TVアニメ「 Fairy gone フェアリーゴーン 」第四話「せっかち家政婦とわがまま芸術家」フリーとマーリヤに迫る新たな敵【感想コラム】

TVアニメ「 Fairy gone フェアリーゴーン 」第4話「せっかち家政婦とわがまま芸術家」フリーとマーリヤに迫る新たな敵【感想コラム】

「黒の妖精書」を巡り、ドロテアのフリーとマーリヤ、ゲイ・カーリンのスウィート、そしてアーケイム、さらには妖精学者たちも交えて、皆が血眼になり争いが続いていた。

そんな中で、ゲイ・カーリンの雌豹・スウィートの放つ妖精がフリーたちを襲う。

TVアニメ「 Fairy gone フェアリーゴーン 」第4話「せっかち家政婦とわがまま芸術家」

スウィーティーもまた、黒の妖精書が狙いだった。 妖精〝スクライカー〟を操り、黒の妖精書を奪い去ろうとするが、マーリヤの捨て身の攻撃により撃退に成功する。 だが本部へと戻るべく食事を摂っていたところ、彼女の差し向けた掃除屋に襲われ、 マーリヤは絶体絶命の窮地に追い詰められる。

「黒の妖精書」を巡る攻防その2

"TVアニメ「

偽の「黒の妖精書」とは知らずに、妖精兵同士の攻防は続く。スウィートの妖精”スクライカー”は、自身のダメージを対象に受け流すという特異な能力でフリーは苦戦。

しかし、マーリヤの咄嗟の庇いでなんとかやり過ごし、「黒の妖精書」も無事に取り返すことは成功する。

マーリヤは丸一日眠ってしまうほどのダメージを追う中で、スウィートはゲイ・カーリンの“掃除屋”パトリシアをけしかけるために彼女と接触していた…。

「黒の妖精書」がオークションに出回っている可能性もある。

ヴェロニカがかつて「黒の妖精書」を求めていた過去から、カインの持っていた「黒の妖精書」は案外、かつてヴェロニカが奪いさったものでは…?という疑問から、カインたちに「黒の妖精書」の出所を探るマーリヤ。

しかし、妖精書の研究は政府との協力関係を得てかろうじて行えるもの。ドロテアの人間には簡単には教えてくれないという。ダニエルは明らかにヴェロニカと接触している人間の一人ですが…。

はい。前半パート。

「黒の妖精書」を巡る攻防戦はマーリヤの必死の抵抗でなんとかかんとか守りきったものの、 結局のところ「黒の妖精書」についてや、その真意。そしてなぜカインたちは隠し事をするのか…と課題は山積みでした。

さらに、まだまだドロテアに恨みがありそうなスゥイートが、あらたな始末屋をけしかけていましたが、なかなか癖のありそうな女の子でしたが…。

戦闘のパートのBGMの良さは相変わらずピカイチでしたね。

ドロテアコンビの前に現れた新たな敵

街中のカフェでくつろいでいたフリーとマーリヤ…そこに謎の青年と馬鹿でかいトランクをっ持った謎の女性が近づいてくる。

その奇妙な発言に気を取られていると…フリーたちの妖精書が一瞬のうちに盗まれていることに気付く!

「ついてこれるか?」
「はい!」

フリーたちがパトリシアたちを追った先には古い教堂後にたどり着く。

イズハラートの地下にはかつての上下水道が張り巡らされており、まるで迷宮のようになっているという。

誘い込まれるようにたどりついた場所。妖精書が目的ならただ逃げればいいだけで明らかに狙いは別にあると感づいているフリー。

地下に入った途端受ける狙撃に、手負いのマーリヤは連れていけないと自身で敵と戦うことを決め、妖精を放つ!
そこに迫るパトリシアの魔の手。明らかに狙いはフリー…そしてマーリヤの命だった。

「私はついていないんだと思う」
「生まれたときから災いの子だったから」
「ヴェルが羨ましかった。いつも周りに人がいて、笑っていて、きらきらしてて、友達も、血のつながった両親もいて」

マーリヤにも暗闇の中でうごめく影が迫っていた…。そこにはゲイ・カーリンの始末屋・ジョナサン。

フリーを始末しそこなった場合の保険だというジョナサン。

"TVアニメ「

「僕はジョナサン。芸術家だ。」「芸術とはつまり人を理解する営み!僕は君の理解者になりたい」そういって艶めかしい動きでマーリヤに近づいてくるジョナサン。

う~~~ん。やべーやつだこいつww

手負いのマーリヤはまだ妖精を出すことはできない…。

絶対絶命のピンチに駆けつけたのは………ヴェロニカだった。

ヴェルはなぜ現れたのか

本当にこのアニメは濃いキャラクターが多いですが、今回の新キャラはさらに濃さがヤバイですね。

始末屋という殺し専門のゲイ・カーリンの怪力・パティちゃんと相棒の殺人芸術家・ジョナサンという絵面の濃さですよ。

しかし、妖精書の奪還ならまだしもスウィートがフリーの命を狙うほどの目的とはなんだったのでしょうか。単なる私怨?それとも過去になにかあるのか?

そして…フリーってちょっと………無能過ぎません?すーぐに妖精書を奪われすぎたり、手負いのマーリヤを一人にしたり…。
この1対1の状況をつくりたいご都合主義的なものだと思いますけど元妖精兵で、特殊機関にいるというのに…。

そして最大の謎はヴェロニカの登場

ヴェルは「黒の妖精書」が偽物であることを知っているはずであり、わざわざマーリヤを助けにくる必要がないわけで…やはり見捨てていると言葉では言ってもどこか心の中には…という展開なんでしょうか。
むしろそうであってくれ。

マーリヤはしきりに過去回想で「自分は災いの象徴であり、他人を不幸にする」と言っています。

逆に思い出の中のヴェルは常に笑顔で、「大丈夫。悪いことは起こらない」と、まるで自分を救ってくれる唯一の存在のように語られています。もしかしたらこの二人は友人関係を超えた…もっと別の関係性で結ばれているのかも?

Fairy gone フェアリーゴーン の各話をチェック!


アニメ情報リスト インデックス

2019.01.10

Fairy gone フェアリーゴーン アニメ情報