翔 』 第10話「輝け少女たちよ! 気高き祈りの果てに」あらすじ

ついに対峙した翔子と〔邪神〕エリス。沙織の小宇宙(コスモ)が弱まる中、翔子・美衣・シャオリン・カティア・エルダたち〔聖闘少女〕は、心を1つに邪神への闘いに挑み。神殿を聖域に激突させようとするエリスの思惑を察知した黄金聖闘士たちは、聖域を守り続けていました。サガとの死闘を繰り広げる獅子座:アイオリアと蠍座:ミロは神殿の破壊を企てますが-?聖闘少女・黄金聖闘士、邪神エリス、城戸沙織をとりまく凄絶な運命。最後の闘いが今ここに始まった。

TVアニメ『 聖闘士星矢 セインティア翔 』 第10話「輝け少女たちよ! 気高き祈りの果てに」【感想コラム】

画像引用元:©車田正美・久織ちまき(秋田書店)/東映アニメーション

間に合わなかった…?

〔邪神〕エリスの下へ辿り着いた翔子達〔聖闘少女〕でしたが、エリスの手には〔女神〕城戸沙織の首が抱えられていて…

「究極の2択」というありがちな選択を迫る〔邪神〕エリスに「私の答えはこれよ!!」と攻撃を仕掛ける翔子、エリスの憑代となった響子に話し掛けようとするカティア達に〔邪神〕を倒すしかない。と覚悟を決める翔子さん、一番苦しいはずなのにとてもカッコよく見えましたよね。

兄への懺悔と誇り

(悪)サガの攻撃に倒されたと思った獅子座:アイオリアが、蠍座:ミロに助けられ。サガの陰謀により、兄を恨んでしまったという後悔と自身のプライドの為にもう一度、(悪)サガに攻撃を仕掛けるのでした…

アイオリアの「ライトニングプラズマ」とサガの「ギャラクシアンエクスプロージョン」のシーン。“これしか技知らんのか!!”と思ってしまった程、バカの一つ覚えみたいな闘いぶりでしたね。

「黄金聖闘士」どうしの闘い、迫力満点なのに「バカの一つ覚え」みたいなワンパターンが少し残念と思ってしまいましたね。

蠍座:ミロの

「青銅聖闘士達に学んだ。仲間を信頼し、闘う事を!」

カッコいい!!シビれてしまいました!!ミロさんカッコ良すぎッス!!

エリスの「人間如きが!!」ってハイ!きました~完全にド定番のボスやられフラグ的セリフ!

腹抱えて笑いました。

TVアニメ『 聖闘士星矢 セインティア翔 』第10話「輝け少女たちよ! 気高き祈りの果てに」の感想

TVアニメ『 聖闘士星矢 セインティア翔 』 第10話「輝け少女たちよ! 気高き祈りの果てに」【感想コラム】

画像引用元:©車田正美・久織ちまき(秋田書店)/東映アニメーション

「千日戦争」も「聖闘少女」の凛々しい姿もカッコ良かったですね!!

「千日戦争」も終わり無事、エリスも封印し激闘を征し。平和を取り戻した。かに思えた「聖闘少女」でしたが、宇宙の果てで、サガの姿をした〔戦神〕アレスが不敵に笑ったのが後味悪い終わり方でしたね。

この感じ、最終話なのか?続くのか?とってもアンニュイな終わり方でした。

文章:あそしえいつAM

聖闘士星矢 セインティア翔の各話のチェックも忘れずに!



聖闘士星矢 のパワーの源は、実は仏教的思想の中に秘められていた?

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。

ABOUTこの記事をかいた人

あにぶ編集部

アニメコラムサイト「あにぶ」の編集部です。「あにぶ」は、まだまだオタクではない人、アニメに少し興味があるといった、”アニメ初心者”向けの入門サイトです。コンセプトは、「アニメを知らないあなたのためのアニメ入門サイト」。皆さんに読んで頂けると嬉しいです。