お茶目で可愛いアニメ『 Dr.スランプ アラレちゃん 』

イラストがとても可愛いく、懐かしいアニメは!と聞かれれば、それは「Dr.スランプ アラレちゃん」しかないね!と答えてしまう程のアラレちゃん全盛期時代の筆者が、今夏はアラレちゃんを皆さんに紹介したいと思います!

『Dr.スランプ アラレちゃん』ってどんなアニメ

あらすじ

ペンギン村に則巻千兵衛博士という失敗で有名な開発家で独身の男性が住んでいました。

博士には、1人の子供がいました。その子供は博士が作った少女型のアンドロイドで名前は、則巻アラレ、アラレちゃんが日常生活を送り、一人の少女として様々な経験をしながら成長していくストーリー。

主な登場人物

・則巻アラレ

少女型のロボットの主人公。通称“アラレちゃん”

めちゃんこ力強い、走り出すと止まらない。成績が優秀で、特に数学が抜群。

言葉が可愛い「んちゃ!」、「ほよよ」「バイちゃ」「おはこんばんちわ」等

・則巻千兵衛

主人公の親。博士。

次々と発明するが失敗ばっかりしている。

趣味はエロ本購読。

山吹みどりに一目ぼれして、後に結婚する。

アラレちゃん誕生

則巻博士は、独身で寂しい毎日を送っていました。次々に発明をしては失敗を繰り返していましたが、ある日、一つのロボットが完成しました。

博士は、そのロボットに則巻アラレという名前を付けました。博士は、アラレちゃんを家族として迎えようとして日常生活を送っていました。

アラレを一人の人間の様に成長してほしいと想いながら小学校に通わせようと手続きをしていました。

アラレちゃん、学校に行く

その翌朝、博士とアラレちゃんは小学校に来ていました。そこで校長が担任の山吹みどり先生を二人に紹介しました。その時の博士の顔が一瞬イケメンみたいな顔に変わっているシーンを見ていると可笑しくてたまりませんでしたね。

みどり先生と一緒に教室に入って、「則巻アラレです。宜しく」自己紹介をしてから授業が始まりました。

みどり先生が黒板に問題を書くとスラスラと答えたのは、転入したばかりのアラレちゃんでしたね。さすがにこれにはみどり先生や、教室の皆が、ビックリしていましたよね!

人懐こい性格のアラレちゃんなので誰とでも仲良くなっていくのが筆者は、とても羨ましく思いながら見ていました。

『 Dr.スランプ アラレちゃん 』発のアラレ語覚えていますか?

筆者は、このアニメは、イラストのキャラクターがとても可愛いなと思い、放送が始まる時間になるとテレビの前で放送が始まるのを待ち構えていました。特にお気に入りのキャラクターは、太陽が歯磨きしている所がとても微笑ましく思いながら見ていたのを思い出します。

また、アラレちゃんは、パワーがめちゃんこ強かったので、一撃で地球が半分に割れるという怪力シーンや、岩を投げて月が破壊されるというシーンが、とても印象に残っています。

またこのアニメ発となる「アラレ語」もオリジナル的な言葉が、その当時の流行語にも選ばれる程に人気があったのを知っている人もいるのではないでしょうか?

アニメ放送後の翌日には、学校がアラレ語で埋め尽くされていました。

最近は、アラレちゃんが大人になった続編も一度みてみたいな!と思っています。その行動力ですっかり大人になったアラレちゃん。周りの暗い雰囲気を一発で吹き飛ばしてくれそうで、なんか楽しそうですね。

それじゃこのへんで。バイちゃ!

あそしえいつTY

『声優さんってすげー!』って感じるようなアニメやキャラ特集!

アニメニュースちゃんねる(β)を公開

一週間のアニメニュースをざっくりとまとめた新聞あにぶの動画版!アニメニュースWEEKLYのベータ版を公開しました。